ライフ

日本一美しい「城」ランキング! 3位は松本城、2位は熊本城。1位は、飛び立つ白い鳥のような美しい姿と五重の天守で知られるあのお城!

[2020/7/30 10:52]

 日本全国には一度は訪れてみたい魅力的なお城が多数存在し、多くの歴史ファンを魅了しています。歴史的背景やお城の立地などその雰囲気や外観もさまざま。

 NTTレゾナントが運営するランキングサイト「gooランキング」では、日本一美しいと思うお城について調査を実施。3,315票が寄せられたアンケートをもとに、ランキングを発表しました。



1位は、姫路城!

 兵庫県姫路市にある姫路城。姫路城はシラサギが羽を広げたような真っ白で美しい姿から“白鷺城(はくろじょう・しらさぎじょう)”の愛称で親しまれています。白漆喰(しろしっくい)で塗られた城壁の際立つ白さが特徴的で、5重6階の大天守も圧巻。

 1609年に建築され、400年以上が経った現在でも美しい姿を残している数少ない現存天守として見応えがあります。国宝や重要文化財に指定されているのはもちろん、日本初の世界文化遺産となったことでも知られます。

 徳川幕府の威光を示す江戸城は日本一の城だったと言われますが、その江戸城に似ていることから、時代劇などで江戸城として登場するのはほとんどこの姫路城。時代劇「暴れん坊将軍」では毎回のように姫路城が江戸城として登場します。姫路に行ったことがなくても、ほとんどの人はドラマや映画で目にしているお城でもあります。


2位は、熊本城!

 熊本県熊本市にある熊本城。1607年に加藤清正によって築城されました。日本三名城としても知られる熊本城は、天守閣前広場に大きないちょうの木が植えられていることから“銀杏城(ぎんなんじょう)”として親しまれています。

 忍者でも登ることができない武者返しと呼ばれる石垣は現在でも当時のまま残っており、熊本城の特徴の1つ。築城の名人として知られた加藤清正がそのノウハウを注ぎ込んで普請した熊本城は、大小2つの天守閣、50近い櫓を備えていて見張りや偵察に活用されたほか、地下通路までもち、“最強の城”とも呼ばれます。

 平成28年の熊本地震で大きな被害を受けましたが、現在は地震に備えた最新の技術と伝統技法によって、震災復興のシンボルとして復旧作業が進められています。


3位は、松本城!

 長野県松本市にある松本城。外壁に黒漆が塗られた「漆黒の城」であることから、「烏(からす)城」とも呼ばれます。北アルプスの山々を背景とした黒と白のコントラストが美しく、季節によってさまざまな表情を見せてくれる“映える”城として知られます。

 現在天守の建物を残す城は12しかありませんが、そのうち五重の天守は松本城と姫路城だけ。松本城は、5重6階の天守の中で最古の国宝です。

 また、戦国末に建造された天守に、世の中が落ち着いた寛永年代に増設された月見櫓がついているのも特徴。月見櫓は舞良戸と呼ばれる板戸で三方を開放し、朱塗りの手すりを周りにめぐらせた優雅な建築物で、この櫓によって松本城はさらに写真映えする城となっています。平和な時代に増築された月見櫓は、武備はまったくありません。

 天守の建物に月見櫓が接続しているという造りは松本城だけで、美しい外観だけではなく構造的にも見どころが多い城となっています。


TOP10はこちら!

 TOP10には、名城として知られる全国のお城がランクインしました。

 4位の元離宮二条城は1994年に、「古都京都の文化財」として世界遺産に登録されました。本丸の四方を二の丸で取り囲む構造で、戦をするための城としては守りは堅牢とまでは言い難いのですが、庭園や車寄せから見た姿が美しいことで知られます。

 5位の鶴ヶ城は、会津若松にある、約1,000本の桜に囲まれた赤瓦の名城です。白壁に赤瓦の鶴ヶ城は外観が美しいだけでなく、戊辰戦争で1カ月にも渡る攻防戦に耐えたことから「難攻不落の名城」としても知られます。明治7年に取り壊されましたが、1965年に再建。2011年の大改修で天守閣の瓦が解体前と同じ赤瓦が再現されました。赤瓦を使った天守閣は日本国内で鶴ヶ城だけです。

 gooランキングでは、35位までの全ランキングを公開しています。


<日本一美しい「城」ランキング TOP10>

1位:姫路城(兵庫県)

2位:熊本城(熊本県)

3位:松本城(長野県)

4位:元離宮二条城(京都府)

5位:鶴ヶ城(福島県)

6位:大阪城(大阪府)

7位:名古屋城(愛知県)

8位:彦根城(滋賀県)

9位:松江城(島根県)

10位:弘前城(青森県)

[工藤ひろえ]