エンタメ

【2020年版】最もブレークした女優ランキング! 2位は上白石萌音、3位は浜辺美波。1位は、写真集が60万部を突破し大ブームを巻き起こしたフリーアナウンサー!

[2020/12/18 12:38]

 2020年も残りわずか。今年もテレビドラマや映画で多くの女優たちが活躍してきました。

 毎年、人気ドラマなどがきっかけでブレークし、輝くスターの座をつかむ女優が現れます。では、視聴者の心に残る演技や魅力で、2020年に大ブレークした女優はいったい誰なのでしょうか。

 NTTレゾナントが運営するランキングサイト「gooランキング」では、今年最もブレークしたと思う女優について調査を実施。20~40代男女500名の複数回答をもとに、ランキングを発表しました。



1位は、「田中みな実」!

 1位に輝いたのは、意外にも女優ではなく、元TBSアナウンサーであり、現在はフリーアナウンサーとして活動している田中みな実さんでした。

 かつてはぶりっ子キャラで注目を集めた彼女ですが、最近は路線変更。女性向け美容雑誌で自身の美容法を紹介するなど、すっかり美容系アナウンサーの地位を確立しました。彼女の紹介した商品がバカ売れする“みな実売れ”という言葉まで誕生し、昨年末に発売された1st写真集「Sincerely yours...」(宝島社)は、累計発行部数60万部突破の記録を樹立しました。

 今年は女優としても大活躍。「M 愛すべき人がいて」(テレビ朝日系)での怪演が注目を集め、彼女を主人公にしたスピンオフドラマ「L 礼香の真実」も話題になりました。独立したことでアナウンサーの枠を超えた活躍で話題を振りまいた2020年。2021年以後の活躍も大注目です。


2位は、「上白石萌音」!

 女優、歌手として活動する上白石萌音さん。映画「君の名は。」の宮水三葉役(声優)や、「L♡DK ひとつ屋根の下、『スキ』がふたつ。」の西森葵役など多くの役に挑戦し、女優として実力をつけてきました。

 そんな彼女は、今年1月に放送が開始された大ヒットドラマ「恋はつづくよどこまでも」(TBS系)の主人公・佐倉七瀬を演じたことで、一気に大ブレーク。

 歌声にも定評があり、歌手としても活躍。音楽番組にも多数出演し、透明感と伸びのある歌声で多くの人を魅了しています。2021年放送の大河ドラマ「青天を衝(つ)け」への出演も決定。2021年も快進撃は続きそうです。


3位は、「浜辺美波」!

 今年、テレビドラマや映画に引っ張りだこだった浜辺美波さん。

 今年1年間で、映画「思い、思われ、ふり、ふられ」、テレビドラマ「アリバイ崩し承ります」(テレビ朝日系)、「私たちはどうかしている」(日本テレビ系)など、合計6作品に出演し、大忙しの年となりました。

 特に、「私たちはどうかしている」で演じた主人公・花岡七桜の着物姿はぴったりキマっていて「美しすぎる」「かっこいい」とSNSで話題となりました。最近はバラエティー番組に出演する機会も増え、意外にユーモアあふれる愛らしいキャラクターも大人気。3位となりました。


TOP10はこちら!

 TOP10には、今年テレビでの露出が大幅に増え、お茶の間でもおなじみになった女優が並びました。

 上白石萌音さん・上白石萌歌さんは、姉妹揃ってのランクイン。妹の上白石萌歌さんは20歳で大学在学中ながら、2020年は「僕はどこから」(テレビ東京系)、「ファーストラヴ」(NHK BSプレミアム)、「天使にリクエストを〜人生最後の願い〜」(NHK総合)の3本のドラマに出演するなど、大活躍しています。姉妹そろって声がよく歌がうまいのも共通していて、背も高すぎないことから相手役も限定されないなど、可能性は無限大。今後は姉妹ならではの共演も期待したいところです。

 4位の森七菜さんは、2019年に雑誌「日経トレンディ」で「来年の顔」に選ばれましたが、その予測通り、今年はNHKの朝ドラ「エール」で二階堂ふみさんが演じるヒロインの妹という重要な役どころで出演。また、来週12月22日(火)に最終回を迎えるTBSの「この恋あたためますか」で連続ドラマ初主演を果たすなど、女優として大きくステップアップした1年となりました。

 gooランキングでは、60位までの全ランキングを公開しています。


<【2020年版】最もブレークした女優ランキング TOP10>

1位:田中みな実
   フリーアナウンサー

2位:上白石萌音

3位:浜辺美波

4位:森七菜

5位:上白石萌歌

6位:川口春奈

7位:松本まりか

8位:橋本環奈

9位:今田美桜

10位:白石麻衣

[工藤ひろえ]