エンタメ

すごみのある演技が魅力的な俳優ランキング! 2位は堺雅人、3位は菅田将暉。1位は、「半沢直樹」で顔芸ブームを巻き起こし、歌舞伎役者としても活躍するあの俳優!

[2021/5/8 11:07]

 テレビドラマや映画を見ていると、俳優の演技に「うまいなあ」と感心してしまうことも多いですが、一口に「演技がうまい」と言っても、そのタイプはさまざまですね。

 NTTレゾナントが運営するランキングサイト「gooランキング」では、演技力に定評のある俳優の中でも、すごみのある演技に魅力を感じるのは誰なのかについて調査を実施。20~40代男女500名の複数回答をもとに、ランキングを発表しました。



1位は、「香川照之」!

 香川照之さんは、1965年12月7日生まれの現在55歳。

 香川照之さんといえば、まず思い浮かぶのが「半沢直樹」シリーズの大和田常務役。銀行を舞台にビジネスの厳しさと面白さ、男たちの生き様を描いた大人気ドラマで、“顔芸ブーム”を巻き起こしました。

 香川照之さんは、東京大学を卒業後、単発ドラマにいくつか出演した後、24歳で1989年に大河ドラマ「春日局」(NHK)の小早川秀秋役で俳優デビュー。父は二代目市川猿翁、母は浜木綿子という役者界のサラブレッドですが、両親は香川さんが3歳の頃に離婚。

 その後会うこともなかった父の市川猿翁さんとは、市川猿翁さんが脳梗塞で倒れたことをきっかけに和解。現在は九代目・市川中車として歌舞伎の舞台でも活躍を続けています。

 ドラマチックなおいたちの香川照之さんですが、デビュー後の俳優業は順調でNHK大河には6回も出演する常連。「静かなるドン THE MOVIE」など主演作もありますが、おもに映画・ドラマでバイプレーヤーとして活躍を続けています。

 2016年公開の映画「クリーピー 偽りの隣人」では、主人公を演じる西島秀俊さんの隣家に住む謎の隣人・西野を演じ、「香川照之の隣人がヤバすぎる」と話題に。一見普通のおじさんな西野ですが、接していくうちにその不気味な違和感が大きくなってきます。後半では、ドア越しに顔を覗かせる西野や、家を訪ねてくる西野など、なんということもない行動が“クリーピー”というタイトル通り身の毛がよだつような恐怖を感じさせる演技が高く評価されました。

2位は、「堺雅人」!

 人気ドラマ「半沢直樹」シリーズで主役の半沢直樹を演じた堺雅人さんが2位となりました。

 ドラマ「半沢直樹」シリーズは、平均視聴率が第1シーズンは42.2%、2020年に放送された第2シーズンは32.7%と、現代とは思えないほどの高視聴率を叩き出したおばけ番組。錚々たるキャスト陣で主演をはった堺雅人さんは、第2シーズンでも、視聴者が期待していた“倍返し”を堪能させてくれました。

 堺雅人さんは1973年10月14日生まれの現在47歳。宮崎県出身の堺雅人さんは、宮崎県立宮崎南高等学校から早稲田大学に進学して上京。1992年に早稲田大学演劇研究会を母体にした劇団「東京オレンジ」の旗揚げに参加し、看板俳優として活躍しました。

 1995年ごろからテレビドラマにも出演し、2000年にNHK朝ドラ「オードリー」に抜擢されました。2004年には香取慎吾さんが主演したNHK大河ドラマ「新選組!」で山南敬助を演じ、全国のお茶の間で知られる人気俳優の地位を確立しました。

 2013年には「半沢直樹」に主演し、当代トップクラスの人気を誇る主演俳優となった堺雅人さんは、2016年にはNHK大河ドラマ「真田丸」で主役の真田幸村を演じました。真田幸村最後の戦いとなった大坂夏の陣では不利な情勢の中、後世に語り継がれる戦いぶりを見せた武将を演じ切り、高く評価されました。

 優しげな面差しながら、半沢直樹や真田幸村を演じる際には視聴者が圧倒されるような気迫を感じさせる堺雅人さんが2位となりました。


3位は、「菅田将暉」!

 菅田将暉さんは、1993年2月21日生まれの現在28歳。

 2008年に「ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」へ出場したのをきっかけに芸能界入り。芸能事務所に所属してまもなく、2009年放送の「仮面ライダーW」(テレビ朝日系)で、シリーズ最年少の16歳で主演に抜擢されて俳優デビューを果たしました。

 その後も多くのテレビドラマや映画に出演。さわやかな好青年役から、狂気が感じられるニヒルな悪役まで演じ分けられる実力派俳優として人気を集めています。

 最近では、「MIU404」(TBS系)で手段を選ばず悪事を働く久住役を好演。見た目はふつうの青年なのに、人と接することによりにじみ出てくる得体の知れない不気味さに引き込まれる人が続出しました。

 2014年には映画「そこのみにて光輝く」と「闇金ウシジマくん Part2」で、タイプは違うものの貧困の中であがき、犯罪を犯してしまう少年を演じて絶賛されています。

 役の本質をとらえ、芯のあるキャラクターを演じることに定評のある菅田将暉さん。映画「帝一の國」など、漫画原作のくせのある役も「たしかにマンガの主人公が実際にいたらこんな感じなんだろうな」と納得させてしまう演技力は若手でピカイチ。今後もいろいろな役を演じて楽しませてほしい俳優さんの1人です。

TOP10はこちら!

 TOP10には、20代の若手俳優から、香川哲之さん、吉田鋼太郎さんのようなベテラン勢まで、演技に定評のある俳優さんが並びました。

 4位の阿部寛さんは、現在主演ドラマ「ドラゴン桜」(TBS系)が放送中。2006年放送の「結婚できない男」(フジテレビ系)をはじめ、くせのある人物を演じるのに定評がある阿部寛さんですが、日本人離れした彫りの深い顔立ちから生まれる目ヂカラは最強クラス。5月9日(日)放送の第3話では「おまえらYouTuberになれ!」と指導する予告で、ネットでも期待が高まっています。

 5位の山田孝之さんは、気弱なお人好しから人斬りまで、役によって「同じ人?」と疑いたくなるほど違う顔を見せてくれる“カメレオン俳優”。「闇金ウシジマくん」シリーズでは、原作の巨漢とまったく体型は違うのに、するどい眼光やゆったりした動作で主人公の“ヤバさ”を体現。シリーズのドラマ・映画は現在も動画配信サービスの人気コンテンツとなっています。

 gooランキングでは、60位までの全ランキングを公開しています。


<すごみのある演技が魅力的な俳優ランキング TOP10>

1位:香川照之

2位:堺雅人

3位:菅田将暉

4位:阿部寛

5位:山田孝之

6位:藤原竜也

7位:綾野剛

8位:ムロツヨシ

9位:吉田鋼太郎

10位:佐藤健

[工藤ひろえ]