エンタメ

一番好きな二世俳優ランキング! 2位は香川照之、3位は松田翔太。1位は、元内閣総理大臣の父・現環境大臣の弟を持つさわやかなイケメン俳優!

[2020/10/29 10:31]

 有名人の親を持ち、芸能界で活動する二世タレントは少なくありません。二世であることが広く知られている人もいれば、あまり知られていないけれど、実は二世であるという人も。

 NTTレゾナントが運営するランキングサイト「gooランキング」では、一番好きな二世俳優について調査を実施。20~40代男女500名の複数回答をもとに、ランキングを発表しました。



1位は、「小泉孝太郎」!

 さわやかで親しみやすい雰囲気と、目鼻立ちの整った美しいルックスで人気の小泉孝太郎さん。

 大ヒットシリーズ「踊る大捜査線」や、「ハケンの品格」(日本テレビ系)など多くの作品に出演しています。正直な好青年役や頼りないイケメン役などがはまり、誠実でさわやかな印象が定着しました。

 そんな彼の父は元内閣総理大臣・小泉純一郎議員、弟は現環境大臣の小泉進次郎議員。芸能人ではないので厳密には芸能二世ではないのですが、小泉元首相は在任時カリスマ的人気を誇り、自民党が制作したポスターが争奪戦になるほど。ブームの中で長男の小泉孝太郎さんにも注目が集まり、芸能界デビューが決定しました。

 とはいえ、二世すべてに言えることですが、七光だけで人気が維持できるほど甘くないのが芸能界。小泉孝太郎さんはさわやかな魅力でドラマや映画にひっぱりだことなり、TBSの人気ドラマ「下町ロケット」ではそれまでのイメージを打ち破る悪役に挑戦し、高く評価されています。

 親友で俳優のムロツヨシとは家族ぐるみでの付き合いがあることでも知られており、今年9月にはムロツヨシと旅をする特番が放送され、その飾らない姿でファンを魅了していました。


2位は、「香川照之」!

 歌舞伎役者・市川中車(九代目)としても活躍する俳優の香川照之さん。先月最終回を迎えた大人気テレビドラマシリーズ「半沢直樹」(TBSテレビ系)では前シリーズに引き続き大和田暁役で出演し、存在感あるキャラクターで視聴者を魅了しました。

 そんな彼も二世俳優のひとり。父親は歌舞伎役者の市川猿翁(2代目)さんで、母親が元宝塚歌劇団雪組トップ娘役だった女優・浜木綿子さんという芸能界のサラブレッドです。

 幼い時に両親が離婚して、歌舞伎界とは離れて育った香川照之さんですが、才能は両親からしっかり受け継ぎ、魅力ある演技で見る人を惹きつけています。


3位は、「松田翔太」!

 洗練された都会派な雰囲気と抜群のルックスで、 多くのテレビドラマや映画で活躍中の松田翔太さん。中でも松本潤(嵐)、小栗旬、阿部力らと共にお金持ちのイケメン男子高校生“F4”の西門総二郎役を演じた「花より男子」シリーズはあまりにも有名です。また、auのテレビCM「au三太郎シリーズ」でも、“桃ちゃん”こと桃太郎役をユーモアたっぷりに演じておなじみ。

 そんな彼の父親は、伝説の俳優・松田優作さん。母親も女優の松田美由紀さんという、こちらも芸能界のサラブレッドです。2018年には、大相撲第58代横綱・千代の富士を父に持つ二世タレントの秋元梢さんと結婚を発表し、大きな話題となりました。今年は3月公開の映画「一度死んでみた」や現在公開中の「望み」に出演しています。


TOP10はこちら!

 TOP10には、「え、この人も?」と思ってしまうほどの大物俳優がずらりと並びました。

 4位の新田真剣佑さんは、日本の元祖アクション俳優・千葉真一さんの長男。米国で育ち、幼少の頃から空手・器械体操・水泳・ピアノなどを習い、空手はロサンゼルスの大会で優勝するほどの腕前。16歳からアメリカで映画に出演するなど芸能活動を開始し、18歳から日本で活動を開始。父親譲りの超イケメンぶりにすぐ注目が集まり、人気俳優となりました。

 5位の工藤阿須加さんは、小泉孝太郎さんと同様、父親は畑違いの有名人。現ソフトバンクホークス工藤公康監督の長男。2012年、日本テレビのドラマ「理想の息子」で俳優デビュー。2014年には大ヒットしたTBSドラマ「ルーズヴェルト・ゲーム」の投手役にオーディションで選ばれ、現役時代に最多奪三振2回、最優秀防御率4回、年間MVP2回の表彰歴をもつ名投手・工藤公康監督の長男ということもあり大ブレイクしました。

 gooランキングでは、48位までの全ランキングを公開しています。


<一番好きな二世俳優ランキング TOP10>

1位:小泉孝太郎

2位:香川照之(九代目・市川中車)

3位:松田翔太

4位:新田真剣佑

5位:工藤阿須加

6位:柄本佑

7位:田村正和

8位:松田龍平

9位:佐藤浩市

10位:中井貴一

[工藤ひろえ]