エンタメ

マジで!? 実は「カバー曲」と聞いて驚く有名曲ランキング~3位は秋川雅史「千の風になって」、2位はSMAP「青いイナズマ」、1位は今年大ブレイクしたDA PUMPのあの曲!

[2018/12/28 19:35]

 誰もが口ずさむことができる人気曲の中には、当たり前のようにその人の曲だと思われているけれど「実はカバー曲」というものも少なくありません。

 NTTレゾナントが運営するランキングサイト「gooランキング」では、“実はカバー曲”と聞いて驚く有名曲についてアンケート調査を実施。20~40代男女500名の回答をもとにランキングを発表しました。


1位は、DA PUMP「U.S.A」!

DA PUMP「U.S.A.」(CD+DVD、初回生産限定盤)ジャケット(Amazon.co.jpより)

 今年大ブレイクしたDA PUMPの「U.S.A.」。アップテンポの曲調と、一度見たら忘れないダンスが人気を集め、まねして踊る人が大量発生。U.S.A.ブームを巻き起こしました。

 DA PUMPのオリジナル曲だと思っている人が多いようですが、実はカバー曲。原曲はジョー・イエローの「USA」です。大まかなメロディーラインは同じですが、原曲の歌詞は全く異なり、男女の恋愛を歌ったもの。

 今年を代表する大ヒット曲だけに、カバーだと知らなかった人が多数。1位となりました。

2位は、SMAPの「青いイナズマ」!

「青いイナズマ」も含めSMAPのシングル曲63曲を収録した「Clip! Smap! コンプリートシングルス」(Blu-ray)ジャケット(Amazon.co.jpより)

 SMAPの人気曲の1つ、「青いイナズマ」。アップテンポでかっこいい曲調は、コンサートで盛り上がる1曲でした。

 そんな「青いイナズマ」も実はカバー曲。元は1994年に発売された林田健司さんのシングル曲です。林田健司さんはジャニーズグループに多数楽曲提供していたこともあり、SMAPがカバーすることになったようです。「青いイナズマ」はSMAPとして当時最高の売り上げを記録したこともあり、カバー曲と知らなかった人が多数。2位となりました。


3位は、秋川雅史さんの「千の風になって」!

秋川雅史さん「千の風になって」CDシングルのジャケット(Amazon.co.jpより)

 2006年の第57回NHK紅白歌合戦に出場した秋川雅史さんが歌ったことで広く知られるようになった「千の風になって」。

 実はこの曲、作詞作曲家の新井満さんが、アメリカで話題になった詩「Do not stand at my grave and weep」を日本語に訳し、それに曲をつけたものが原曲。秋川雅史さんの他にもカバーしている人が多数存在しますが、紅白での印象が強く、秋川雅史さんの曲だと思っていた人が多いようです。


「カバー曲」と聞いて驚く有名曲ランキングTOP10はこちら!

 実は「カバー曲」と聞いて驚く有名曲ランキングTOP10は以下の通り。カバーということを知らない人が多いのは、やはりヒットした有名曲ならではと思わせるランキングとなっています。

 gooランキングでは、48位までの全ランキングを公開中。11位以降も気になる人は、gooランキングをチェックしてみてください。

<実は「カバー曲」と聞いて驚く有名曲ランキングTOP10(敬称略)>

1位:DA PUMP「U.S.A.」(原曲:ジョー・イエロー)

2位:SMAP「青いイナズマ」(原曲:林田健司)

3位:秋川雅史「千の風になって」(原曲:新井満)

4位:あやまんJAPAN「ぽいぽいぽいぽぽいぽいぽぴー」(原曲:木村由姫)

5位:イルカ「なごり雪」(原曲:かぐや姫)

6位:V6「WAになっておどろう」(原曲:AGHARTA)

7位:安室奈美恵 with SUPER MONKEY’S「TRY ME ~私を信じて~」(原曲:ロリータ)

8位:ザ・ドリフターズ「いい湯だな」(原曲:デューク・エイセス)

9位:Whiteberry「夏祭り」(原曲:JITTERIN’JINN)

10位:DJ OZMA「アゲ♂アゲ♂EVERY☆騎士」(原曲:DJ DOC)


[工藤ひろえ]