エンタメ

アーティストが提供していて驚いたジャニーズ曲のランキング発表! 3位はV6「愛なんだ」、2位はTOKIO「宙船」、1位は山下達郎がKinKiに提供したあの曲

[2019/11/25 11:15]

 2020年にデビューする「SixTONES(ストーンズ)」のデビューシングルを、X JAPANのYOSHIKIがプロデュースをすることが話題になっていますが、有名アーティストが提供している、ジャニーズの楽曲は数多くあります。そこで今回は、NTTレゾナントが運営するランキングサイト「gooランキング」では、アーティストが提供していて驚いたジャニーズソングについてアンケート調査を実施。2,171票をもとに、ランキングを発表しました。

1位は、「硝子の少年」!

Amazonより

 1997年に発売されたKinKi Kidsのデビューシングル「硝子の少年」。実は、山下達郎さんが作曲を手掛けています。レトロ感漂うポップな曲調が、時代や流行に左右されず長く愛されている理由といえそうとのこと。ちなみに、山下達郎さんのアルバム「OPUS ~ALL TIME BEST 1975-2012~」(初回限定盤)では、山下達郎さんが歌う「硝子の少年」が収録されています。

2位は、「宙船(そらふね)」!

Amazonより

 2006年に発売されたTOKIOの通算35枚目のシングル「宙船(そらふね)」。中島みゆきさんが作詞・作曲を手掛けており、長瀬智也さん主演のテレビドラマ「マイ☆ボス マイ☆ヒーロー」(日本テレビ系)の主題歌として起用されました。メッセージ性の強いこの楽曲は、中島みゆきさん、TOKIOどちらが歌ってもしっくりきます。

3位は、「愛なんだ」!

 1997年に発売されたV6の通算5枚目のシングル「愛なんだ」。玉置浩二さんが作曲を手掛けており、誰でも歌いやすいテンポが特徴のこの楽曲は、20年以上たった現在もジャニーズの後輩たちに歌い継がれています。喜怒哀楽を愛で包む、前向きになれる歌詞も魅力的。明るくテンポがいいのでカラオケにもぴったり。盛り上げ系鉄板ソング。

アーティストが提供していて驚いたジャニーズソング TOP20

 制作を手掛けたアーティストの特色が色濃く出た楽曲に、ジャニーズのアイドルらしさが重なることで、両者ともに一味違った雰囲気の楽曲が完成するところがコラボレーションの面白いところ。この他にも、スガシカオさんや氷室京介さん、ゆずの北川悠仁さんなど、大物アーティストが手掛けた楽曲がたくさん。なお、gooランキングでは、51位までの全ランキングが公開されています。

<アーティストが提供していて驚いたジャニーズソング TOP20>

1位:硝子の少年/KinKi Kids 山下達郎
2位:宙船(そらふね)/TOKIO 中島みゆき
3位:愛なんだ/V6 玉置浩二(安全地帯)
4位:Real Face/KAT-TUN 作詞:スガシカオ、作曲:松本孝弘(B'z)
5位:ジェットコースター・ロマンス/KinKi Kids 山下達郎
6位:MUSIC FOR THE PEOPLE/V6 秋元康
7位:Keep the faith/KAT-TUN 氷室京介
8位:夜空ノムコウ/SMAP スガシカオ
9位:WAになっておどろう/V6 角松敏生(作者名:長万部太郎名義)
10位:復活LOVE/嵐 山下達郎×竹内まりや
11位:夏疾風/嵐 北川悠仁(ゆず)
12位:瞳の中のGalaxy/嵐 藤井フミヤ
13位:恋のシグナル/V6/Coming Century 松任谷由実
14位:アオゾラペダル/嵐 スガシカオ
14位:AMBITIOUS JAPAN!/TOKIO なかにし礼
16位:セロリ/SMAP 山崎まさよし
16位:今/関ジャニ∞ ニセ明(星野源の友人/作詞・作曲:akiranise名義)
16位:GENERATION GAP/V6 藤井フミヤ
19位:刹那的 Night/V6 石野卓球(電気グルーヴ)
20位:心の空/嵐 布袋寅泰

[古川 敦]