エンタメ

存在感抜群、俳優の印象が強いジャニーズランキング! 2位は生田斗真、3位は神宮寺勇太。1位は「3年B組金八先生」で俳優としてブレイク、NHK大河や「監察医 朝顔」で活躍するあの人!

[2021/4/15 12:34]

 “ジャニーズ”と聞くと、歌って踊るアイドルの印象が強いかもしれませんが、映画にドラマ、舞台など、俳優として活躍するジャニーズタレントも少なくありません。

 NTTレゾナントが運営するランキングサイト「gooランキング」では、俳優の印象が強いジャニーズタレントについて調査を実施。2,389票が寄せられたアンケート結果をもとに、ランキングを発表しました。



1位は、「風間俊介」!

Amazonより

 1998年に放送されたテレビドラマ「眠れる森」(フジテレビ系)で俳優デビューした風間俊介さん。

 翌1999年の「3年B組金八先生」第5シリーズ(TBS系)では、ストーリーの中心となる、優等生といじめっ子の二面性を持つ兼末健次郎役を演じ注目を集めました。この演技力が高く評価され、第3回日刊スポーツドラマ・グランプリの新人賞も受賞しています。

 以降、「3年B組金八先生」シリーズをはじめ、「アキハバラ@DEEP」(TBS系)で主演、NHK朝ドラ「純と愛」ではヒロインの相手役を務め、NHK大河トラマも「西郷どん」「麒麟がくる」に出演。「麒麟がくる」では徳川家康役を演じて注目されました。フジテレビの人気ドラマ「監察医 朝顔」シリーズの桑原真也役でもおなじみです。

 今年は4月から5月にかけては「パークビューライフ」、4月下旬から5月上旬は「坂本裕二朗読劇2021」に出演するなど舞台でも活躍中。最近では、朝の情報番組「ZIP!」(日本テレビ系)月曜パーソナリティーを務めるなど活躍の場を広げています。

2位は、「生田斗真」!

Amazonより

 ジャニーズJr.時代からユニットにも抜擢され、「天才てれびくん」(NHK教育テレビ)に出演して「美形すぎる」と人気を集めるなど注目度の高かった生田斗真さん。

 1997年放送のNHK連続テレビ小説「あぐり」で子役デビューを果たして以降、俳優として数え切れないほど多くの映画、ドラマ、舞台で活躍してきました。

 2011年には第84回キネマ旬報ベスト・テンで新人男優賞を受賞するなど、名実ともに役者としての階段を駆け上がっています。2014年に公開された映画「土竜の唄 潜入捜査官 REIJI』で演じた菊川玲二役は、振り切った演技で話題を集めました。

 Jr.時代にはユニットを組んでいたことでもわかる通り、実は歌って踊れる生田斗真さんですが、俳優志向が強かった本人の希望に沿う形でジャニーズでは珍しくほぼ俳優専門で活躍しています。そんな事務所の期待に応えて演技派俳優として確固たる地位を確立した生田斗真さんが2位となりました。

3位は、「神宮寺勇太(King & Prince)」!

Amazonより

 2018年にCDデビューしたKing & Princeのメンバーである神宮寺勇太さん。ジャニーズJr.時代の2012年に放送されたテレビドラマ「スプラウト」(日本テレビ系)でテレビドラマデビュー。Hey! Say! JUMP・知念侑李さん主演の青春ラブストーリーで、主人公の同級生・片桐隼人(ジェシー/現:SixTONES)の弟・航役を演じました。

 当時はまだあどけない表情でしたが、続く2013年放送のテレビドラマ「幽かな彼女」(フジテレビ系)では、生徒役として出演。作品ごとに彼の成長が感じられます。そんなところも俳優の印象が強い要因かもしれませんね。

 中学生時代には、空手で全国2位に輝いた実力の持ち主である神宮寺勇太さんは運動神経バツグン。今後はアクションドラマへの出演もぜひ期待したいですね。


TOP10はこちら!

 TOP10は以下の通り。

 映画「関ヶ原」で「第41回日本アカデミー賞」優秀主演男優賞を受賞、主演級俳優として活躍を続ける岡田准一さんが4位なのは意外ですが、日本アカデミー賞常連の岡田准一さんは、もはや“殿堂入り”扱いなのかもしれません。

 岡田准一さんが所属する「V6」は3月に解散予定が発表されたばかり。メンバーの仲がいいからこそ、俳優や司会業などそれぞれに活躍しながら1995年の結成から1人も欠けることなくグループとしての活動を続けてきたV6。CDデビューを果たしたファーストシングル「MUSIC FOR THE PEOPLE」発売からちょうど26年めにあたる2021年11月1日に解散し、それぞれの道を歩むことになります。今年10月には主演映画「燃えよ剣」が公開予定の岡田准一さん。“憑依型”と言われるほど役になりきる岡田准一さんの土方歳三が今から楽しみですね。

 8位の嵐・二宮和也さんも、2015年の「母と暮せば」で「第39回日本アカデミー賞」最優秀主演男優賞を受賞。2021年の「浅田家!」でも主演男優賞を受賞しました。二宮和也さんは撮影でほとんどNGを出さないことで有名。数多くの撮影経験をもつ吉永小百合さんも「現場で練習している姿は見せないのに一度も間違えずにできてしまう。こんな役者見たことない」と驚くほどです。嵐として眠る暇もない生活を長年続けてきて、いまはひと休みの二宮和也さん。ゆっくり休んでほしいと思う一方で、早く映画やドラマで活躍する姿をまた見せてほしいところです。

 gooランキングでは、52位までの全ランキングを公開しています。


<存在感抜群!俳優の印象が強いジャニーズランキング TOP10>

1位:風間俊介
   316票

2位:生田斗真
   263票

3位:神宮寺勇太(King & Prince)
   222票

4位:岡田准一(V6)
   211票

5位:中島裕翔(Hey! Say! JUMP)
   188票

6位:平野紫耀(King & Prince)
   147票

7位:木村拓哉
   133票

8位:二宮和也(嵐)
   126票

9位:松村北斗(SixTONES)
   95票

10位:山田涼介(Hey! Say! JUMP)
   72票

[工藤ひろえ]