エンタメ

綾瀬はるかが一番かわいかった作品ランキング! 3位は「世界の中心で、愛をさけぶ」、2位は「JIN‐仁‐」。1位は、“干物女”ブームを巻き起こしたドラマ!

[2020/6/5 12:19]

 親しみやすいキャラクターと抜群の演技力を持つ女優・綾瀬はるかさん。多くの映画やテレビドラマで活躍しており、作品ごとに異なる顔、新しいかわいさを見せてくれます。

 NTTレゾナントが運営するランキングサイト「gooランキング」では、そんな綾瀬はるかさんが一番かわいかった作品について調査を実施。4,048票が寄せられたアンケート結果をもとに、ランキングを発表しました。



1位は、「ホタルノヒカリ」シリーズ!

Amazonより

 2007年に放送が開始された「ホタルノヒカリ」シリーズ。綾瀬はるかさんは、会社ではテキパキ働くOLだが、家ではちょんまげにジャージ姿でダラダラ過ごす干物女・雨宮蛍をコミカルに演じました。

 会社の上司である藤木直人演じる高野誠一とひょんなことから不思議な同居生活が始まりますが、その中での2人の掛け合いやもどかしい恋愛模様に夢中になる人が続出。

 2010年には続編となる「ホタルノヒカリ2」が放送され、続く2012年には「映画 ホタルノヒカリ」が公開されました。恋愛ベタな脱力系女子を愛らしく演じ「わかる!」「かわいい!」「応援したくなる」と同年代女性を中心に大ヒットとなりました。


2位は、「JIN‐仁‐」シリーズ!

 2009年に放送が開始された「JIN‐仁‐」シリーズ。満足できる医療器具がない中、最新の医療技術を生かし幕末の人々を救っていくという物語で多くの感動を呼びました。

 綾瀬はるかさんは、幕末の江戸時代にタイムスリップした大沢たかおさん演じる脳外科医・南方仁をけなげに支える武士の娘・橘咲を好演。江戸時代を舞台としているだけに着物姿の綾瀬はるかさんが美しく、精一杯尽くす姿に「けなげすぎて泣けてくる」「こんな子がそばに居てくれたら…」など多数のコメントが寄せられました。

 また、好奇心旺盛なキャラクターで現代の知識を得るたびに子どものようにはしゃぐ姿に「かわいすぎる!」との声が多く、2位となりました。


3位は、「世界の中心で、愛をさけぶ」!

 2004年に放送された「世界の中心で、愛をさけぶ」。片山恭一さんの大ベストセラー小説が原作で、映画化でも大きな話題となりました。

 ドラマ版では主人公のサクを山田孝之さんが演じ、綾瀬はるかさんは、成績優秀でスポーツ万能ながらも、いたずら好きな一面も見せるヒロイン・アキを茶目っ気たっぷりに演じました。

 高校生になり互いに惹かれあうサクとアキ。しかし、突然アキが白血病にかかり衰弱していってしまうという切ない物語。白血病にかかってからは懸命に真っ直ぐに生きようとするアキの姿に涙した人が多数。

 優しいながらも小悪魔感があり、何があっても真っ直ぐなアキの姿に心をわしづかみにされた人が多く、3位となりました。


TOP10はこちら!

 “セカチュー”こと「世界の中心で、愛をさけぶ」のようなまっすぐで優しい女性から、「精霊の守り人」シリーズのバルサのように戦いで運命を切り開く強い女性、あるいは「白夜行」のようにおとなしく優しい面のと小悪魔的な面を併せ持つ女性など、綾瀬はるかさんは“万能”と言っていいほど役の幅が広い演技派。

 高い演技力でどんな役を演じてもハマってしまうのですが、そんな中にも綾瀬はるかさんらしいかわいらしさが感じられるのが魅力です。

 4位の「義母と娘のブルース」では、バリバリのキャリアウーマンでありながら、女子らしいコミュニケーション能力にやや欠ける義母を演じて、大きな話題に。コミュ充とは逆の、ちょっと人付き合いに不器用な女性を演じる綾瀬はるかさんは抜群の魅力を発揮します。

 gooランキングでは、46位までの全ランキングを公開しています。そういえばこんな映画にも出ていたなと思い出したい人は、ぜひ全ランキングをチェックしてみてください。



<綾瀬はるかが一番かわいかった作品ランキング TOP10>

1位:ホタルノヒカリシリーズ
   雨宮蛍/高野蛍 役

2位:JIN‐仁‐シリーズ
   橘咲 役

3位:世界の中心で、愛をさけぶ(ドラマ版)
   廣瀬亜紀 役

4位:義母と娘のブルース
   岩木亜希子/宮本亜希子 役

5位:おっぱいバレー
   寺嶋美香子 役

6位:きょうは会社休みます。
   青石花笑 役

7位:ハッピーフライト
   斎藤悦子 役

8位:僕の彼女はサイボーグ
   彼女 役

9位:奥様は、取り扱い注意
   伊佐山菜美 役

10位:八重の桜
   山本八重/新島八重 役

[工藤ひろえ]