エンタメ

かっこいい!刑事役が似合う50代俳優ランキング! 2位は沢村一樹、3位は仲村トオル。1位は、ドラマも映画も伝説級ヒット作となった湾岸署の熱血刑事!

[2020/8/20 10:26]

 いつの時代も人気を集める刑事ドラマ。毎シーズン、様々な刑事ドラマが放送され、多くの俳優が刑事役を演じてきました。そんな刑事ドラマに欠かせないのが、ベテラン刑事。ドラマ全体では、中高齢男性が主役になる作品は多くありませんが、こと刑事ドラマに限っては話は別。

 ベテラン刑事が主役のドラマも数多くあり、刑事ドラマを代表する作品「相棒」では、主役の水谷豊さんは68歳、相棒の反町隆史さんも46歳と、経験の重みを感じさせる2人が演じて高視聴率をキープしています。

 NTTレゾナントが運営するランキングサイト「gooランキング」では、刑事ドラマを支えるベテラン俳優の魅力を探るべく、刑事役が最高にかっこよかった50代の俳優について調査を実施。20~40代男女500名の複数回答をもとに、ランキングを発表しました。



1位は、「織田裕二」!

 1997年に放送が開始された「踊る大捜査線」シリーズの主人公・青島俊作役でおなじみの織田裕二さん。手に汗握るストーリー展開はもちろん、個性豊かな登場キャラクターも魅力の1つでした。

 映画版でのせりふ「事件は会議室で起きてるんじゃない!現場で起きてるんだ!」はあまりに有名。この作品で織田裕二さんは、誰よりも熱く真っすぐで仲間思いの青島俊作役を演じ、トレードマークであるカーキのモッズコートをなびかせながら走る姿や、誰に対しても真剣に向き合う姿勢がかっこよかったと感じた人が多数。1位となりました。

2位は、「沢村一樹」!

 2010年から放送されている人気シリーズ「絶対零度」。同作のSeason3から主役・井沢範人役を演じているのが沢村一樹さんです。

 井沢は未然犯罪捜査班のリーダーでありながらつかみどころのないひょうひょうとした穏やかな性格。しかし、暗い過去を持っており、ときに凶暴なほどの強い感情をあらわにする場面も。その迫真の演技に引き込まれた視聴者も多かったのではないでしょうか。

 また、2019年に放送された「刑事ゼロ」(テレビ朝日系)では、記憶をなくした刑事・時矢暦彦役を演じており、記憶を失う前と後との真逆のキャラクターを見事演じきりました。


3位は、「仲村トオル」!

 1986年に初回が放送されるやいなや話題となり、大きなブームを巻き起こした伝説の刑事ドラマ「あぶない刑事」をはじめ、多くの作品で刑事役を演じてきた仲村トオル。落ち着きのあるたたずまいや渋い声が刑事役にぴったり。

 2016年に公開された映画「64-ロクヨン-」では、県警本部警務部の二渡真治役を演じ、本作と連動する形でドラマ化された「刑事の勲章」(TBS系)では主演を務めました。


TOP10はこちら!

 TOP10には、年齢とともにカッコよさに磨きがかかり、ますます輝きを増している俳優が並びました。

 4位の柳葉敏郎さんは、「踊る大捜査線」シリーズで、織田裕二さん演じる熱血刑事・青島俊作がたびたび反発する警視庁キャリア組・室井慎次管理官を演じたほか、浅野ゆう子さん主演の「財務捜査官 雨宮瑠璃子」シリーズでも刑事役を演じています。

 5位の堤真一さんは、近年は映画の仕事がメインのため、刑事ドラマはSPシリーズだけなのですが、1シーズンの連続ドラマとスペシャルドラマ2本で5位にランクインするところに、堤真一さんの存在感の大きさを感じさせられます。

 gooランキングでは、38位までの全ランキングを公開しています。


<かっこいい!刑事役が似合う50代俳優ランキング TOP10>

1位:織田裕二
   踊る大捜査線シリーズ

2位:沢村一樹
   絶対零度~未然犯罪潜入捜査~シリーズ 他

3位:仲村トオル
   刑事の勲章 他

4位:柳葉敏郎
   踊る大捜査線シリーズ 他

5位:堤真一
   SPシリーズ

6位:阿部寛
   新参者シリーズ

7位:佐々木蔵之介
   シャーロック 他

8位:唐沢寿明
   ボイス 110緊急指令室 他

8位:北村一輝
   シグナル 長期未解決事件捜査班 他

10位:江口洋介
   石つぶて ~外務省機密費を暴いた捜査二課の男たち~ 他

[工藤ひろえ]