エンタメ

実は「大学中退」していた意外な男性有名人ランキング! 3位は西島秀俊、2位はラサール石井、1位はロケ番組での博識ぶりで世間を驚かせているあの大物芸人!

[2019/11/8 12:35]

 芸能界には、有名大学に通っていた高学歴有名人が多数存在します。近年では、東大卒の俳優兼歌舞伎役者の香川照之さん、京大卒のお笑い芸人・ロザンの宇治原史規さんなど、きちんと卒業した芸能人も少なくありません。

 一方で、売れっ子になりすぎて時間が取れない、芸能活動に専念するためなど、さまざまな理由から大学を中退した過去を持つ人も多くいます。

 NTTレゾナントが運営するランキングサイト「gooランキング」では、大学を中退していたと聞いて驚く男性有名人について調査。20~40代男女500名の複数回答を元に、ランキングを発表しました。


1位は、タモリさん!

 オールバックのヘアスタイルに黒いサングラスがトレードマークのタモリさん。日本を代表する名司会者の1人です。

 フジテレビ「笑っていいとも!」で、30年以上お昼の顔として司会を務め、2014年に番組が終了した後は、NHKの「ブラタモリ」で博識ぶりを披露しています。

 多趣味でさまざまな事柄に造詣が深いタモリさんは、高校を卒業後、1年間の浪人生活を経て早稲田大学第二文学部に入学しました。ところが、友人たちの分も立て替えて旅行に行ったところ、その費用を返してもらえず授業料が払えなくなり除籍処分に。

 中退して九州に戻りアルバイトしていた時に赤塚不二夫さんらに出会い、芸能界に飛び込むことになったタモリさん。芸能界入りのきっかけを作ってくれた友人たちには感謝していて、今でも付き合いがあると語っています。タモリさんの懐の深さが感じられるエピソードです。


2位は、ラサール石井さん!

 渡辺正行さん、小宮孝泰さんとともに「コント赤信号」を結成して人気者となったラサール石井さん。お笑い芸人として舞台を踏むことはほぼなくなりましたが、俳優、声優、タレントとしてマルチに活躍しています。

 博識ぶりを活かしてクイズ番組で大活躍し、インテリ芸能人としての地位を確立したラサール石井さん。芸名通り、鹿児島の名門ラ・サール学園を卒業した後、早稲田大学第一文学部に入学しています。大学在学中にコント赤信号を結成し、芸能活動に専念するために中退したそうです。


3位は、西島秀俊さん!

Amazonより

 演技にストイックな実力派俳優として知られている西島秀俊さん。端正な顔立ちに鍛え上げられた細マッチョな体は、多くの女性のハートをわしづかみにしています。

 そんな西島秀俊さんは、エリート高校として知られる東京都の桐朋高等学校を卒業し、横浜国立大学工学部に入学した理系男子。ところが、大学在学中に東京アクターズスタジオ第1期生となり、テレビドラマ「はぐれ刑事純情派5」で俳優デビュー。新人刑事の中上剛役で半年間レギュラーを務め、俳優活動に専念するため中退しています。


TOP10はこちら!

 TOP10には、AKBなど現在のアイドルグループの形を作ったプロデューサーとして知らない人がいない秋元康さんはじめ、芸能界の大物がずらりと並びました。

 秋元康さんは付属高校から中央大学に進学。在学中から売れっ子放送作家として活躍。当時サラリーマンの4倍近い収入があったというほどで、多忙のため大学を中退しています。

 お笑いコンビ「くりぃむしちゅー」の2人は、熊本の名門高校・県立済々黌高等学校の入学式で出会い、ラグビー部にも一緒に入部。一浪して、上田晋也さんは早稲田大学、有田哲平さんは立教大学に入学したものの、お笑い芸人を目指した2人はお笑いに専念するため大学を中退しています。

 ナインティナインの岡村隆史さんは一浪した後に、立命館大学、関西外国語大学、大阪芸術大学の3つの大学に合格し、立命館大学に進学しますが、相方の矢部浩之さんに誘われて吉本興業のタレント養成所NSCに入学。大学を中退しています。

 gooランキングでは、57位までの全ランキングを公開しています。



<実は「大学中退」していた意外な男性有名人ランキング TOP10>

1位:タモリ

2位:ラサール石井(コント赤信号)

3位:西島秀俊

4位:有田哲平(くりぃむしちゅー)

5位:上田晋也(くりぃむしちゅー)

6位:岡村隆史(ナインティナイン)

7位:秋元康

8位:堺雅人

9位:小室哲哉(引退)

10位:岡田将生

[工藤ひろえ]