エンタメ

実は小説を出版していると知って驚く芸能人ランキング! 2位はTHE ALFEE・高見沢俊彦、3位は東野幸治。1位は、女優の妻がYouTuberとして大人気のあの人!

[2021/5/13 13:01]

 芸能界には、小説家デビューをしている芸能人が少なくありません。中には、テレビで見る印象と小説執筆というイメージが結びつきにくく、あまり知られていない人も。

 NTTレゾナントが運営するランキングサイト「gooランキング」では、実は小説を出版していると知って驚く芸能人が誰なのかについて調査を実施。780票が寄せられたアンケート結果をもとに、ランキングを発表しました。



1位は、「中尾明慶」!

 明るいキャラクターと高い演技力で多くの人から支持を集める、俳優の中尾明慶さん。

 2001年に放送されたテレビドラマ「3年B組金八先生」(第6シリーズ/TBS系)に出演したことがきっかけで注目を集め、以後「ドラゴン桜」や「ROOKIES」(共にTBS系)など話題作に多数出演し、人気俳優の地位を確立しました。

 そんな彼は、2016年1月に「陽性」(双葉社)を出版しています。同作は、トップアイドルが妊娠をしたことで、芸能界での地位が揺るがされるという衝撃の問題作。現役芸能人が描く芸能界の裏側だけに、リアリティーある描写が話題となりました。

 いつも笑顔で元気な印象がある中尾明慶さんが、ドロドロとした内容の小説を執筆していたことに驚きを隠せない人が多数。1位となりました。

2位は、「高見沢俊彦」!

Amazonより

 「THE ALFEE」のボーカル兼ギターを担当する高見沢俊彦さん。華やかな巻き髪と派手な衣装がトレードマークの彼は、日本トップクラスのギターテクニックを持つことでも有名です。

 そんな彼は、これまでに「音叉」と「秘める恋、守る愛」(共に文藝春秋)を出版しています。

 2018年7月に発売された「音叉」は、プロデビューを目指すバンドマンの葛藤を描いた、文学と音楽が融合したどこか懐かしさを感じさせる青春小説。その2年後、2020年4月に発売された「秘める恋、守る愛」は、複雑な大人の心模様を綴ったラブロマンスです。

 45年以上第一線のミュージシャンとして活躍を続ける高見沢俊彦さんが実は小説を出版していることを知らなかった人が多数。2位となりました。

3位は、「東野幸治」!

 多くのバラエティー番組でMCを務める人気芸人・東野幸治さん。

 かつては“雛壇芸人のお手本”と言われ、抜群のワードセンスを持つ東野幸治さんは、読書家としても知られています。

 人気バラエティー番組「アメトーーク!」(テレビ朝日系)では、読書好きを集めた「本屋で読書芸人」に出演し、その独特な本屋の楽しみ方や、面白い本の探し方を紹介し話題となりました。

 そんな彼は、2009年3月に「泥の家族」(幻冬舎)を出版。13年前に失踪した父親の死をきっかけに、バラバラになった家族が集まり物語が進んでいくというストーリー。恥ずかしさやさみしさを表現しながらも笑いと感動を呼ぶ同作品は、高く評価されています。

 バラエティー番組での東野幸治さんのキャラクターと小説というイメージが結びつかなかったと思う人が多く、3位となりました。

TOP10はこちら!

 TOP10には、芸人、ミュージシャン、タレント、アイドルなど幅広いジャンルの芸能人が並びました。

 7位のNEWS・加藤シゲアキさんは、2020年に発表した「オルタネート」が文学界でもっとも権威ある賞のひとつ、直木賞候補となったことで小説家であることが広く知られました。2012年に発表した「ピンクとグレー」をはじめ、すでに10作品を超える作品を発表しています。俳優としても活躍する加藤シゲアキさんの場合、自らの小説原作で主演するドラマや映画なども今後見られそうですね。

 10位のピン芸人・バイク川崎バイクさんは、2020年のコロナ自粛期間に、作品投稿サイト「note」で毎朝8時19分(バイク)に公開したショートショートが話題を呼び、「BKBショートショート小説集 電話をしてるふり」の題名で書籍化されました。スキマ時間に読めてしまう短編を集めた書籍は、気軽に読めてオチのひねりで楽しめると好評です。

 gooランキングでは、47位までの全ランキングを公開しています。


<実は小説を出版していると知って驚く芸能人ランキング TOP10>

1位:中尾明慶
   「陽性」

2位:高見沢俊彦(THE ALFEE)
   「秘める恋、守る愛」 他

3位:東野幸治
   「泥の家族」

4位:松本伊代
   「マリアージュ - もう若くないから」 他

5位:山里亮太(南海キャンディーズ)
   「山里亮太短編妄想小説集『あのコの夢を見たんです。』」

6位:鳥居みゆき
   「余った傘はありません」 他

7位:加藤シゲアキ(NEWS)
   「オルタネート」「傘をもたない蟻たちは」 他

8位:じろう(シソンヌ)
   「サムガールズ あの子が故郷に帰るとき」 他(一部作品は川嶋佳子名義で執筆)

9位:松井玲奈
   「カモフラージュ」

10位:バイク川崎バイク
   「BKBショートショート小説集 電話をしてるふり」

[工藤ひろえ]