エンタメ

曲も歌唱力も最高!男性シンガーソングライターランキング発表! 3位は久保田利伸、2位は小田和正、1位は2018年NHK紅白出場が話題になったあの人!

[2019/6/12 10:30]

 自ら作詞作曲した曲を歌うシンガーソングライター。いくつもの才能が必要でハードルの高いアーティストですが、芸能界には数多くのシンガーソングライターが存在し、数々の名曲を生み出してきました。

 NTTレゾナントが運営するランキングサイト「gooランキング」では、曲も歌唱力も最高な男性シンガーソングライターについてアンケート調査を実施。20~40代男女500名の複数回答をもとに、ランキングを発表しました。


1位は、米津玄師さん!

Amazonより

 シンガーソングライター、イラストレーター、ビデオグラファーなど多くの顔を持つ多才なアーティストとして知られる米津玄師さん。

 昨年末のNHK紅白歌合戦では大ヒット曲「Lemon」を披露し、大きな注目を集めました。ノスタルジックな雰囲気も感じられる彼の楽曲はどれも音域が広く、音程の移動が多いのが特徴的。そのため、大好きな曲だけれども、カラオケで歌おうとすると「難しくて歌えない」という人が数多くいます。

 NHKの紅白は曲の素晴らしさはもちろん、難しいフレーズをさらりと歌い上げる米津玄師の歌唱力に脱帽する人が多く、1位となりました。


2位は、小田和正さん!

Amazonより

 心に残るメロディーと歌詞で、長年多くの人を魅了してきた小田和正さん。1991年に放送された大ヒットドラマ「東京ラブストーリ」の主題歌に起用された「ラブ・ストーリーは突然に」は、それまでに無かったようなセンセーショナルなフレーズが印象的です。

 また、「言葉にできない」が起用されたテレビCMは、「曲を耳にするだけでグッとくる…」と多くの人に感動を与えました。そんな記憶と心に残る名曲を多数生み出してきた小田和正さんが2位となりました。

3位は、久保田利伸さん!

タレントデータバンクより

 さまざまな世界の音楽を取り入れ、常に新しいジャンルの開拓をし続けている久保田利伸さん。

 圧倒的な歌唱力と新しいサウンドで、いつの時代も音楽シーンの中心に居続けています。思わず肩を揺らしてしまうようなノリのよい「LA・LA・LA LOVE SONG」から、心にしみるバラード「Missing」など、幅広い曲調で多くの人を楽しませてきた久保田利伸さんが3位となりました。


TOP20はこちら!

 TOP20には、誰もが知るアーティストの名前がずらっと並びました。

 7位には、1992年に26歳の若狭で亡くなった尾崎豊さんがランクイン。今年4月の命日で27年目と、亡くなってからの歴史の方が生前の歴史よりも長くなってしまいましたが、現在もなお、もどかしい青春の叫びを象徴する存在として新しいファンを獲得し続けています。

 芸歴が長く、年齢も中高齢のアーティストが並ぶランキングで、現在31歳の三浦大知さんが12位にランクイン。作詞、作曲、歌手に加えて、ダンサー&振付師としても活躍する三浦大知さんは、9歳でメインボーカルとしてシングルCDをリリース、「ポンキッキーズ」にレギュラー出演するなど小学生時代から活躍し続けています。

 現在38歳の星野源さんは、2016年のドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」で新垣結衣さんの相手役として出演して大ブレイク。主題歌の「恋」は、“恋ダンス”と合わせて大ブームとなりました。シンガーソングライター、俳優、小説家、エッセイストなど多彩な才能を発揮して、多くの人を楽しませています。

 gooランキングでは、53位までの全ランキングを公開しています。



<曲も歌唱力も最高!男性シンガーソングライターランキング TOP20>

1位:米津玄師

2位:小田和正

3位:久保田利伸

4位:桑田佳祐(サザンオールスターズ)

5位:平井堅

6位:槇原敬之

7位:尾崎豊(故人)

8位:福山雅治

9位:玉置浩二(安全地帯)

10位:山下達郎


11位:影山ヒロノブ(JAM Project)

12位:三浦大知

13位:森山直太朗

14位:藤井フミヤ

14位:松山千春

16位:山崎まさよし

16位:井上陽水

16位:吉井和哉(THE YELLOW MONKEY)

19位:星野源

20位:奥田民生(ユニコーン)

[工藤ひろえ]