エンタメ

一番面白いコンビ芸人ランキング! 3位ダウンタウン、2位は千鳥。1位は好感度ナンバーワンのあのコンビ!

[2020/3/6 12:24]

 芸能界では多くの芸人が活躍していますが、芸人の多くがコンビ芸人として世に出た人たち。

 漫才やコントで笑いの腕を磨き、人気が出るにしたがってバラエティ番組のロケやひな壇芸人からMCへ、また漫才やコントで笑いを取るには演技力が必須なことから俳優へと活躍の場を広げていく人も多くいます。

 星の数ほどいるコンビ芸人ですが、その中でも特に面白いと思われているのはどのコンビなのでしょうか。

 NTTレゾナントが運営するランキングサイト「gooランキング」では、今一番面白いと思うコンビ芸人について調査を実施。20~40代男女500名の複数回答をもとに、ランキングを発表しました。


1位は、サンドウィッチマン!

 2007年の「M-1グランプリ」で敗者復活戦からの劇的な優勝を果たし、一気にブレイクしたサンドウィッチマン。

 ツッコミの伊達みきおさんとボケの富澤たけしさんは2人ともこわもてのルックスですが、見た目とは対照的な穏やかな話し方や優しい人柄というギャップが魅力。

 所属事務所のグレープカンパニーは公式YouTubeチャンネルでサンドウィッチマンのネタを無料公開しているため、そこからファンになる人も多数。超売れっ子になった現在でも、毎年単独ライブで新ネタを披露しています。

 “人を下げたり貶めたりしない、傷つけない笑い”と評される芸風と穏やかで優しい人柄があいまって、幅広い年齢層から支持されています。

 漫才はもちろん、フリートークやロケも面白く、好感度の高さも手伝ってどんな番組に出演しても必ず盛り上がる2人を「今一番面白い」と感じている人が多数。1位となりました。


2位は、千鳥!

 1位のサンドウィッチマンと同様、高校の同級生でコンビを組んだ千鳥。吉本興業所属ですがNSC出身ではなく、岡山弁と大阪弁の混じった独特の漫才は2人で作り上げたもの。M-1登場時の紹介では「俺流漫才」というキャッチが付きました。

 M-1では3回、THE MANZAIでも3回連続で決勝進出していて、実績を積み重ねてじりじりと人気が出た千鳥。ここ数年人気がぐんぐん加速して、今では「千鳥みたいになりたい」と若手芸人の憧れの存在となっています。

 一見ガラが悪く見え、ドスのきいた岡山弁が印象的なボケ担当の大悟と、「クセがすごい」のフレーズでおなじみのツッコミ担当のノブ。コンビ仲が良いことでも有名な2人は、やりたい放題の自由な大悟と、それを優しく包み込むようにツッコむノブのバランスが心地よく、彼らの世界にはまる人が続出。

 近年はMCでの活躍が目に付きますが、スタジオトークやゆるい雰囲気でのぞむロケにも定評があり、2位となりました。


3位は、ダウンタウン!

 漫才はダウンタウン以前、ダウンタウン以後で分けられるほどで、お笑い界に一大旋風を巻き起こしたダウンタウン。

 千鳥が若手芸人の憧れの存在なら、ダウンタウンは笑い神のような存在といっても過言ではありません。ツッコミ担当の浜田雅功さん、ボケ担当の松本人志さんはどちらもしゃべりが達者なだけに、フリートークをしているだけでお腹が痛くなるほど笑えるという人が多数。

 コンビでの仕事は多いものの、久しく漫才はやっていませんでしたが、2019年に年末恒例の日本テレビ系「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!」で30年ぶりに漫才を披露。2人ともテレていたのが印象的でした。

 どんな番組でも独特の間と発想でボケまくる松本人志さんと、キレのいいツッコミで芸人からシロウトまで誰でも面白く仕上げてしまう、“笑い神コンビ”のダウンタウンが3位となりました。


TOP10はこちら!

 TOP10には、テレビで見ない日はないほどの売れっ子芸人コンビがずらっと勢揃いしました。

 このうち、中川家(2001)、アンタッチャブル(2004)、ブラックマヨネーズ(2005)、サンドウィッチマン(2007)と4組がM-1チャンピオン。

 博多華丸・大吉は、2011年の「THE MANZAI」で優勝しています。

 優勝こそ逃したものの、千鳥はM-1決勝3回、THE MANZAI決勝も3回進出。ナイツもM-1決勝に3回進出。タカアンドトシはM-1決勝に1回進出しているほか、NHKの爆笑オンエアバトルのチャンピオン大会で2年連続優勝しています。

 やはりテレビバラエティで大人気の芸人は、芸人のオリンピックのような大会でもガチの結果を残しているつわもの揃いであることがわかります。

 M-1が創設される前に世に出たくりぃむしちゅーは、1992年にスタートしたフジテレビ系「ボキャブラ天国」でブレイク。以後ずっと売れ続けています。熊本県立済々黌高校のラグビー部で出会った2人は、デビュー当時から今に至るまで非常に仲の良いコンビとしても有名。

 11位以降も、バナナマン、爆笑問題、オードリーなどテレビでおなじみのコンビ芸人の名前がずらり。

 gooランキングでは、59位までの全ランキングを公開しています。

<一番面白いコンビ芸人ランキング TOP10>

1位:サンドウィッチマン

2位:千鳥

3位:ダウンタウン

4位:博多華丸・大吉

5位:中川家

6位:くりぃむしちゅー

7位:ナイツ

8位:タカアンドトシ

9位:ブラックマヨネーズ

9位:アンタッチャブル

[工藤ひろえ]