エンタメ

2021年で「40歳」と聞いて驚く女性有名人ランキング! 2位は柴咲コウ、3位は安倍なつみ。1位は「同情するなら金をくれ!」のセリフが流行語になったあの女優!

[2021/2/3 12:05]

 芸能界には、実年齢よりはるかに若く見える有名人が多く存在します。今年40歳を迎える女性有名人でも、とても40歳に見えない若々しい人が多数。

 NTTレゾナントが運営するランキングサイト「gooランキング」では、2020年に40歳になると知って驚いた女性有名人について調査を実施。20~40代男女500名の複数回答をもとに、ランキングを発表しました。



1位は、「安達祐実」!

 幼い頃から子役として活動を続けてきた女優・安達祐実さん。

 1994年に放送されたドラマ「家なき子」(日本テレビ系)で主演を務め大ブレイク。絵に描いたような美少女の安達祐実さんがゴミ箱を漁って食べ残しのハンバーガーを食べ、眉をひそめる大人たちに「同情するなら金をくれ!」というぐうの音も出ない正論を吐く姿は視聴者に衝撃を与えました。「同情するなら金をくれ!」は新語・流行語の年間大賞にも選ばれ、「家なき子」は大ブームを巻き起こしました。

 そんな彼女も、今年40歳を迎えます。昨年の39歳の誕生日には、SNSに投稿された写真があまりにも若々しいことから、「誕生日って歳とる日ですよね?」「まだ23歳?」「美しすぎる」などのコメントが殺到。美貌と、少女時代の愛らしさは変わらないまま、今年40歳と知って驚く人が多数。1位となりました。

2位は、「柴咲コウ」!

Amazonより

 はっきりとした目鼻立ちで、正統派美人として知られる女優の柴咲コウさん。テレビドラマや映画のみならず、アーティストとして音楽活動も行うなど、幅広く活動しています。

 柴咲コウさんといえば、見ている人が思わず引き込まれてしまうような、意思を感じる強い目力が印象的。2017年に放送されたNHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」では、戦国時代の遠江井伊家の当主・井伊直虎を演じ、そのときの強く鋭い眼差しは多くの人を魅了しました。

 そんな彼女も今年40歳。いつ見ても変わらない美貌を保ち続けているだけに、実年齢を知って驚いた人が多数。2位となりました。


3位は、「安倍なつみ」!

 元モーニング娘。の初期メンバーとして活躍した安倍なつみさん。くりっとしたつぶらな瞳とヘルシーなショートカットのヘアスタイルがトレードマークで、“なっち”の愛称で親しまれてきました。

 デビュー以来不動のセンターポジションで活躍し、ルックスやパフォーマンスはもちろん、その持ち前の明るさと親しみやすさから、男女問わず圧倒的な人気を集めました。

 モーニング娘。卒業後は、ソロの歌手として精力的に活動。ミュージカルでは、話題作に次々出演しました。そんな彼女も今年40歳。特にデビュー当時を知っているファンにとっては驚きを隠せない人が多く、3位となりました。

TOP10はこちら!

 TOP10には、女優、歌手、芸人など幅広いジャンルで活躍する“ことし40歳”の女性有名人が並びました。

 4位にランクインしたお笑いコンビ・メイプル超合金の安藤なつさんは、身長170cmと背が高くぽっちゃり体型と眼鏡、サザエさんの妹・ワカメちゃんのようなヘアスタイルがトレードマーク。2019年11月には6歳年下の一般男性との結婚を発表。2020年には自身のYouTubeチャンネル「メイプル超合金安藤なつ」を開設し、おいしそうに食べるASMR動画などが人気となっています。

 5位の池脇千鶴さんは、現在主演ドラマ「その女、ジルバ」(東海テレビ制作/テレビ東京系)が放送中。40歳で大手百貨店をリストラされた女性が、平均年齢70歳という高齢ホステスのバーで働きはじめ、生きる喜びを取り戻していくというストーリー。演じる池脇千鶴さんも今年40歳を迎えるため等身大のドラマともいえますが、ふだん若々しい池脇千鶴さんは、ドラマの役作りのため“限界まで太った”とのこと。美しさよりも役を体現することにこだわる女優魂を見せています。

 gooランキングでは、55位までの全ランキングを公開しています。


<2021年で「40歳」と聞いて驚く女性有名人ランキング TOP10>

1位:安達祐実
   1981年9月14日

2位:柴咲コウ
   1981年8月5日

3位:安倍なつみ
   1981年8月10日

4位:安藤なつ(メイプル超合金)
   1981年1月31日

5位:池脇千鶴
   1981年11月21日

5位:鳥居みゆき
   1981年3月18日

7位:片瀬那奈
   1981年11月7日

8位:安めぐみ
   1981年12月22日

9位:乙葉
   1981年1月28日

10位:内山理名
   1981年11月7日

[工藤ひろえ]