エンタメ

実は「早稲田出身」と聞いて驚いた有名人ランキング! 3位はデーモン閣下、2位はハリセンボン・はるか。1位は子どもに大人気、シール付き絵本にもなったピン芸人!

[2020/3/19 12:38]

 芸能界には有名大学を卒業している高学歴有名人が少なくありません。高学歴で有名な人もいれば、意外と知られていないけれど実はインテリという人も。

 NTTレゾナントが運営するランキングサイト「gooランキング」では、実は早稲田大学出身と聞いて驚いた有名人について調査を実施。20~40代男女500名の複数回答をもとにランキングを発表しました。


1位は、ひょっこりはん!

Amazonより

 2018年の元旦に放送された「ぐるナイ」(日本テレビ系)の“おもしろ荘”に登場したことがきっかけで大ブレイクしたピン芸人・ひょっこりはん。

 テーブルの下、柱の陰、ときには新聞紙の間から…いろいろなところからひょっこり登場する芸風で、子どもに大人気。「ひょっこりはんをさがせ!」という絵本も好評でシリーズ化され、3冊発売されています。

 そんなひょっこりはんは、早稲田大学人間科学部を卒業しています。2浪の末、早稲田大学に入学したそう。ひょっこりはんのルックスや芸風と早稲田のギャップに驚いた人が多数。1位となりました。


2位は、ハリセンボン・箕輪はるかさん!

 お笑いコンビ・ハリセンボンのツッコミ、箕輪はるかさん。バラエティでは細い体やおっとりした雰囲気をネタにされることが多く、前に出ていくタイプが多い芸人の中でひかえめな印象です。

 そんな人柄から、存在感が薄いとも言われる箕輪はるかさんですが、実は早稲田大学第二文学部を卒業している才女。クイズ番組に出演すると、意外な才能が開花するかもしれませんね。

 テレビで学生の頃の話をあまりしていないことから、早稲田大学を卒業していると聞いてびっくりした人が多数。2位となりました。


3位は、デーモン閣下!

Amazonより

 紀元前に生まれ、現在の年齢は、自称10万歳を越えていると言うロックバンド「聖飢魔II」の元ボーカリスト・デーモン閣下。

 プライベートは謎に包まれていますが、幼い頃に人間界での仮の姿で、アメリカで暮らしていた経験を持つそうで、実は英語が堪能。そんなデーモン閣下は桐蔭学園高等学校から早稲田大学社会科学部に進み、早稲田大学を卒業しています。

 バラエティのトークでは頭の回転の早さで視聴者を感心させる閣下ですが、悪魔が大学に通うイメージがなかったという人が多く、3位となりました。


TOP10はこちら!

 かつて、「早稲田出身者は中退の方が出世する」という説がありました。芸能界でも、故・大橋巨泉さん、タモリさん、東国原英夫さん、石田純一さん、堺雅人さん、広末涼子さんなど中退した大物芸能人が多数。NEWSの手越祐也さんも早稲田大学中退ですが、ツーショット写真が流出しても人気が落ちないあたりはすでに大物の風格が。

 とはいえ、早稲田大学をきちんと卒業した芸能人も数多く、故・森繁久彌さん、吉永小百合さん、北大路欣也さん、松本幸四郎さん、室井滋さん、藤木直人さん、内野聖陽さんと卒業者にも大物がずらり。比較的若手では、NEWSの中丸雄一さんが、多忙なアイドル業をこなしながら、早稲田大学人間科学部をきちんと卒業しています。

 gooランキングでは、55位までの全ランキングを公開しています。

  早稲田大学は、芸能界にも数多くの才能を排出していることがわかるランキングとなっていますので、早稲田大学関係者のみなさんはぜひチェックしてみてくださいね。


<実は「早稲田出身」と聞いて驚いた有名人ランキング TOP10>

1位:ひょっこりはん

2位:箕輪はるか(ハリセンボン)

3位:デーモン閣下

4位:アンゴラ村長(にゃんこスター)

5位:中丸雄一(KAT-TUN)

6位:小島よしお

7位:上田晋也(くりぃむしちゅー)※中途退学

8位:荒川静香(プロフィギュアスケーター)

9位:タモリ(中途退学)

10位:五郎丸 歩(ラグビー選手)

[工藤ひろえ]