エンタメ

最強だと思うロケ芸人ランキング発表! 3位は千鳥、同票1位は今年も好感度ナンバーワンのサンドウィッチマンとあのピン芸人!

[2019/8/29 10:39]

 バラエティー番組に欠かせないのがロケ企画です。スタジオの外で行われるだけに、何が起こるか分からないのが見どころ。

 ロケ先で出会った一般人やゲストの芸能人をおいしくいじったり、自虐で盛り上げたりとロケ番組を面白くする技に長けている芸人は、ロケ番組に欠かせない存在となっています。

 NTTレゾナントが運営するランキングサイト「gooランキング」では、最強だと思うロケ芸人についてアンケート調査を実施。20~40代男女500名の複数回答をもとに、ランキングを発表しました。


同票1位、サンドウィッチマン!

 2007年のM-1グランプリ優勝で、大ブレイクしたサンドウィッチマン。ツッコミ担当の伊達みきおさん、ボケ担当の富澤たけしさんは、共に恰幅の良い体型でこわもて。コワイ外見と相反して、実際は物腰柔らかで、コンビ仲がとても良いことで知られており、見た目と内面のギャップも人気の秘訣。

 そんなサンドウィッチマンは、現在放送中の「帰れマンデー見っけ隊!!」(テレビ朝日系)やNHKの冠番組「サンドのお風呂いただきます」など、ロケ番組に多く出演しています。

 サンドウィッチマンのロケでは、ロケ中に出会う一般の方との会話が見どころ。一般の方を絶妙なトークでいじる一方、初対面の店員さんでも名札を見てちゃんと名前で話しかけるような気遣いとリスペクトが、見ている人を心地よい笑いへと導いてくれます。


同票1位、もうひとりは出川哲朗さん!

 「ヤバイよヤバイよ~」という名せりふでおなじみの出川哲朗さん。今やカリスマリアクション芸人として幅広い世代から大人気です。

 「世界の果てまでイッテQ!」(日本テレビ系)では世界中のさまざまな国で斬新なロケ企画を敢行。普段なら起こらないようなアクシデントがなぜか起こり、それが笑いに変わることが多数。

 笑いの神様が降りてきているのではないかと思ってしまうほど、期待以上のトラブルや奇跡が起こる出川哲朗さんのロケは必見です。


3位は、千鳥!

 やりたい放題の自由人・大悟さんと、「クセがすごい」のフレーズでおなじみ気配りの人・ノブさん。MC、スタジオトーク、ロケなど何でもできるコンビ・千鳥はテレビで見ない日がないほど引っ張りだこ。高校時代から親友の2人は、コンビ仲が良いことでも知られています。

 何でもできる千鳥ですが、特に注目されているのがテレビ埼玉の冠番組「いろはに千鳥」。だらだら歩いているように見えて、確実に笑いを生み出す大悟の行動と、ノブのツッコミのバランスがちょうど良く、彼らのロケのゆるっと感にはまる人が続出しています。


TOP20はこちら!

 TOP20には、テレビでおなじみの人気芸人がずらっと並びました。

 TOP10には、サンドウィッチマン、出川哲朗さん、千鳥、タモリさん、博多華丸・大吉、タカアンドトシと、ロケの冠番組を持つ芸人さんが6組ランクイン。やはり冠番組を持つ芸人さんは強く印象に残るようです。

 昨年M-1王者に輝いたコンビ・霜降り明星は24位にランクイン。数多くのバラエティに出演し、すでに冠番組も持つ2人は、M-1優勝から1年足らずながら、大先輩たちと肩を並べるほどの知名度を持っているようです。

 一方で、26位南海キャンディーズ、37位アンタッチャブルなど、今ではコンビでロケ番組に出ることはなさそうなコンビの名前も。コンビで歩いているところをまた見たい、というファンは多いようです。

 gooランキングでは、54位までの全ランキングを公開しています。


<最強だと思うロケ芸人ランキング TOP20>

1位:サンドウィッチマン

1位:出川哲朗

3位:千鳥

4位:イモトアヤコ

5位:タモリ

6位:みやぞん(ANZEN漫才)

7位:宮川大輔

8位:博多華丸・大吉

9位:タカアンドトシ

10位:石塚英彦(ホンジャマカ)


11位:ダウンタウン

12位:有吉弘行

13位:笑福亭鶴瓶

14位:バナナマン

14位:山口智充

16位:飯尾和樹(ずん)

16位:ナインティナイン

16位:中川家

19位:バイきんぐ

19位:オードリー

[工藤ひろえ]