ライフ

観光スポットが魅力的な都道府県ランキング! 3位京都府、2位は沖縄県。1位はやっぱり国内と思えない雄大な地平線、山海のグルメ、夜景も楽しめるあの自治体!

[2020/6/19 11:43]

 新型コロナウイルス感染症の拡大により、2020年は3月から県境を超えての移動は自粛要請が続いていましたが、6月19日(金)に国内移動が全面解禁されました。

 これまでも強制的なロックダウンは一度もありませんでしたが、国内移動が全面解禁されたことで、不要不急にあたる移動である旅行を計画する人も多くなりそうです。海外との往来は現在も難しいことから、今年の夏は近場の旅行を計画する人が多くなるとの調査レポートも。

 今後数年は続くと予測される“withコロナ生活”、消毒などに十分注意しつつ、自粛生活でたまったストレスを旅行で解消しておくのも必要かもしれません。

 NTTレゾナントが運営するランキングサイト「gooランキング」では、観光スポットが魅力的な都道府県について調査を実施。20~40代男女500名の複数回答をもとに、ランキングを発表しました。



1位は、北海道!

北海道・富良野のラベンダー畑

 大通公園や小樽運河、青の洞窟、旭山動物園など、数々の人気スポットを有する北海道。近年では、“美瑛ブルー”と呼ばれる鮮やかな青色がSNSで話題となった白金青い池や、2005年に世界遺産登録された知床など、新たな観光スポットが注目を集めています。

 北海道といえば国内屈指のグルメ王国としても有名で、お寿司や海鮮丼、ジンギスカン、ラーメンといった北海道ならではのグルメを楽しみにしている人も多数。

 そんな魅力いっぱいの北海道ですが、観光で訪れる際に注意すべき点がその広さ。広大な土地を有する北海道は他の都府県とは異なり、移動だけで多くの時間を要します。日程と時間にゆとりを持ったスケジュールで観光を楽しみたいですね。


2位は、沖縄!

沖縄・宮古島市来間島の奇岩

 透き通った美しい海と、どこまでも続く青い空を満喫できる国内屈指のリゾート地、沖縄県。沖縄青の洞窟や北谷公園サンセットビーチなどでは、シュノーケリングやダイビング、海水浴といったマリンレジャーが楽しめます。

 また、世界最大のジンベエザメでおなじみの沖縄美ら海水族館や多くの観光客でにぎわう国際通り、沖縄県で最高の“聖地”とされる斎場御嶽(せーふぁうたき)など、一度は訪れてみたい観光地がたくさんあります。

 本土とは一線を画した食文化や、石垣島・宮古島といった離島など、沖縄県ならではのリゾート気分を味わえるところが人気のようです。


3位は、京都!

京都・世界遺産に登録された清水寺

 数多くの文化財を有し、清水寺や醍醐寺、平等院、仁和寺をはじめとした世界遺産が多数存在することでも知られている京都府。風情あふれる建物が多く残り、日本ならではの雰囲気を堪能できることから外国人観光客にも大人気。また、桜や紅葉の名所として有名な観光スポットも多いことから、季節に合わせて何度でも訪れたいと思う人が多いようです。


TOP10はこちら!

 観光人気で常にトップを争っている北海道、沖縄県、京都府は順当にTOP3にランクイン。4位には、東京ディズニーリゾートや鴨川シーワールド、東京ドイツ村などを擁する千葉県がランク入りしました。

 続く5位にランクインしたのは、皇居、東京スカイツリー、秋葉原、アメ横など旅行者に人気のスポットも多くある東京都。ただし、調査が行われたのは今年3月。今もなお、全国で唯一新規感染の収束が見えない東京都に、現時点で旅行で来たい人はかなり減っている可能性が高そうです。

 gooランキングでは、47位までの全ランキングを公開しています。


<★ TOP10>

1位:北海道
   大通公園、小樽運河、青の洞窟、旭山動物園、白金青い池など

2位:沖縄県
   沖縄青の洞窟、北谷公園サンセットビーチ、沖縄美ら海水族館など

3位:京都府
   清水寺、八坂神社、祇園など

4位:千葉県
   東京ディズニーリゾート、成田山新勝寺、鴨川シーワールドなど

5位:東京都
   浅草寺、東京スカイツリー、アメヤ横丁など

6位:神奈川県
   横浜赤レンガ倉庫、横浜・八景島シーパラダイス、鎌倉大仏殿高徳院、箱根など

7位:大阪府
   天神橋筋商店街、道頓堀、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンなど

8位:長崎県
   ハウステンボス、稲佐山、九十九島など

9位:石川県
   兼六園、金沢城公園、近江町市場など

10位:兵庫県
   城崎温泉、有馬温泉、姫路城など

[工藤ひろえ]