エンタメ

名前が全てカタカナと聞いて思い浮かぶ有名人ランキング! 2位はマツコ・デラックス、3位はユースケ・サンタマリア。1位は「勇者ヨシヒコ」でブレイクしたあの俳優!

[2021/6/1 11:53]

 芸能界には、一度聞いたら忘れられないような個性的な名前を持つ人が多数存在します。中には、名前の全てがカタカナという人も。

 NTTレゾナントが運営するランキングサイト「gooランキング」では、名前が全てカタカナの芸能人で、真っ先に思い浮かぶのは誰なのかについて調査を実施。1,048票が寄せられたアンケート結果をもとにランキングを発表しました。



1位は、「ムロツヨシ」!

 主役に負けない存在感を放つ名脇役として、映画やテレビドラマに欠かせない存在のムロツヨシさん。三枚目キャラを演じることが多く、「勇者ヨシヒコ」シリーズ(テレビ東京系)や「今日から俺は!!」シリーズなどのユーモラスな演技でブレイク。福田雄一監督作品には欠かせない存在となっています。

 そんな大活躍のムロツヨシさんの芸名は、本人いわく「単なる思いつき」とのことですが、家庭環境の諸事情で本名をカタカナにした名前なのだそう。覚えやすい5文字の名前だけに、ムロツヨシを思い浮かべた人が多数。1位となりました。

2位は、「マツコ・デラックス」!

 タレントやコメンテーターなど、多方面で活躍しているマツコ・デラックスさん。華やかでインパクトのあるルックスと、毒のあるユーモラスなトークが持ち味で、テレビで見ない日はないといっても過言ではありません。

 そんな大活躍のマツコ・デラックスさんの芸名は、以前から呼ばれていたニックネームの「マツコ」に、マツコだけだとシンプル過ぎるからという理由で「デラックス」をつけたものなのだそう。

 デラックス以外にも、ロワイヤルやユニバーサル、インターナショナルが候補にありましたが、文字数などを考慮してデラックスとなったようです。一度聞いたら忘れない個性的な芸名と印象的なルックスから圧倒的な知名度を誇るマツコ・デラックスさんが2位となりました。


3位は、「ユースケ・サンタマリア」!

 俳優、タレント、歌手などマルチに活躍しているユースケ・サンタマリアさん。

 サービス精神旺盛な性格でバラエティー番組を盛り上げるだけでなく、最近は俳優として一癖も二癖もある役を見事に演じていることでも話題となっています。

 そんな彼の芸名ユースケ・サンタマリアは、本名である「ユースケ」に、当時ラテンバンドを組んでいたこともあって、ラテン系に多い「サンタマリア」を合わせたものだそう。何と言ってもインパクトが強く覚えやすいことから、3位となりました。

TOP10はこちら!

 TOP10には、ふだんカタカナ名前であることを意識しないほど、芸名が定着している有名人が並びました。

 4位のタモリさんは、本名の森田をひっくり返して「タモリ」。1982年から2014年まで平日お昼にフジテレビ系で放送された長寿番組の正式名称は「森田一義アワー 笑っていいとも!」で、とくに本名を隠すつもりはなかったようです。その「森田一義」という本名は、第26代内閣総理大臣を務めた山口県の政治家・田中義一氏をタモリさんのを祖父が尊敬していて、義一とつけようとしたところ姓名判断であまり良くないと言われ、ひっくり返して一義と名付けたそうです。

 5位のオダギリジョーさんは「小田切譲」と本名もそのまま芸名にして良さそうなカッコいい名前です。高校卒業時に高知大学の理工学部に合格したのを蹴って、映画や演劇の勉強のためカリフォルニア州立大学フレズノ校に留学しているので、カタカナ芸名にしたのは海外志向もあったのかもしれませんね。2000年代からは脚本や監督も手掛け、2019年の映画「ある船頭の話」は第56回アンタルヤ映画祭(トルコ)の国際コンペティション部門で最優秀作品賞を受賞するなど、海外でも評価されています。

 gooランキングでは、47位までの全ランキングを公開しています。


<名前が全てカタカナと聞いて思い浮かぶ有名人ランキング TOP10>

1位:ムロツヨシ

2位:マツコ・デラックス

3位:ユースケ・サンタマリア

4位:タモリ

5位:オダギリジョー

6位:イモトアヤコ

7位:ディーン・フジオカ

8位:ファーストサマーウイカ

9位:ガダルカナル・タカ

10位:スガシカオ

[工藤ひろえ]