エンタメ

肌が美しいと思う50代の女優ランキング! 2位は天海祐希、3位は永作博美。1位は“奇跡のアラフィフ”と呼ばれるナチュラル若見え女優!

[2021/3/22 12:04]

 芸能界には、年齢を感じさせない若々しさを保ち続けている女性芸能人が多数存在します。中でも透き通るような美肌を持つ女優は多くの女性の憧れの的。そこで今回は、肌が美しいと思う50代の女優が誰なのかについてアンケートを行い、ランキングにしてみました。



1位は、「石田ゆり子」!

 変わらない若さ・可愛さで“奇跡のアラフィフ”と呼ばれる石田ゆり子さんが1位となりました。

 10代の頃に芸能界デビューし、ドラマ「101回目のプロポーズ」や「Dr.コトー診療所」(ともにフジテレビ系)をはじめ、多くの話題作に出演。2016年に放送された大ヒットドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」(TBS系)でそのエイジレスなかわいらしさが注目を集め、再ブレイクしました。

 今年1月に放送された続編「逃げるは恥だが役に立つ ガンバレ人類!新春スペシャル!!」でも、4年という年月を感じさせない若々しい姿で視聴者を驚かせました。そんな彼女の好きなことは、長風呂・長散歩・ピラティスなど体を気遣ったものが多数。好きなことが健康と美しさにつながっているようです。

2位は、「天海祐希」!

 元宝塚歌劇団の月組トップスターとして活躍した天海祐希さん。強いまなざしと高い鼻、シャープな骨格を持つハンサム美人として同性から絶大な支持を受けています。

 これまで出演してきたテレビドラマ「女王の教室」(日本テレビ系)、「緊急取調室」シリーズ(テレビ朝日系)など、知性的で強くかっこいい女性像がハマり役ですが、肌の美しさや変わらないプロポーションなど、女性としての美も際立っています。

 そんな彼女は、以前から納豆やキムチなどの発酵食品に注目し、体の中から整える美容法を取り入れているのだとか。また、スキンケアについてはしっかりメイクを落とすことを心がけ、血行促進のために湯船に浸かったり定期的に運動したりしているのだそう。特別なケアよりも日々のケアをきちんとすることを大事にしているようです。


3位は、「永作博美」!

 実年齢よりはるかに若く見える女優として有名な永作博美さん。はつらつとしたキュートな笑顔は若い頃から何ひとつ変わらず、とても50歳には見えません。

 彼女が若く見える理由の1つが美しい肌。シミやしわを感じさせない陶器のようなつやつや肌が実年齢とのギャップを感じさせているのでしょう。

 そんな彼女は2児の母であり、家族の健康や自身の美容のために、基本となる食生活を最も大切にしているのだそう。美肌の秘訣として食べたいものをいっぱい食べて、栄養をしっかり摂ることを大事にしているのだとか。その自然体な雰囲気が、彼女の魅力をより引き立てているのかもしれませんね。

TOP10はこちら!

 TOP10には、アラフィフになっても主演やメインキャストとして映画にドラマに活躍する女優さんが並びました。

 4位の沢口靖子さんは、1984年に第1回「東宝シンデレラ」でグランプリに選ばれて芸能界入り。「東宝のプリンセス」と言われるほど、東宝の秘蔵っ子として大切に育てられた女優です。大阪府堺市で生まれ育った生粋の大阪人である沢口さんは、女優デビューしてまもない頃は標準語の長セリフには苦労したそう。1999年10月にスタートした主演ドラマ「科捜研の女」は、「相棒」と並ぶテレビ朝日の人気シリーズとして高い視聴率をキープする理由のひとつは、変わらない沢口靖子さんの美貌にありそうです。

 9位の山口智子さんは伝統ある旅館の跡継ぎ娘として育てられた反動からか、唐沢寿明さんと結婚後は女優業の一線からは退き、主婦として自分らしい暮らしを満喫しているよう。夫の唐沢寿明さんが山口智子さんを「山口智子という存在自体が求められている人だから」と評したように、その生き方は女性たちのあこがれの的。雑誌の表紙やCMなどのお仕事を続けています。

 gooランキングでは、55位までの全ランキングを公開しています。


<肌が美しいと思う50代の女優ランキング TOP10>

1位:石田ゆり子
   1969年10月3日

2位:天海祐希
   1967年8月8日

3位:永作博美
   1970年10月14日

4位:沢口靖子
   1965年6月11日

5位:真矢ミキ
   1964年1月31日

6位:原田知世
   1967年11月28日

7位:小泉今日子
   1966年2月4日

8位:高島礼子
   1964年7月25日

9位:山口智子
   1964年10月20日

10位:鈴木杏樹
   1969年9月23日

10位 鈴木京香
   1968年5月31日

[工藤ひろえ]