エンタメ

天才的に機転が利く司会者ランキング! 3位はタモリ、2位はくりぃむ上田晋也。1位は、年齢を感じさせない“おしゃべり怪獣”のピン芸人!

[2020/3/5 11:03]

 近年はテレビ番組のコンプライアンス強化により、お笑い番組でも過激なチャレンジや過剰な演出は影を潜め、クイズやゲーム、健康情報番組や旅番組など、誰もが安心して視聴できる番組が増えました。

 面白いエピソードを引き出して見どころを作ったり、シロウトの話に絶妙なツッコミを入れて笑わせたり、芸人をイジってトークをより盛り上げたりして、過激さがなくても楽しめるように“おいしく”料理するのが司会者です。

 NTTレゾナントが運営するランキングサイト「gooランキング」では、天才的に機転が利く司会者について調査を実施。20~40代男女500名の複数回答をもとに、ランキングを発表しました。



1位は、明石家さんまさん!

 長きに渡ってお笑いのトップに君臨している明石家さんまさん。元落語家だけに話術を生かした抜群のトーク力で番組を盛り上げています。

 芸能人をゲストに迎えた「踊る!さんま御殿!!」(日本テレビ系)や、「ホンマでっか!?TV」(フジテレビ系)など、誰をゲストに迎えても笑いを引き出してくれる機転の利いた話術はお見事。

 芸人やタレント、俳優などさまざまなゲストに絶妙なタイミングで振って話を引き出すさんまさん。トークの腕はもちろんですが、テレビやラジオ、週刊誌などさまざまなメディアで常に情報収集を欠かさないマメさ・博識さは芸人仲間でさえ驚かすほどです。

中年女性の熱狂的なファンがいると報じられていましたが、老若男女問わずさんまさんから元気をもらったという人も多いのではないでしょうか。



2位は、くりぃむしちゅー・上田晋也さん!

 スポーツ番組からバラエティー番組まで、ジャンルを問わず活躍している、くりぃむしちゅー・上田晋也さん。

 先輩や芸能界の大御所にも歯に衣着せぬツッコミを入れる話術が特徴的です。そんな彼は以前ゲスト出演したラジオ「オードリーのオールナイトニッポン」(ニッポン放送)で、先輩をいじって笑いをとることについて、「地獄に落ちる覚悟もしている」と明かし、「失礼なやつ」と言われる覚悟をもって接していると持論を展開しました。

 お茶の間の意見を代弁するようなツッコミで、実は視聴者に寄り添った司会と言えそうです。


3位は、タモリさん!

 日本を代表する名司会者のタモリさんは、3位にランクインしました。

 平日昼間の生放送番組「森田一義アワー 笑っていいとも!」(フジテレビ系)の司会を長きに渡って務めたタモリさん。同番組は1982年に放送が開始され、1988年には最高視聴率27.9%を記録するなど、国民的番組へと成長し、ゲストを招いてトークを楽しむ「テレフォンショッキング」のコーナーが人気を集めました。

 「笑っていいとも!」を終了させた後は、「ブラタモリ」「タモリ倶楽部」など、博識で知られるタモリさんの持ち味に合わせた、まったり視聴できる番組のMCを務めていずれも人気番組となっています。


TOP10はこちら!

 TOP10を見ると、MCで活躍する芸人が多数。芸人以外では、元SMAPの中居正広さん、TBS局アナウンサーの安住紳一郎さん、タレントのマツコ・デラックスさんがランクインしています。

 国民的アイドルグループ「SMAP」のリーダーとして長年活躍してきた中居正広さんは、4位にランクイン。先日記者会見を開催し、3月いっぱいでジャニーズ事務所を退所し、1人だけの新会社「のんびりな会」を設立することを発表しました。今後はアイドルの看板を外し、名司会者として楽しませてくれそうです。

 中居正広さんと並んで4位にランクインしたのが、マツコ・デラックスさん。現在最も人気のある司会者のひとりでありながら、女装家という点でいつまでも世間の「じゃない方」からの視点を忘れない優しさと、ちょうどいい毒舌で人気。番組でシロウトと絡むことも多いのですが、びっくりするような個性的な人でも、当意即妙のトークで視聴者が受け入れられるような形に着地させる腕はさすがの一言。

 8位にランクインした松本人志さんは、進行を仕切るMC役は相方の浜田雅功さんやピン芸人の東野幸治さんに任せてボケまくることが多いのですが、どんな話題が来ても思わず笑ってしまうようなボケを連発する回転の速さには唸らせられます。

 11位以降も、ロンドンブーツ1号2号の田村淳さん、ダウンタウン浜田雅功さん、フットボールアワー後藤輝基さんなど、人気の司会者がずらり。関ジャニ・村上信五さん、嵐の櫻井翔さんももちろんランクインしています。

 gooランキングでは、52位までの全ランキングを公開しています。


<天才的に機転が利く司会者ランキング TOP10>

1位:明石家さんま

2位:上田晋也(くりぃむしちゅー)

3位:タモリ

4位:中居正広

4位:マツコ・デラックス

6位:所ジョージ

7位:内村光良(ウッチャンナンチャン)

8位:松本人志(ダウンタウン)

9位:安住紳一郎(TBS)

10位:有吉弘行

[工藤ひろえ]