アニメ・マンガ

最も声がはまっていたジャンプアニメの主人公ランキング! 2位はルフィ、3位は両津勘吉。1位は30年以上も続いたアニメで、子も孫もいるあの主人公!

[2020/10/23 10:58]

 漫画には声はついていませんが、お気に入りの漫画作品は何度も読んでいるうちに、なんとなく自分の中で声のイメージもできているもの。このため、アニメ化された時にキャラクターの声に違和感を覚えることも。

 逆に、原作漫画よりアニメ作品を先に視聴した場合は、最初に声を当てた声優以外の声は考えられないほどに、最初の声が刷り込まれることがあります。

 NTTレゾナントが運営するランキングサイト「gooランキング」では、これまで数多くの作品が放送されてきた「週刊少年ジャンプ」の漫画を原作とするアニメの中で、最も声がはまっていた主人公について調査を実施。3,447票が寄せられたアンケート調査の結果をもとに、ランキングを発表しました。



1位は、「孫悟空」!

コミックス表紙(Amazonより)

 「ドラゴンボール」シリーズから「孫悟空」が1位に選ばれました。1986年にテレビアニメ化されると、その後「ドラゴンボールZ」「ドラゴンボールGT」「ドラゴンボール改」「ドラゴンボール超」と続編アニメが放送され、劇場版アニメもこれまでに20作品が公開されており、30年以上にわたりアニメファンを楽しませてきました。

 ベテラン声優・野沢雅子さんが、アニメ第1話の悟空が少年だった頃からCV(キャラクター・ボイス)を務め、悟空が成長して子どもができ孫ができても一貫して演じ続けてきただけに、野沢雅子さん以外の悟空を想像することすら難しく、最多の票を集めました。


2位は、「モンキー・D・ルフィ」!

コミックス表紙(Amazonより)

 続いては、「ONE PIECE」の「モンキー・D・ルフィ」が2位にランクイン。1997年に原作漫画の連載が開始され、2015年には「最も多く発行された単一作者によるコミックシリーズ」としてギネス世界記録に認定されました。

 1999年にテレビアニメの放送が始まり、2019年で20周年。現在も続く長寿アニメとなっています。ルフィのCVは、少年役を得意とする田中真弓さんが放送開始時から20年以上にわたり担当。こちらも1位の孫悟空と同じく、田中真弓さんの声以外は考えられないという声が多く、上位となりました。


3位は、「両津勘吉」!

コミックス表紙(Amazonより)

 3位には「こちら葛飾区亀有公園前派出所」の「両津勘吉」がランクイン。1976年に連載が開始され、40周年を迎えた2016年に惜しまれながら連載終了となった本作。こちらは「最も発刊巻数が多い単一漫画シリーズ」としてギネス世界記録に認定されています。

 テレビアニメで両津勘吉を演じたのは、お笑いトリオ・コント赤信号のラサール石井さん。アニメ化されたのは原作が始まって20年が経った1996年で、視聴者の中で声のイメージが固まっていたことで違和感を覚えた人も多かったようですが、その後2004年まで8年にわたってレギュラー放送されたことで、ラサール石井さん以外の声は想像できないと言われるほどに定着しました。


TOP10はこちら!

 TOP10にはジャンプ人気を支えてきた人気作品がずらり。数多くのアニメで主人公を演じてきた神谷明さんは、シティハンターの冴羽りょう、北斗の拳のケンシロウでランクインしています。

 数十年にもわたって愛され続けたジャンプアニメ作品が並ぶ中、2019年に初めてアニメ化され、社会的な大ブームを巻き起こした「鬼滅の刃」で主人公の竈門炭治郎を演じた花江夏樹さんが8位にランクインしました。

 ちなみにアニメ版「鬼滅の刃」は、主要キャストである主人公・竈門炭治郎とその妹・禰豆子、我妻善逸、嘴平伊之助についてはオーディションで声優が決定したことが明らかにされています。

 「鬼滅の刃」は、10月16日に劇場版が公開され、3日で46億円という、過去の記録を塗り替える興行収入を叩き出しました。加藤勝信官房長官が記者会見で「記録的な観客数の動員は、コロナ禍における映画産業に大変大きな貢献」とコメントするなど、コロナ禍の現代に明るい話題をもたらしました。海外でもこの爆発的な興行収入が注目され、いくつもの記事になっています。

 gooランキングでは、58位までの全ランキングを公開しています。


<最も声がはまっていたジャンプアニメの主人公ランキング TOP10>

1位:孫悟空/CV:野沢雅子
   「ドラゴンボール」

2位:モンキー・D・ルフィ/CV:田中真弓
   「ONE PIECE」

3位:両津勘吉/CV:ラサール石井
   「こちら葛飾区亀有公園前派出所」

4位:坂田銀時/CV:杉田智和
   「銀魂」

5位:冴羽りょう/CV:神谷明
   「シティーハンター」

6位:ケンシロウ/CV:神谷明
   「北斗の拳」

7位:則巻アラレ/CV:小山茉美
   「Dr.スランプ アラレちゃん」

8位:日向翔陽/CV:村瀬歩
   「ハイキュー!!」

9位:竈門炭治郎/CV:花江夏樹
   「鬼滅の刃」

10位:越前リョーマ/CV:皆川純子
   「テニスの王子様」

[工藤ひろえ]