エンタメ

悪女役が最もはまっている女優ランキング! 3位は小沢真珠、2位は泉ピン子。1位は、10頭身のスタイルにキリッとした美貌のあの女優!

[2020/4/8 12:50]

 ストーリーにスパイスを加えてくれる存在の悪役。悪役が活躍することにより、物語がぐっと引き締まり見ている人を夢中にさせてくれます。

 NTTレゾナントが運営するランキングサイト「gooランキング」では、悪女役がはまっていると思う女優について調査。20~40代男女500名の複数回答をもとに、ランキングを発表しました。



1位は、菜々緒さん!

 172cmという長身スレンダー体形の持ち主で、10頭身とも言われている菜々緒さん。2012年に放送された「主に泣いてます」(フジテレビ系)では、ドラマ初出演にして初主演を務めました。

 また、2014年に放送された「ファースト・クラス」(フジテレビ系)では、美人だけど内心では強烈な罵詈雑言を繰り返す腹黒い女性・レミ絵を好演。翌2015年に放送された「サイレーン 刑事×彼女×完全悪女」(フジテレビ系)では美しい容姿と裏腹に狂気的で凶悪な殺人鬼・カラを演じました。

 高い演技力で、各作品ごとに完成度の高い悪女を作り上げた菜々緒さん。今では悪女役といえば菜々緒さんのイメージが定着、1位となりました。


2位は、泉ピン子さん!

 NHK連続テレビ小説「おしん」の母親役や、主演した橋田壽賀子ドラマ「渡る世間は鬼ばかり」(TBS系)のイメージが強い泉ピン子さん。

 2014年に放送されたNHK連続テレビ小説「マッサン」では、泉ピン子演じる亀山早苗の嫁いびりが話題に。「ドクターX ~外科医・大門未知子~」(テレビ朝日系)では、米倉涼子演じる主人公と対立する大学病院の副医院長を演じたことから悪女役のイメージが定着。

 「痛快TVスカッとジャパン」(フジテレビ系)で演じているムカつくおばちゃんもはまり役として人気を集め、2位となりました。


3位は、小沢真珠さん!

 ぱっちりとした目鼻立ちで、際立った美貌の小沢真珠さん。

 彼女を一躍有名にしたのが「牡丹と薔薇」(フジテレビ系)で演じた香世役。生き別れの姉であるぼたんを愛するがゆえに、非人道的な行動に走ってしまう狂気に満ちた悪女を見事に演じました。「役立たずのブタ!」と罵るシーンはあまりに有名。

 「牡丹と薔薇」で見せた香世のインパクトの強さから、普通の役では物足りないと感じる人も多数、3位となりました。


TOP10はこちら!

 悪女は、魅力があってこそ悪女。魅力がなければ、ただの嫌な女です。そんなわけで、TOP10には魅力あふれる美女が並びました。

 4位の遠野なぎこさんは、1999年にNHK連続ドラマ小説「すずらん」でヒロインを演じ、清純派女優として知られました。ところが、2009年にわずか2カ月というスピード離婚を経て、いつのまにか歯に衣着せぬぶっちゃけキャラに変貌。ブログやバラエティでの率直な発言で楽しませてくれています。

 5位の高岡早紀さんは現在47歳。アラフィフとは思えない変わらぬ美貌で、女性たちの羨望の的となっています。2019年の「リカ」(フジテレビ系)ではストーカーを演じて話題になるなど、演技派の悪女女優を代表する存在です。

 gooランキングでは、58位までの全ランキングを公開しています。


<悪女役が最もはまっている女優ランキング TOP10>

1位:菜々緒

2位:泉ピン子

3位:小沢真珠

4位:遠野なぎこ

5位:高岡早紀

6位:MEGUMI

7位:小池栄子

8位:佐藤仁美

9位:米倉涼子

10位:大竹しのぶ

10位:松本まりか

[工藤ひろえ]