エンタメ

バディがかっこいいテレビドラマランキング! 2位「相棒」、3位「あぶない刑事」。1位は、「事件は会議室で起きているんじゃない!」など名台詞多数のあのドラマ!

[2020/9/10 11:54]

 これまでに放送されてきた数々のテレビドラマの中には、視聴者の心をつかんだ名バディが登場する作品も少なくありません。それぞれ個性的な2人が協力し難題に立ち向かう姿に目頭が熱くなった人も多いのではないでしょうか。

 NTTレゾナントが運営するランキングサイト「gooランキング」では、バディがかっこよかった作品について調査を実施。20~40代男女500名の複数回答をもとに、ランキングを発表しました。



1位は、「踊る大捜査線」!

Amazonより

 1997年に放送された「踊る大捜査線」(フジテレビ系)。サラリーマン出身の異色の刑事・青島俊作を織田裕二さんが務め、キャリア組である警察官僚・室井慎次を柳葉敏郎さんが演じました。

 事件解決のためなら非情な対応もいとわない警視庁サイドの室井と、自分の信念を持ち事件に立ち向かう青島が、対立しながらも事件を解決する中で、少しずつ信頼関係を築いていく姿をみて、多くの視聴者が胸を熱くしました。

 脇を固める個性豊かなキャラクターも魅力で、スピンオフ作品も大ヒットを記録。今なおファンの多い「踊る大捜査線」が1位に輝きました。


2位は、「相棒」!

Amazonより

 2000年に放送開始した「相棒」シリーズ。頭の切れる特命係の刑事・杉下右京を水谷豊さんが演じる「相棒シリーズ」は、今年で20年目ながら高視聴率を続けるテレビ朝日の看板番組です。今年10月からは、season19が放送されます。

 杉下右京の相棒役は、初代の寺脇康文さんから、及川光博さん、成宮寛貴さんとバトンタッチし、現在の4代目相棒役は反町隆史さんが演じています。

 初代の亀山薫(寺脇康文さん)は捜査一課の刑事から特命係に左遷。二代目相棒の神戸尊(及川光博さん)は右京のスパイ役として送りこまれ、三代目相棒の刑事・甲斐享(成宮寛貴さん)は最後に衝撃の結末を迎えます。現在の四代目相棒・冠城亘(反町隆史)は元法務省のエリート官僚から警視庁へ出向した変わり種と、相棒役の俳優が交代すると同時にバディの役どころが変わるのも見どころ。

 現在のバディ・反町隆史さんは2014年Season14から登場。Season1から、Season7第9話まで相棒を務めた寺脇康文さんに次いで登場話数が多くなっています。

3位は、「あぶない刑事」!

Amazonより

 今なお多くのファンを持つ伝説の刑事ドラマ「あぶない刑事」。1986年に放送が開始され、最高視聴率26.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と社会現象にもなりました。

 女性に優しく悪を許さない舘ひろしさん演じるタカと、弱者を放っておけない正義漢の柴田恭兵さん演じるユージの軽快なやり取りに魅了される人が多数。当時としては珍しい英語ボーカルの挿入歌もドラマのスタイリッシュな雰囲気にマッチしていました。

 2016年には劇場版「さらば あぶない刑事」がシリーズファイナルとして公開。歳を重ねてさらに大人の魅力が高まった2人の姿も大きな話題になりました。


TOP10はこちら!

 gooランキングでは、60位までの全ランキングを公開しています。


<バディがかっこいい!テレビドラマランキング TOP10>

1位:踊る大捜査線
   織田裕二×柳葉敏郎

2位:相棒
   水谷豊×寺脇康文、及川光博、成宮寛貴(引退)、反町隆史

3位:あぶない刑事
   舘ひろし×柴田恭兵

4位:古畑任三郎シリーズ
   田村正和×西村まさ彦

5位:野ブタ。をプロデュース
   亀梨和也(KAT-TUN)×山下智久

6位:ビーチボーイズ
   反町隆史×竹野内豊

7位:海猿 UMIZARU EVOLUTION
   伊藤英明×仲村トオル、佐藤隆太

8位:今日から俺は!!
   賀来賢人×伊藤健太郎

9位:TRICK
   阿部寛×仲間由紀恵

10位:SPEC ~警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿~
   戸田恵梨香×加瀬亮

[工藤ひろえ]