ライフ

観光名所が最高な都道府県ランキング! 1位は京都府、2位は北海道、3位は栃木県。一方、意外なワースト1は清流や歴史上の人物が有名なあの県!

[2020/3/31 10:42]

 新型コロナウイルス感染症で、世界的に人の移動が規制される流れとなっています。日本はまだ公共交通機関も動いていて店舗も開いていますが、3月下旬になって感染者の伸びが大きくなり、感染爆発が危惧されています。

 そうした状況の中、無症状で感染している人が移動することで感染が広がるおそれがあるため、外出の自粛が強く求められていますが、そんな時だからこそ、落ち着いたら旅行したいところをじっくり検討したいところ。

 日本全国には一度は訪れてみたい観光名所が多数存在しますが、観光旅行先として人気がある都道府県はどこなのでしょうか。

 NTTレゾナントが運営するランキングサイト「gooランキング」では、観光名所が最高だと思う都道府県について調査を実施。2,501票が寄せられたアンケート結果をもとに、ランキングを発表しました。


1位は「京都府」!

 数多くの文化財を有し、清水寺や醍醐寺、仁和寺、平等院をはじめとした世界遺産が多数存在することでも知られる京都府。

「古都」という言葉がぴったりな、風情あふれる街並みを堪能することができることから外国人観光客にも大人気。一日あれば、電車と徒歩で数多くのお寺や歴史的建造物を数カ所回れる点も京都の魅力です。

 神社仏閣の数がとにかく多いことから、何度訪れても飽きないという人が多数。1位となりました。


2位は「北海道」!

 「ご当地グルメがうまい都道府県ランキング」や「旅行で大満足だった都道府県ランキング」などで、常に1~2位を
キープしている北海道。

 北海道には、札幌市時計台や大通公園、歓楽街・すすきのに代表される札幌エリア、ラベンダー畑をはじめとした広大な自然を楽しむことができる富良野やニセコエリア、運河沿いのノスタルジックな街並みに触れることができる小樽、美しい夜景や異国情緒漂う街並みが魅力的な函館など、一度では周りきれないほどの魅力的な観光スポットが多数。

 それぞれエリアを代表するご当地グルメも豊富で、日本離れした地平線や、雪景色など絵になる風景も人気。2位に選ばれました。


3位は「栃木県」!

 京都や北海道に比べるとやや地味な印象ですが、実は観光名所の宝庫と言っても過言ではなない栃木県。

 世界遺産の日光東照宮や日光山輪王寺、美しい渓谷の景色を堪能できる鬼怒川温泉、日本三名瀑の1つに数えられる華厳の滝、そして中禅寺湖など、歴史や自然を楽しめるスポットが多数。

 グルメでも、宇都宮餃子をはじめ、那須高原のチーズケーキなど乳製品、全国一の生産量をほこる苺や苺スイーツ、佐野ラーメン、B級グルメのいもフライなどお楽しみが多数。

 首都圏から近いこともあり、気軽に行けると人気上昇中の栃木県が3位となりました。


TOP10はこちら!

 TOP10に並んだ都道府県は、それぞれ代表的な観光スポットがすぐ目に浮かぶところばかり。ひと目でわかる、SNS映えする風景や観光スポットに事欠かない都道府県が上位に選ばれました。



<観光名所が最高な都道府県ランキング TOP10>

1位:京都府

2位:北海道

3位:栃木県

4位:沖縄県

5位:東京都

6位:神奈川県

7位:奈良県

8位:長野県

9位:大阪府

10位:広島県

 一方、ワースト5を見てみると、5つの県のうち、四国が3つを占めています。高知県は坂本龍馬やかつおのたたきをはじめとした海鮮など特徴はあるのですが、いまひとつSNS映えする観光名所などの情報が届いていないのかもしれません。

 うどんとため池の多さで知られる香川県は32位で、四国の他県を引き離しています。


<観光名所が最高な都道府県ランキング ワースト5>

43位:福井県

43位:徳島県

43位:愛媛県

46位:鳥取県

47位:高知県

高知城、坂本龍馬の生家、よさこい、清流で知られる四万十川や仁淀川、海鮮グルメなど見どころは多い高知なのですが…

 gooランキングでは、47位までの全ランキングを公開しています。

 TOP10になかった出身県やお気に入りの観光地がある都道府県が何位にランクインしているか、ぜひチェックしてみてくださいね。

[工藤ひろえ]