エンタメ

ロン毛時代が最高にかっこよかった男性芸能人ランキング! 3位はTOKIO・長瀬智也、2位は江口洋介! 1位は、当時若者のカリスマだったあの人!

[2020/4/6 13:19]

 1990年代、長髪の男性芸能人が増えたことで人気を集めた男性のロン毛スタイル。長髪をかき上げる姿にキュンキュンした女性も多いのではないでしょうか。

 NTTレゾナントが運営するランキングサイト「gooランキング」では、ロン毛時代が最高にかっこよかった男性芸能人について調査を実施。20~40代男女500名の複数回答をもとに、ランキングを発表しました。



1位は、木村拓哉さん!

Amazonより

 1990年から2000年代のドラマ界を席巻した木村拓哉さん。演じた役どころも相まって、ロン毛をファッショナブルなスタイルへと定着させた立役者の一人です。

 なかでも、長い髪が印象的だったのが、1997年に放送された「ギフト」(フジテレビ系)で演じた、早坂由紀夫役。武器、遺言、ペットなどさまざまなものを届ける「届け屋」という風変わりな役どころとロン毛がマッチし、印象に残っている人も多いのではないでしょうか。長い髪を後ろで結わえた姿には、かっこよさと美しさが共存する希少な存在感がありました。

 長年“キムタク”として親しまれ、ドラマがヒットするたびに、ファッションやヘアスタイルをまねした男性が街にあふれるように、時代のファッションシーンをけん引してきた木村拓哉さんが1位となりました。


2位は、江口洋介さん!

Amazonより

 1990年代初頭に放送された「東京ラブストーリー」「愛という名のもとに」(ともにフジテレビ系)など、トレンディードラマの常連俳優として名を連ねた江口洋介さん。

 当時の江口洋介さんといえば、サラサラのロン毛がトレードマーク。ロン毛ブームの火付け役と言っても過言ではありません。

 とくに、ドラマ「ひとつ屋根の下」シリーズ(フジテレビ系)で演じた“アンちゃん”こと、柏木達也役が印象に残っている人も多いはず。同じように長髪が印象的だった俳優・武田鉄矢と共演した「101回目のプロポーズ」(フジテレビ系)も大ブームを巻き起こしました。

 当時は短髪の俳優が多かっただけに、サラサラのワンレンスタイルはひときわ注目の的に。江口洋介といえばロン毛のイメージが強く、2位となりました。


3位は、TOKIO・長瀬智也さん!

Amazonより

 上位2名と比べても、より彫りの深い顔立ちが印象的な長瀬智也さん。当時ロン毛というと、江口洋介さんに代表されるサラサラ爽やか系なイメージが強かったところ、ワイルドさもあわせ持つ長瀬智也さんは、また違った雰囲気を醸し出していました。

 デビュー当時から長めのサラサラヘアで、男らしい整った顔立ちは男性からも支持され、雑誌では単独で表紙を飾ることもたびたび。ロン毛時代も複数のドラマに出演しており、中でも2000年に放送された「池袋ウエストゲートパーク」(TBS系)で演じた主人公・マコト役は、ロン毛と役とがマッチして、大ブームとなりました。

 若い頃はサラサラヘアの美少年、現在はオールバックのワイルド系へと変化を遂げた長瀬智也さん。昔も今もどこか爽やかさが漂うのは、さすがジャニーズのアイドルです。


TOP10はこちら!

 TOP10には、イケメンであるのはもちろんのこと、それぞれ独自の個性をもつ俳優やアーティストが並びました。

 4位のhydeさんは、現在「奇跡の51歳」と呼ばれるように、いまでも美貌は健在。圧倒的な歌唱力、まるで人形のように美しい顔立ちで、女性ファンはもちろん、多くの男性ファンが存在します。

 gooランキングでは、53位までの全ランキングを公開しています。


<ロン毛時代が最高にかっこよかった男性芸能人ランキング TOP10>

1位:木村拓哉

2位:江口洋介

3位:長瀬智也(TOKIO)

4位:hyde/HYDE(L’Arc~en~Ciel、VAMPS)

5位:オダギリジョー

6位:豊川悦司

7位:反町隆史

8位:金城武

9位:河村隆一(LUNA SEA、Tourbillon<RYUICHI名義>)

9位:堂本光一(KinKi Kids)

[工藤ひろえ]