アニメ・マンガ

アニメ史上最強の「悪役主人公」ランキング! 3位アインズ、2位は殺せんせー。1位は正体不明&背後に立ったらヤバいあの人!

[2020/4/20 12:14]

 アニメの主人公といえば、悪を倒す正義の味方が王道。

 …だったのですが、近年では国家への反逆者であったり、殺しや盗みを生業としていたり、ファンタジー世界においての悪魔や死神であったりと、一般的に「悪役」と見なされる立場のキャラクターを主人公とする作品も多くなっています。

 NTTレゾナントが運営するランキングサイト「gooランキング」では、そんな「悪役」主人公の中で最強だと思うキャラクターについて調査を実施。7,062票を集めたアンケート結果をもとに、ランキングを発表しました。



1位は、デューク東郷@ゴルゴ13!

Amazonより

 1968年に連載が開始され、半世紀以上にわたって連載継続中の「ゴルゴ13」主人公で、本名や生年月日、国籍すら不明という謎の存在であるデューク東郷(自称)。

 職業はスナイパー(狙撃者)。ときには国の諜報機関や裏社会の人間などから依頼された標的を、確実に狙撃する暗殺者です(標的は人ではない場合も)。1キロ先の標的を仕留められるスナイパーすら稀有なところ、2キロ先の標的を1発で仕留めてしまうほどの腕前に、銃やナイフを抜く早さは0.17秒という想像を絶するスピードを誇ります。その射撃の腕前に、絶大な知名度も加わり見事ランキング1位に輝きました。


2位は、殺せんせー@暗殺教室!

 「週刊少年ジャンプ」が原作のアニメ「暗殺教室」の主人公・殺せんせー。

 黄色い球体の体に万能の触手を持った超生物で、月の約7割を破壊した犯人だと名乗り、自分を殺すことができなければ翌年には地球をも破壊すると宣言した、全地球にとっての悪の存在です。

 そんな殺せんせーは、ワケあって、とある中学3年のクラスの担任に就任することを国に認めさせ、生徒たちに自分を暗殺するチャンスを与えました。

 とはいえ、最高時速マッハ20のスピードで移動でき、至近距離から射撃されても瞬時に交わせてしまう身体能力の持ち主の殺せんせー。最新鋭の戦闘機の攻撃ですら楽々やり逃してしまうほどで、全生徒が一斉に攻撃を仕掛けても相手にならず。そんな殺せんせーこそ最強だと支持する人が多数、2位となりました。


3位は、アインズ@オーバーロード!

 Web小説が基となったアニメ「オーバーロード」のアインズ。

 仮想現実体感型オンラインゲーム「ユグドラシル」で、ガイコツの姿をした最強の大魔法使いキャラとしてプレーしていた主人公ですが、サービス終了の時間を境にガイコツのアバターが主人公の姿と成り代わって異世界へ転移してしまうことに。

 ゲーム内に存在する魔法が通じる異世界で、魔法を熟知していることや、冷静に状況を読む力に長けていることで特にアニメ開始当初は無双状態に。見た目がどのキャラクターより「悪役」っぽいことも手伝ってか上位に選ばれました。


TOP10はこちら!

 悪役と言うべきかどうか判断に迷うキャラクターが多くランクインしていますが、共通しているのは、圧倒的な魅力があるキャラクターという点。

 善のキャラクターは社会的モラルに縛られる分、その行動もだいたい予想がつきやすいもの。それに対して、悪役はそうした縛りもなく自由な点もファンを惹きつけるのかもしれません。

 4位の夜神明は、きわめて頭脳明晰ということを除けば普通の高校生でしたが、デスノートを手に入れたことから人生が一変。当初は純粋に悪を成敗し理想社会を築くことをイメージしていた夜神明ですが、追求の手が伸びるに従い、追う側とのゲームが主題となっていきます。

 一度や二度は「あいつが消えてくれたらなー」と願望レベルで思ったことがある人は少なくないはず。そうした願望を満たす道具という話と、追う側と追われる側の頭脳戦は視聴者を夢中にさせました。

 gooランキングでは、24位までの全ランキングを公開しています。


<アニメ史上最強の「悪役主人公」ランキング TOP10>

1位:デューク東郷(「ゴルゴ13」)

2位:殺せんせー(「暗殺教室」)

3位:アインズ(「オーバーロード」)

4位:夜神明(「DEATH NOTE」)

5位:ルパン三世(「ルパン三世」)

6位:シャア・アズナブル(「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」)

7位:ルルーシュ・ランペルージ(「コードギアス 反逆のルルーシュ」)

8位:セバスチャン・ミカエリス(「黒執事」)

9位:ブラック・ジャック(「ブラック・ジャック」)

10位:アクセラレータ(一方通行)(「とある魔術の禁書目録」)


[工藤ひろえ]