エンタメ

最強の4人組アーティストランキング! 3位はウルフルズ、2位はGLAY、1位は結成30周年でチケットは即完売、熱狂的ファン多数のあの4人組!

[2019/11/26 14:07]

 音楽シーンで活躍しているアーティストの中には、4人組のグループが多く存在しています。では、中でも特に世間から支持されているのはどの4人組なのでしょうか。

 NTTレゾナントが運営するランキングサイト「gooランキング」では、最強の4人組アーティストについて調査を実施。2,994票を集めたアンケート結果をランキングにまとめて発表しました。


1位は、「Mr.Children」!

Amazonより

 1992年にメジャーデビューし、“ミスチル”の愛称で知られているMr.Children。桜井和寿さん、田原健一さん、中川敬輔さん、鈴木英哉さんの4人からなるロックバンドです。

 Mr.Childrenは、デビュー翌年の1993年に発売されたシングル「CROSS ROAD」で初のミリオンセールスを達成。さらに「innocent world」(1994年)や「Tomorrow never knows」(1994年)と立て続けにヒット曲をリリースし、人気を不動のものにしました。

 デビューから20年以上経った今も、彼らの楽曲は色あせることなく、今なおコンサートのチケットは入手困難なほどの人気ぶり。「ミスチルこそが最強の4人組」と感じている人が多く、1位となりました。


2位は、「GLAY」!

Amazonより

 ヴィジュアル系ロックバンドとして90年代に爆発的な人気を集めたGLAY。TAKUROさん、TERUさん、HISASHIさん、JIROさんの4人からなるロックバンドです。

 「HOWEVER」「Winter,again」といった聞かせる曲から、「グロリアス」「口唇」などのアップテンポな曲まで幅広い名曲を多数生み出してきました。当時は彼らのルックスも大きな注目を集めており、個性的なヘアカラーに印象的な目元メイク、目にかかる長めの前髪や、毛先をはねさせるヘアアレンジなど、彼らのヴィジュアルに憧れまねをした人も多数。

 1997年に「GLAY」が発売したベストアルバムは、初動売上が200万枚を超えるセールスを記録し、その後大物アーティストのベストアルバムが次々と発売される流れを作りました。日本の音楽シーンや音楽業界に大きな影響を与え続けてきた「GLAY」が2位に選ばれました。

3位は、「ウルフルズ」!

 トータス松本さん、ウルフルケイスケさん、ジョン・B・チョッパーさん、サンコンJr.さんの4人からなるロックバンド「ウルフルズ」。

 2018年2月にギターのウルフルケイスケさんがバンド活動を休止したため、現在は3人編成となっています。

 1988年の結成以降、「ガッツだぜ!!」「バンザイ~好きでよかった~」「明日があるさ」などの大ヒット曲を連発。幅広い世代から長く愛されています。

 ウルフルズならではのインパクトのあるサビ、前向きになれるメロディーや歌詞に魅力を感じている人が多く、3位に選ばれました。


TOP10はこちら!

 TOP10には、長年日本のミュージックシーンをリードしてきた4人組グループが並ぶ中、25歳から30歳の若いメンバーのグループ「Official髭男dism(オフィシャルヒゲダンディズム)」が8位にランクインしました。

 「Official髭男dism」は、2018年4月にリリースした1stシングル「ノーダウト」が、フジテレビ系月9ドラマ「コンフィデンスマンJP」の主題歌に抜擢され、一躍スターダムにのし上がりました。

 2019年は、2019ABC夏の高校野球応援ソングと「熱闘甲子園」テーマソングに採用された「宿命」が収録された2ndアルバム「Traveler」をリリースするなど順調に活躍しています。“ヒゲダン”の略称で若者に支持される「Official髭男dism」を知らないという人は、オフィシャルページへどうぞ。

 また、興行収入が約140億と、今年最大のヒット映画となっている「天気の子」の主題歌はじめ作品の音楽を手掛けた「RADWIMPS」は、11位にランクインしています。

 gooランキングでは、40位までの全ランキングを公開しています。


<最強の4人組アーティストランキング TOP10>

1位:Mr.Children

2位:GLAY

3位:ウルフルズ

4位:エレファントカシマシ

5位:スピッツ

6位:GReeeeN

7位:BUMP OF CHICKEN

8位:Official髭男dism

9位:SEKAI NO OWARI

10位:THE YELLOW MONKEY

[工藤ひろえ]