エンタメ

実はピアノがうまいと聞いて驚く男性有名人ランキング! 3位は王貞治、2位はビートたけし、1位はサングラスがトレードマークのあの芸人!

[2019/11/13 10:58]

 有名人の中には、意外な特技を持っている人も少なくありません。中には、実はピアノを弾けるという人も。

 NTTレゾナントが運営するランキングサイト「gooランキング」では、実はピアノがうまいと聞いて驚く男性有名人について調査を実施。20~40代男女500名の複数回答を元にランキングを公開しました。


1位は、タモリさん!

 オールバックのヘアスタイルに黒いサングラスがトレードマークのタモリさん。名司会者としての活躍はもちろん、多彩な趣味や資格を持っていることでも有名です。

 そんなマルチな才能を持つタモリさんは、音楽にも造詣が深く、特にジャズが好きなことで知られています。タモリさん自身もトランペットを演奏し、テレビで披露したことも。実はピアノも得意で、かつて「笑っていいとも!」(フジテレビ系)ではピアノを弾く姿を披露して、その腕前で視聴者を驚かせました。


2位は、ビートたけしさん!

Amazonより

 明石家さんまさん、タモリさんと並んでお笑い界のレジェンド的存在であるビートたけしさん。司会者、俳優、映画監督などマルチに活躍しています。

 実は歌手デビューもしており、2015年にはベスト盤が発売されています。独特なしゃがれ声で心に染みるような歌を聞かせてくれるビートたけしさんは、ピアノも得意としており、映画「菊次郎の夏」のテーマソングをピアノで生演奏する映像が残っています。

 テレビでピアノの腕を披露する機会がほとんどないだけに、驚いた人も多く、2位となりました。


3位は、王貞治さん!

Amazonより

 プロ野球界のレジェンドであり、人格者としても知られる偉大な元プロ野球選手・王貞治さん。

 代名詞である“一本足打法”により、本塁打を量産し、現役生活で放った本数はなんと868本! 本塁打数の世界最高記録保持者です。

 王貞治さんといえば練習熱心な努力家で有名。ピアノなど趣味とは無縁のように思えますが、結婚祝いにピアノをもらい、独学でピアノを勉強してきたそう。いただいたピアノを律儀に練習するのは王貞治さんらしいですね。試合前の精神集中のためにピアノを弾くこともあったようです。

 野球とピアノのギャップに驚いた人が多く、3位となりました。


TOP10はこちら!

 芸人が5人と、TOP10ランキングの半数を占めました。11位以降もハライチの岩井勇気さん、霜降り明星の粗品さんなどがランク入りしています。

 華道家の假屋崎省吾さんも23位にランクイン。ショパンコンクール入賞者コンサートや有名ピアニストのコンサートでは会場で假屋崎省吾さんの姿をよく見かけるので、鑑賞もお好きなようです。

 gooランキングでは、27位までの全ランキングを公開しています。


<実はピアノがうまいと聞いて驚く男性有名人ランキング>

1位:タモリ

2位:ビートたけし(北野武)

3位:王貞治(ソフトバンク球団会長)

4位:内村光良(ウッチャンナンチャン)

5位:えなりかずき

6位:桑田真澄(野球解説者)

7位:今田耕司

8位:月亭方正

8位:みやぞん

8位:高橋一生

[工藤ひろえ]