エンタメ

実家が上流階級と知って驚いた有名人ランキング! 2位は鈴木紗理奈、3位はロザン・宇治原。1位は、2020年に女児誕生、子育てをしながら今期も連ドラで主演するあの女優!

[2021/4/23 13:06]

 テレビや雑誌などのメディアで目にする有名人たち。実家が貧乏という話をトークのおいしい持ちネタとして披露する芸人から、元総理大臣の息子や孫、旧華族の家柄までその生育環境はさまざまです。

 飾らないぶっちゃけトークで楽しませてくれる芸能人の実家が、実は驚くようなお金持ちや家柄だったということもさほど珍しくありません。

 NTTレゾナントが運営するランキングサイト「gooランキング」では、実家が上流階級と知って一番驚いた有名人が誰なのかについて調査を実施。20~40代男女500名の複数回答をもとに、ランキングを発表しました。



1位は、「北川景子」!

 北川景子さんは、1986年8月22日生まれ。高校在学中にスカウトされ、2003年に「ミスSEVENTEEN」でモデルデビューして芸能界入り。ドラマデビューは2003年「美少女戦士セーラームーン」(中部日本放送)の火野レイ(セーラーマーズ)役でした。

 2011年に放送された櫻井翔さん主演の連続ドラマ「謎解きはディナーの後で」で財閥のお嬢様であるヒロインをコミカルに演じた北川景子さんですが、父は慶應義塾大学の理工学部を卒業後、三菱重工業株式会社で長年、潜水艦の建造に携わってきた北川元洋さん。自衛隊のホームページに登場して「北川パパが自衛隊HPに!」と週刊誌の記事になったことも。2019年に三菱重工の防衛・宇宙セグメント艦艇・特殊機械事業部長(役員・シニアフェロー)に就任しています。

 そんな北川景子さんは2016年1月にDAIGOさんと結婚を発表。美男美女と話題になりました。DAIGOさんの母方の祖父は第74代内閣総理大臣の竹下登さんであることはよく知られていますが、北川景子さんもお嬢様育ちで、そういった面でもお似合いの2人と言えそうです。

 2020年に第1子となる女児を出産し、子育てをしながら連続ドラマ「リコカツ」で主演するなど女優業でも活躍を続ける北川景子さんが1位になりました。


2位は、「鈴木紗理奈」!

 鈴木紗理奈さんは、1977年7月13日生まれ。大阪生まれ大阪育ちで、大阪にいた頃からモデル活動を開始。その後東京に進出し、1992年の第6回全日本国民的美少女コンテストで演技部門賞を受賞しました。

 1993年には「美SHOW女」のメンバーに抜擢され、アイドル、グラビアアイドル、歌手、女優などマルチに活躍してきた鈴木紗理奈さんですが、「めちゃ×2イケてるッ!」(フジテレビ系)などバラエティー番組でブレイク。2017年には、主演映画「キセキの葉書」で「マドリード国際映画祭」の最優秀外国映画主演女優賞を受賞するなど、女優としても高く評価されています。

 大阪人らしく気取らない発言で人気となった鈴木紗理奈さんですが、実は裕福な実家に育ったお嬢様。父は建設会社と割烹料理店を経営、母は警備会社など複数の会社を経営する実業家ファミリーに育ち、お手伝いさんがいたとのこと。実家は8LDKの豪邸でビリヤード台があり、父が割烹料理店を経営していることもあって子どもの頃から週1回はふぐを食べ、回るお寿司は食べたことがなかったそうです。

 どちらかと言えばヤンキーっぽいイメージで売出した鈴木紗理奈さんは、芸能界デビュー後も実家が裕福だったことを長く秘密にしていました。2018年のバラエティ番組「誰だって波瀾爆笑」で初めて自ら明かし、隠していた理由を「嫌味にしかならないから」と語っています。


3位は、「宇治原史規」!

 吉本興業所属のお笑いコンビ「ロザン」でツッコミを担当する宇治原史規さんは、1976年4月20日生まれ。

 京都大学卒で、高学歴芸能人といえばまず名前が上がる存在です。優秀な頭脳を活かして、「クイズプレゼンバラエティー Qさま!!」(テレビ朝日系)や「今夜はナゾトレ」(フジテレビ系)などのクイズバラエティー番組で大活躍しています。

 そんな宇治原史規さんの父は、パナソニック株式会社エコソリューションズ社(現:パナソニック株式会社ライフソリューションズ社)の元代表取締役副社長。日本を代表する企業グループのトップに上り詰めたお父さんは、京都大学に入った宇治原史規さんが芸人になるのは、当たり前ではありますが当初大反対だったようです。

 そんな“宇治原パパ”も、宇治原史規さんがテレビなどで活躍するようになって安心したのか徐々に認めてくれるようになったとのこと。父の態度が軟化したことで、宇治原史規さんもずっと秘密にしていた、父がパナソニックグループの重役であることを明かすようになったようです。

TOP10はこちら!

 TOP10には、気さくなキャラクターで裕福な育ちを感じさせない有名人が並びました。

 3位の松岡修造さんは、東宝第11代社長を務め、現在は東宝名誉会長の松岡功さんを父に、元宝塚歌劇団の星組男役スターであった千波静さんを母に持ち、父方の曾祖父は阪急電鉄や宝塚歌劇団などの阪急東宝グループ創始者の小林一三さん。文字通り“華麗な一族”育ちの松岡修造さんですが、妻は元テレビ東京アナウンサーで「ワールドビジネスサテライト」などを担当していた松岡恵美子さん(旧姓田口恵美子さん)。さらに、長女の恵さんは宝塚音楽学校に入団し、稀惺かずとの芸名で現在も宝塚で活躍中。まったく気取らないネアカなキャラクターで国民に愛される松岡修造さんですが、今後も華麗なる一族が長く続いていきそうですね。

 11位以後も、三代目 J SOUL BROTHERSの岩田剛典さん、高畑充希さん、松雪泰子さん、関ジャニ∞の大倉忠義さんなど、父が社長というお坊ちゃま・お嬢様育ちの人が並びます。「え、この人も!?」という有名人も。

 gooランキングでは、60位までの全ランキングを公開しています。ぜひ、11位以後もチェックしてみてくださいね。


<実家が上流階級と知って驚いた有名人ランキング TOP10>

1位:北川景子
   父は三菱重工業株式会社の防衛・宇宙セグメント艦艇・特殊機械事業部長

2位:鈴木紗理奈
   父は建設会社と割烹料理店を経営、母は警備会社など複数の会社を経営

3位:宇治原史規(ロザン)
   父はパナソニック株式会社エコソリューションズ社(現:パナソニック株式会社ライフソリューションズ社)の元代表取締役副社長

4位:松岡修造(スポーツキャスター、スポーツ解説者)
   曽祖父は阪急東宝グループ(現・阪急阪神東宝グループ)の創業者

5位:いとうあさこ
   父は都市銀行の元重役

6位:出川哲朗
   実家は老舗海苔問屋を経営、母方の先祖は名門・三鬼家の出身

7位:高橋茂雄(サバンナ)
   父は歯科医、親戚にも歯科医多数

8位:アンジェラ・アキ
   父は英会話スクール・株式会社イーオンホールディングスの創業者

9位:ミッツ・マングローブ
   父は株式会社英国伊勢丹の元社長、株式会社大沢商会の顧問

10位:品川祐(品川庄司)
   祖母はヤマノグループ(現・株式会社ヤマノホールディングス)の創業者

[工藤ひろえ]