エンタメ

「実は小説を出している意外な芸能人ランキング」3位は中井美穂さん、2位は松本伊代さん! 1位はBSフジ「東北魂」でサンドウィッチマンとコントを演じるあの女性芸人!

[2019/1/31 16:16]

 お笑い芸人のピース・又吉直樹さんが小説「火花」で芥川賞を受賞したことは大きく報じられ、注目を集めました。

 芸能人のエッセイ本は星の数ほどありますが、小説となるとその数はぐっと減ります。とはいえ、小説を出版している芸能人は他にも何人も存在します。中にはテレビで見る印象と小説執筆というイメージが結びつきにくい、意外な芸能人が小説を出していることも。

 NTTレゾナントが運営する「gooランキング」では、「実は小説を出していると聞いて意外に思う芸能人」についてアンケート調査を実施。20~40代男女500名の複数回答をもとに、ランキングを発表しました。


1位は、鳥居みゆきさん!

 「ヒットエンドラーン!」のせりふと破天荒な芸風のお笑い芸人・鳥居みゆきさんが1位を獲得しました。

 出演中のBSフジ番組「東北魂」では、サンドウィッチマンやマギー審司さんらレギュラー陣とのコントで、女子高生からTVレポーター、YouTuberなど多彩な役を演じ分ける鳥居みゆきさんですが、何を考えているのか分からない奇想天外なキャラクターと小説というイメージに多くの人がギャップを感じたようです。

 お笑い芸人、女優、映像作家、小説家など幅広く活躍する鳥居みゆきさんは、「余った傘はありません」「夜にはずっと深い夜を」などの小説を出しており、小説家としても評価されています。あの独特な言葉選びや世界観は、小説でも存分に活かされているようです。


2位は、松本伊代さん!

 80年代のアイドルであり、タレント・ヒロミさんの妻でもある松本伊代さんが2位に選ばれました。

 とあるテレビ番組で自伝の内容について聞かれ「まだ読んでないんです」と答えてしまい、後にゴーストライターによる代筆だったことが判明したエピソードは有名ですが、その後に自筆の小説「マリアージュ - もう若くないから」を出版。この作品は同名アルバムもリリースされているので、タイトルを聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。

 夫のヒロミさんは一時期テレビから姿を消していましたが、その間バラエティなどで活躍してヒロミさんを支えた良妻イメージが強い松本伊代さん。良妻イメージと小説家イメージが結びつきにくいためか、2位となりました。


3位は、中山美穂さん!

 80年代に活躍したアイドルであり、現在は女優や歌手として活躍する中山美穂さんが3位となりました。

 多数のドラマ・映画に出演し、歌手としても数多くのCDをリリースしている中山美穂さんですが、。実は「アタシと私」という恋愛小説を出版しています。楽曲の作詞もこなす彼女は、そのマルチな才能を小説でも活かしているようです。


TOP20はこちら!

 小説を出していることが意外な芸能人ランキングなので、TOP20にはあまり小説のイメージがない芸能人の名前が多く見られます。

 SEKAI NO OWARIのSaoriさんは、小説「ふたご」を藤崎彩織名義で執筆するなど、メインの活動と意図的にイメージを切り分ける芸能人も。

 15位にランクインした俳優・大鶴義丹さんは、芥川賞を受賞した劇作家・小説家の唐十郎さんの息子。才能も受け継いでいるようです。

 20位以降では、「火花」で芥川賞を受賞したピース・又吉直樹さん(33位)をはじめ、「ホームレス中学生」の印税で2億円稼いだという麒麟・田村裕さん(35位)、ポプラ社小説大賞を受賞した水嶋ヒロさん(29位)など、小説家としても有名になった芸能人がランクイン。

 下位にはそのほか、脚本家としてもファンが多い劇団ひとりさん(31位)、放送作家の鈴木おさむさん(34位)など、小説を書いているのがまったく意外ではない人の名前も見られます。

 gooランキングでは、37位までの全ランキングを公開中。むしろ下位が気になる、という人はgooランキングをチェックしてみてくださいね。

<「実は小説を出している意外な芸能人ランキング」TOP20>

1位:鳥居みゆき
   「余った傘はありません」他

2位:松本伊代
   「マリアージュ - もう若くないから」他

3位:中山美穂
   「アタシと私」

4位:中尾明慶
   「陽性」

5位:吉木りさ
   「誰かさんと誰かさんがネギ畑」

6位:押切もえ
   「永遠とは違う一日」他

7位:小沢一敬
   「スピードワゴン」「でらつれ」

8位:渡部建(アンジャッシュ)
   「エスケープ!」

9位:松岡充(SOPHIA、MICHAEL)
   「風の吹く場所」

10位:板倉俊之(インパルス)
   「トリガー」他

10位:村上純(しずる)
   「短編小説集 青春箱」

12位:西川のりお(西川のりお・上方よしお)
   「オカン」他

12位:ダンカン
   「パブロフの犬」

14位:千原ジュニア(千原兄弟)
   「14歳」他

15位:大鶴義丹
   「スプラッシュ」他

16位:うつみ宮土理
   「急ぐ男」他

17位:東国原英夫
   「ゆっくり歩け、空を見ろ」他
   (一部作品はそのまんま東名義で執筆)

18位:杉原杏璃
   「......and LOVE」

19位:Saori(SEKAI NO OWARI)
   「ふたご」(藤崎彩織名義で執筆)

19位:ビートたけし
   「アナログ」他

[工藤ひろえ]