アニメ・マンガ

原作と実写映画のシンクロ率が100%だった役者ランキング! 2位は「デスノート」松山ケンイチ、3位は「テルマエ・ロマエ」阿部寛。1位は、見事な殺陣と美形ぶりで原作ファンを魅了した俳優!

[2020/8/21 12:24]

 人気漫画やアニメが実写化されるたびに話題になるのがキャスティング。世界観や表現方法への賛否もありますが、キャストによって「イメージ通り」と賞賛されることもあれば、「イメージと違う」と厳しい意見が飛び交うことも。

 NTTレゾナントが運営するランキングサイト「gooランキング」では、原作と実写映画のシンクロ率が100%だったと思う役者について調査を実施。20~40代男女500名の複数回答をもとに、ランキングを発表しました。



1位は、「佐藤健」!

左:タレントデータバンクより、右:Amazonより

 甘いマスクと確かな演技力で、テレビドラマや映画に引っ張りだこの佐藤健さん。

 映画「るろうに剣心」シリーズでは、左頬に大きな十字傷がある赤髪の主人公・緋村剣心を熱演。最強の人斬りに恥じぬ抜群のアクション、見事な殺陣を披露し注目を集めました。

 一見線が細くおだやか、それでいて時折殺伐とした人斬りの顔も見せる…そんな緋村剣心の二面性が見事にはまっていたと話題になりました。

 ちなみに映画「るろうに剣心」は、今年夏に最終章の2部作が公開される予定でしたが、コロナ禍により公開を延期。2021年のゴールデンウィーク公開に変更されました。


2位は、「松山ケンイチ」!

左:タレントデータバンクより、右:Amazonより

 コミカルな役からシリアスな役まで幅広く演じ分けることができる演技派俳優・松山ケンイチさん。演じる役柄によってルックスや話し方はもちろん、身にまとう雰囲気や体型まで大きく変えてしまう松山ケンイチさんは“カメレオン俳優”の代表的な存在。

 映画「デスノート」シリーズでは、主人公と対峙する探偵・L(エル)役を怪演。背の高い松山ケンイチさんは、子どものような原作のLとは体型が大きく異るにも関わらず、原作ファンからも「Lそのもの!」と絶賛され大ブレイクしました。


3位は、「阿部寛」!

左:タレントデータバンクより、右:Amazonより

 189cmという長身スレンダーな体形と、彫りの深い整った目鼻立ちで男女問わず高い人気を集めている俳優・阿部寛さん。

 映画「テルマエ・ロマエ」シリーズでは、主人公の古代ローマ人・ルシウスを演じました。原作が数々の賞を受賞した大人気作品で、古代ローマ人の世界が舞台だけに、実写映画化が発表された時点では難色を示すファンも。ところが、キャストが発表された瞬間に期待の声が多数上がりました。

 彫りが深く濃い顔立ちという日本人離れしたルックスだけでなく、自らも中央大学理工学部電気工学科卒でこだわりの強い理系オトコ役がハマる阿部寛さんは技術者のルシウスにぴったり!と高く評価されました。


TOP10はこちら!

 アニメや漫画原作の実写化作品は、イメージが違うと原作ファンから厳しい批判を浴びることが少なくありませんが、逆にばっちりハマると出演俳優さんが一気に大ブレイクすることも。

 TOP10には、原作ファンからも称賛されたキャストが並びました。原作では子どものようなデスノートのLを180cmの長身モデル体型で演じた松山ケンイチさん、巨漢である闇金ウシジマくんの丑嶋馨を演じた山田孝之さんなど、必ずしも原作そのままの体型ではないのに、キャラクターの雰囲気を見事に再現した俳優さんの演技力は凄いの一言ですね。

 「翔んで埼玉」のGACKTさんも、40代でありながら高校生役を演じてまったく違和感がない美貌に、改めて驚きの声があがりました。

 gooランキングでは、61位までの全ランキングを公開しています。


<原作と実写映画のシンクロ率が100%だった役者ランキング TOP10>

1位:佐藤健
   「るろうに剣心シリーズ」緋村剣心

2位:松山ケンイチ
   「デスノートシリーズ」L/竜崎

3位:阿部寛
   「テルマエ・ロマエシリーズ」ルシウス

4位:藤原竜也
   「カイジシリーズ」伊藤カイジ

5位:山田孝之
   「闇金ウシジマくんシリーズ」丑嶋馨

6位:藤原竜也
   「デスノートシリーズ」夜神月

7位:生瀬勝久
   「ヤッターマン」ボヤッキー

8位:宮崎あおい
   「NANA」小松奈々(ハチ)

9位:GACKT
   「翔んで埼玉」麻実麗

10位:橋本環奈
   「銀魂シリーズ」神楽

[工藤ひろえ]