エンタメ

名前の読み方が分からない男性芸能人ランキング! 2位は宮沢氷魚、3位は眞栄田郷敦。1位は、仮面ライダーチェイサー役がカッコよかった俳優!

[2021/3/6 11:13]

 芸能界には、個性的な名前を持つ有名人が多数存在します。中には、個性的ゆえに読み方が分からないという人も。

 NTTレゾナントが運営するランキングサイト「gooランキング」では、名前の読み方が分からない男性芸能人について調査を実施。20~40代男女500名の複数回答をもとに、ランキングを発表しました。



1位は、「上遠野太洸」!

 整った顔立ちと、どこかアンニュイな雰囲気が魅力的な俳優・上遠野太洸さん。2010年に開催された「第23回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」でグランプリを受賞して芸能界入り。2011年の「花ざかりの君たちへ〜イケメン☆パラダイス〜2011」でドラマデビューし、「仮面ライダー」シリーズの仮面ライダーチェイサー役など、数々のテレビドラマや映画、舞台などで活躍しています。

 そんな彼の名前の読み方は“かとおの たいこう”。漢字1つ1つはそれほど難しいものではありませんが、見慣れない漢字の並びから読み方が分からないという人が多数。名字も名前もどちらも珍しいことから、多くの人が読むのに悩んでしまうようで、1位となりました。


2位は、「宮沢氷魚」!

Amazonより

 184cmの長身スレンダー体形に、優しさが感じられる瞳が魅力的な俳優・宮沢氷魚さん。

 2015年に「MEN'S NON-NO」の専属モデルとしてデビュー。2017年に、テレビドラマ「コウノドリ」(TBS系)で俳優デビューしました。以降も「偽装不倫」(日本テレビ系)や、NHK連続テレビ小説「エール」などの注目ドラマに多数出演し、人気がグングン高まっています。

 そんな彼の名前の読み方は“みやざわ ひお”。氷魚という名前は、釣りが趣味の父が「透き通った鮎の稚魚」に由来してつけたのだそう。あまりなじみの無い字面で、読み方に迷う人が多数。2位となりました。


3位は、「眞栄田郷敦」!

 端正な顔立ちと、21歳とは思えない存在感を放つ、眞栄田郷敦さん。父は昭和の大スター・千葉真一さん。兄は新田真剣佑(あらた まっけんゆう)さんです。

 2019年に公開された映画「小さな恋のうた」で俳優デビューを果たし、その後「ノーサイド・ゲーム」や「私の家政夫ナギサさん」(ともにTBS系)などの話題作に出演し、注目を集めています。

 そんな“眞栄田郷敦”さんの名前の読みは“まえだ ごうどん”。名字は読めるけれども、名前が読めないという人が多数。正解を聞かないと思いつかないような漢字の読み方に驚いた人が多く、3位となりました。

TOP10はこちら!

 TOP10には、顔はすぐ思い浮かぶのに、名前の読み方は実はきちんとわかっていないかも? という男性芸能人が並びました。

 4位の津嘉山正種さんは、今年で77歳の超ベテランバイプレーヤー。「踊る大捜査線」シリーズで警察上層部の1人、池神静雄を演じたのをはじめ、「男はつらいよ」シリーズ、11作のNHK大河ドラマなど、数え切れないほどの映画・ドラマに出演。声優としても主に洋画の吹き替えで活躍していて、ケビン・コスナー、ロバート・デ・ニーロ、リチャード・ギアなどの声をあてています。

 小澤征悦さんは、苗字の小澤は普通に読めるものの、名前の“征悦(ゆきよし)”の読み方に迷う人が多数。父は世界的指揮者・小澤征爾(おざわ せいじ)さんで、“征”の字をもらっているものの読み方が違うことも読み方を難しくしているようです。

 gooランキングでは、50位までの全ランキングを公開しています。


<名前の読み方が分からない男性芸能人ランキング TOP10>

1位:上遠野 太洸(かとおの たいこう)

2位:宮沢 氷魚(みやざわ ひお)

3位:眞栄田 郷敦(まえだ ごうどん)

4位:津嘉山 正種(つかやま まさね)

5位:小澤 征悦(おざわ ゆきよし)

6位:阿部 力(あべ つよし)

7位:神尾 楓珠(かみお ふうじゅ)

8位:六平 直政(むさか なおまさ)

9位:柄本 佑(えもと たすく)

9位:高杉 真宙(たかすぎ まひろ)

9位:伊武 雅刀(いぶ まさとう)

[工藤ひろえ]