フード

一番くつろげるカフェチェーンランキング! 3位ドトール、2位スターバックス。1位は、名古屋の個人店からスタートした、シロノワールが人気のあのチェーン!

[2020/5/27 12:13]

 友人とのおしゃべりや買い物の休憩などさまざまな用途で利用しているカフェ。近年では、ワークスペースとして利用されることもあり、くつろぎやすさでお店を選んでいる人も多いのではないでしょうか。

 NTTレゾナントが運営するランキングサイト「gooランキング」では、一番くつろげるカフェチェーンについて調査を実施。2,184票が寄せられたアンケートをもとに、ランキングを発表しました。



1位は、コメダ珈琲店!

 愛知県名古屋市を中心に全国に870店舗(2020年5月末現在)以上を展開している喫茶店チェーン・コメダ珈琲店。名古屋で個人経営の喫茶店としてスタートし、現在は47都道府県すべてに出店する全国チェーンに成長しています。

 コメダ珈琲店は、“誰もがくつろげる「街のリビングルーム」でありたい”がコンセプト。木やレンガを使った温かみのある空間が魅力的です。高さと幅にこだわった広く分厚いテーブルや安定感のある大きめの椅子、他の席の人と目線が合わないパーテーションなど、ゆったりとくつろげる工夫がたくさん詰まっています。

 そんなコメダ珈琲店で大人気なのが、好きなドリンク1杯の金額で3種類の中から無料で選べるモーニングサービス(午前11時まで)。名古屋ならではのトーストと小倉あんセットも選べます。

 また、ふんわりサクサクのデニッシュパンにソフトクリームとシロップがかかったコメダ珈琲店の看板商品「シロノワール」は、断トツ人気のデザート。シロノワール目当てで通う人も多いようです。


2位は、スターバックス コーヒー!

 1996年8月に東京 銀座に日本1号店をオープンして以降、全国に1,550店舗(2020年5月末現在)以上展開しているスターバックス コーヒー。

 “家でも職場でもない「サードプレイス(第3の場所)」”を提案しており、居心地の良さにこだわっています。

 郊外や住宅街をはじめ、オフィス街や大学の近くなどいろいろな場所に出店しており、無線LANサービスを利用して仕事や勉強をしている人が多いのも特徴。本屋に併設された店舗も多く、本を読みながらくつろげるのもうれしいですね。

 チェーン店には珍しく、店舗ごとにデザインやレイアウトが違うため、自分好みのお店で過ごすことができるのも人気の理由かもしれません。


3位は、ドトールコーヒーショップ!

 1980年4月に原宿に1号店をオープンして以降、全国に1,090店舗(2020年5月末現在)以上展開しているドトールコーヒーショップ。

 “さりげなく小粋”というショップコンセプトを掲げ、おしゃれすぎない自然な雰囲気が人気を集め、「あのくらいの感じが丁度いい」「入りやすい」といった意見が多数。ジャーマンドッグをはじめ、日本人の口に合うサンドやドック類も魅力です。

 また、Sサイズのブレンドコーヒーが1杯204円(税別)というリーズナブルな価格設定も人気の理由。スーパー帰りに「ちょっと休みたい」というときにも、気軽に入れるところが魅力です。


TOP10はこちら!

 TOP10には、全国に店舗を展開する大手チェーンが多くランクインしました。

 星乃珈琲店は、ドトールと日本レストランシステムズが2007年に経営統合したことでドトールのグループ企業となっています。分厚い窯焼きスフレパンケーキが人気で、ゆったりくつろげる店内とこだわりのプレミアムコーヒーが楽しめます。

 喫茶室ルノアールは、1964年創業の老舗喫茶店。店舗の場所は繁華街の駅前・駅チカが多いのですが、店内は比較的ゆったりした座席配置で、電源や無線LANも早くから完備。注文した飲み物を飲み終わるのを見計らって無料のこぶ茶がサービスされるなど、居心地の良さが人気です。

 gooランキングでは、40位までの全ランキングを公開しています。

<一番くつろげるカフェチェーンランキング TOP10>

1位:コメダ珈琲店

2位:スターバックス コーヒー

3位:ドトールコーヒーショップ

4位:星乃珈琲店

5位:喫茶室ルノアール

6位:タリーズコーヒー

7位:サンマルクカフェ

8位:上島珈琲店

9位:カフェ・ベローチェ

10位:珈琲館

[工藤ひろえ]