エンタメ

美しすぎる女子アスリートランキング発表! 3位は相撲の野崎舞夏星、2位は棒高跳の今野美穂、1位はアイドル活動経験もある、あのビーチバレー選手!

[2019/9/20 11:43]

 2020年の東京オリンピックに向けて、日本代表が続々決まっていく時期。毎日のように、日本代表に選ばれたアスリートの喜びのインタビューを目にするようになりました。

 「漫画から抜け出てきたよう」と言われる9頭身を持つ米大リーグの大谷翔平選手など、スポーツ選手の中には、まるで女優やタレントのように華やかなルックスを持つことでも注目される人が少なくありません。

 NTTレゾナントが運営するランキングサイト「gooランキング」では、“美しすぎる女子アスリート”についてアンケート調査を実施。20~40代男女500名の複数回答をもとに、ランキングを発表しました。


1位は、ビーチバレーの坂口佳穂選手!

 173cmの長身、鍛えられたメリハリボディーを持つビーチバレーの坂口佳穗選手。過去にベイビーレイズというアイドルユニットに参加した経験もあり、整った目鼻立ちに無邪気な笑顔が魅力的です。あまりのかわいさに「ビーチの妖精」という愛称があるほど。

 日焼けした健康的な小麦肌とスポーティーな水着姿がよく似合っています。美しいだけでなく、選手としてのパフォーマンスも素晴らしい坂口佳穗選手が1位に輝きました。


2位は、棒高跳の今野美穂選手!

 国内外の大会で活躍している棒高跳の今野美穂選手。透明感のある陶器のような白い肌と、ナチュラルメイクがトレードマークです。

 アイドルや女優でも通用するレベルのルックスで人気の今野美穂選手は、上品な顔立ちの正統派美人。ところが、いざ跳ぶときになると表情は一変、闘争心が感じられる真剣な顔つきになります。

 普段の穏やかな表情も、試合のときの強い表情も、「どちらもきれい」という人が多く、2位となりました。


3位は、女子相撲の野崎舞夏星選手!

 国内外の女子相撲大会で優勝経験を持つ野崎舞夏星(まなほ)選手。黒髪ボブのヘアスタイルがよく似合う、清純派女優のようなルックスで今注目を集めています。

 野崎選手が注目を集めるきっかけとなったのが、2018年に放送されたドキュメンタリー番組「情熱大陸」(MBS制作・TBS系)。美しいルックスと筋骨隆々の肉体とのギャップが話題になり、「かわいすぎる力士」と呼ばれるように。肉体派美女の野崎舞夏星選手が3位となりました。


TOP10はこちら!

 2020年の東京オリンピックを来年に控えていることもあり、冬季オリンピック種目より、夏季オリンピック種目の美人アスリートへの注目度が高まっているようで、日本では大人気種目のフィギュアスケート選手などは10位圏外となりました。

 そんな中でも、カーリングの藤澤五月選手、スキージャンプの高梨沙羅選手はTOP10にランクイン。知名度と人気の高さが伺えます。

 ウエイトリフティングの八木かなえ選手は、笑顔がめちゃくちゃ可愛いと評判の美人アスリート。153cmと小柄ながら、5月には55キロ級でトータル186kgを持ち上げるなど、他選手を突き放す実力で、オリンピックでも活躍が期待されています。

 水泳の池江璃花子選手は、まだ19歳ながら計16種目の日本記録を保持するアスリート。美貌でも知られ、東京オリンピックでの活躍を誰もが信じていましたが、今年1月に体調不良を訴え海外合宿を切り上げて帰国。2月に白血病を発表しました。池江選手はSNSで経過などをつづり、たくさんのファンから回復を祈る声が上がっています。

 gooランキングでは、60位までの全ランキングを公開しています。



<美しすぎる女子アスリートランキング TOP10>

1位:坂口佳穂(ビーチバレー)

2位:今野美穂(陸上・棒高跳)

3位:野崎舞夏星(女子相撲)

4位:八木かなえ(ウエイトリフティング)

5位:藤澤五月(カーリング)

6位:池江璃花子(水泳)

7位:高梨沙羅(スキージャンプ)

8位:藤巻紗月(フィンスイミング)

9位:長崎望未(ソフトボール)

10位:石川佳純(卓球)

[工藤ひろえ]