エンタメ

いい役者だなあと思うミュージシャンランキング! 2位は星野源、3位は及川光博。1位はやっぱり、NHK大河でも主演した長身イケメンミュージシャン!

[2020/9/18 11:26]

 音楽活動だけにとどまらず、さまざまな分野で活躍するミュージシャン。映画やドラマでもその才能を開花させているミュージシャンは意外に多く、抜群の存在感と確かな演技力で見る人を引きつけています。

 NTTレゾナントが運営するランキングサイト「gooランキング」では、いい役者だなあと思うミュージシャンについて調査を実施。20~40代男女500名の複数回答をもとに、ランキングを発表しました。



1位は、「福山雅治」!

 今年3月に音楽デビュー30周年を迎えた福山雅治さん。

 数々のヒット曲を持つ福山雅治さんですが、2000年4月にリリースされた「桜坂」では初のダブルミリオンを達成。累計売り上げ229.9万枚という数字は、現在も彼の最高記録となっています。

 シンガーソングライターとして目覚ましい活躍を続ける一方、抜群のルックスと高い演技力でNHK大河ドラマ「龍馬伝」や、映画「真夏の方程式」「そして父になる」など、多くの作品で主演を務めてきました。

 外見のかっこよさはもちろん、トークの面白さにも定評があり、男女問わず人気を集めています。そんな世代・性別を超えて愛されている福山雅治さんが1位となりました。


2位は、「星野源」!

 シンガーソングライター、俳優、エッセイストなどマルチに活躍する星野源さん。

 2000年にバンドSAKEROCKを結成し、音楽活動をスタート。2010年に1stアルバム「ばかのうた」をリリースし、ソロデビューしました。

 2013年には公開された映画「箱入り息子の恋」「地獄でなぜ悪い」に出演し、第37回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。2016年に出演したテレビドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」(TBS系)で大ブレイクし、主題歌として起用された楽曲「恋」は番組エンディングの“恋ダンス”とともに爆発的なヒットとなりました。

 最近では今月最終回を迎えた「MIU404」での好演が記憶に新しいところ。SNS上では“MIUロス”になる人が続出しました。


3位は、「及川光博」!

Amazonより

 “ミッチー”の愛称で愛され続ける及川光博さん。

 福山雅治さん・星野源さんとは逆に俳優業がメインで活躍する彼は、1996年発売のシングル「モラリティー」で歌手デビューし、オリジナリティーのある音楽性とまるで王子様のような顔立ちで多くのファンを魅了してきました。

 1998年に放送されたテレビドラマ「WITH LOVE」で俳優活動を開始すると、以降22年連続でテレビドラマに出演し、俳優としても大活躍。

 主演にふさわしい華と知名度、実績を持ちながら、脇役として多くの作品を盛り上げてきました。現在放送中のテレビドラマ「半沢直樹」(TBSテレビ系)でも、半沢の頼もしい親友として前シリーズに引き続き出演中です。


TOP10はこちら!

 TOP10には、ミュージシャン・歌手としても、俳優としても大活躍してきた10人が並びました。

 4位にランクインした海援隊の武田鉄矢さんは、1979年から2011年まで断続的に続いたテレビドラマシリーズ「3年B組金八先生」でおなじみ。「101回目のプロポーズ」の「ぼくは死にましぇーん!」というセリフはたびたびネタとして使われていますし、大河ドラマにもたびたび重要な役で出演しています。このため、若い人ではミュージシャンであることを知らない人もいるようです。

 5位の吉川晃司さんは、テレビドラマの出演本数はそこまで多いわけではないのですが、大河ドラマの「天地人」「八重の桜」、TBS「下町ロケット」、NHK「精霊の守り人」など、印象的で男性も憧れるカッコいい男性像を演じることが多く、芸能人でも吉川晃司さんに憧れる人が少なくないよう。サンドウィッチマンの富澤たけしさんは吉川晃司さんのアッシュヘアに憧れてアッシュに染めたものの、CM撮影のため数日で黒髪に染め直したというエピソードを披露していました。

 gooランキングでは、60位までの全ランキングを公開しています。


<いい役者だなあと思うミュージシャンランキング TOP10>

1位:福山雅治

2位:星野源

3位:及川光博

4位:武田鉄矢(海援隊)

5位:吉川晃司

6位:ディーン・フジオカ

7位:泉谷しげる

8位:夏木マリ

9位:GACKT

10位:西川貴教(T.M.Revolution)

[工藤ひろえ]