アニメ・マンガ

「原作を超えた!?アニメ作品ランキング」発表! 3位は「ルパン三世シリーズ」、2位「田中くんはいつもけだるげ」、1位は昨年実写映画がヒットしたあの作品~gooランキング調べ

[2018/1/19 16:13]

 アニメ作品にはオリジナルもありますが、コミックやライトノベルなど、原作をアニメ化した作品も多数。中には、視聴者に「原作を超えた」と評価される作品も少なくありません。

 gooランキングは、アンケート結果をもとに「原作を超えたと思うアニメ作品」のランキングを発表しました。多数のアニメ作品の中から、原作を超えたと評価されるアニメとは?

 アンケートの結果、堂々の1位は、2017年に公開された実写映画もヒットした「銀魂シリーズ」となりました。アンケートの投票数は3,459票。

 2位は「田中くんはいつもけだるげ」、3位は「ルパン三世シリーズ」がランクイン。4位は一大ブームを巻き起こした「進撃の巨人シリーズ」、5位には「名探偵コナン」が選ばれました。6位以下も、名作と言われるアニメシリーズが多数ランクインしています。


堂々の1位に輝いたのは「銀魂シリーズ」! 2位「田中くんはいつもけだるげ」、3位「ルパン三世シリーズ」

 アンケートの結果、原作コミックのはちゃめちゃ感がさらに暴走する、「銀魂」シリーズが堂々の1位に輝きました。「銀魂」は、キャラ同士の掛け合いやパロディー表現が特徴的ですが、その分コミックではセリフが多くなりがち。アニメ化することで、スピード感や面白さが倍増する形となったことで1位に選ばれたのではないかとgooランキングでは分析しています。

 原作コミック・アニメともに長期にわたって続いているシリーズですが、現在放送中の2018年1月期アニメは「最終章」と銘打たれていることで、ファンからは悲鳴も。ネットでは「原作もまだ終わってないし、終わる終わる詐欺であってほしい」との声が上がっています。

6/27発売予定の銀魂.銀ノ魂篇 1(完全生産限定版) [Blu-ray]
©空知英秋/集英社・テレビ東京・電通・BNP・アニプレックス

 2位は、「田中くんはいつもけだるげ」がランクイン。タイトル通り、なかなか主人公が動かない作品でその代わりに周りが動く傾向が強いのですが、個性あふれるキャラたちが映像になることで、アニメではより“動かない主人公”が際立つ結果となりました。

田中くんはいつもけだるげ 1 (特装限定版) [Blu-ray]
©ウダノゾミ/スクウェアエニックス・製作委員会はいつもけだるげ

 3位には「ルパン三世」シリーズがランクインしました。1971年から放送された第1シリーズは、大人向けの作品として作られたものの視聴率がかんばしくなかったことから子供も楽しめる作品に路線変更した後に打ち切りに。ところが、第1シリーズの再放送が繰り返された結果ファンを増やし、第2シリーズの制作が決定。1977年に放送された第2シリーズが好評で、「ルパン三世」シリーズの人気を不動のものとしたと言われています

ルパン三世 second-TV. BD-BOX I [Blu-ray]
原作:モンキー・パンチ ©TMS

 4位から20位までのランキングは以下の通り。

 なお、gooランキングのサイトでは、50位までの結果を見ることができます。20位までに「あの作品が入ってないじゃん!」と思った方は、gooランキングで全ランキングを確認してみることをおススメします。

 1位 銀魂シリーズ
 2位 田中くんはいつもけだるげ
 3位 ルパン三世シリーズ
 4位 進撃の巨人シリーズ
 5位 名探偵コナン
 6位 忍たま乱太郎(※原作タイトルは「落第忍者乱太郎」)
 7位 けいおん!シリーズ
 8位 クレヨンしんちゃん
 9位 美少女戦士セーラームーンシリーズ
 10位 サザエさん
 10位 夏目友人帳シリーズ

 12位 WORKING!!シリーズ
 13位 のだめカンタービレシリーズ
 14位 ONE PIECE
 15位 時をかける少女(劇場アニメ)
 16位 ケロロ軍曹シリーズ
 17位 ハイキュー!!シリーズ
 18位 ドラえもんシリーズ
 19位 けものフレンズ(※漫画版タイトルは「けものフレンズ -ようこそジャパリパークへ!-」)
 20位 こちら葛飾区亀有公園前派出所シリーズ

[工藤ひろえ]