フード

安くてうまい、定番アイスランキング! 2位は「ジャイアントコーン」、3位「明治 エッセル スーパーカップ」。1位は、いがぐり頭のマスコットキャラでおなじみの棒アイス!

[2021/8/3 12:38]

 暑い夏はもちろん、季節を問わず多くの人に購入されているアイス。スーパーやコンビニなどでもさまざまなアイスが1年を通して売られています。

 NTTレゾナントが運営するランキングサイト「gooランキング」では、手ごろな価格で購入できる定番アイスの中から、「これが一番安くてうまい!」と思う商品について調査を実施。1,938票が寄せられたアンケート結果をもとに、ランキングを発表しました。



1位は、「ガリガリ君」シリーズ!

Amazonより

 昭和の時代にはかき氷のカップアイス「赤城しぐれ」でおなじみだった赤城乳業株式会社が1981年に販売を開始し、2021年に40周年を迎えた「ガリガリ君」シリーズ。かき氷をかじる音に由来する商品名と、いがぐり頭のイメージキャラクターも、今ではすっかりおなじみになりました。

 「子どもが遊びながらでも片手でかき氷を食べられるように」と開発されたガリガリ君。かき氷をアイスキャンディーでコーティングすることで食べやすさを実現し、コンビニ販路の開拓やキャラクター戦略などにより、現在の定番人気を獲得しました。

 「ガリガリ君」の大ヒットで、赤城乳業株式会社はいまや年間売上高450億円超の大企業に。売上規模が大きくなってもチャレンジする企業体質はそのままで、現在も「え!?」と驚かされるような期間限定「ガリガリ君」を発売しています。

 「ガリガリ君」シリーズは2016年に10円の値上げが行われたものの、価格はお手ごろな70円(税別)で、子どもから大人までに愛される定番商品となっています。

2位は、「ジャイアントコーン」シリーズ!

Amazonより

 1963年から販売されている江崎グリコ株式会社のロングセラー「ジャイアントコーン」シリーズ。チョコレートと口溶けの良いバニラアイス、ナッツの組み合わせから生まれる独特の味わいと食感が特徴の商品です。

 発売当時の「グリココーン」から商品名を変更しつつ、幾度もリニューアルを行ってきた本商品。2021年3月にはコーン先端にチョコを詰めた「しあわせのチョコだまり」が増量され、最後のひと口まで楽しめる商品として、さらなる進化を遂げています。

 コーンアイスのパイオニアとして、いつまでも進化を続ける「ジャイアントコーン」は、希望小売価格は140円(税別)。発売から50年以上経つ商品だけに何度かの値上げを経て、現在の価格となっていますが、食べごたえある140mlサイズに“チョコだまり”で満足感がアップ。「ジャイアントコーン」シリーズが2位となりました。

3位は、「明治 エッセル スーパーカップ」シリーズ!

Amazonより

 濃厚な味と内容量200mlのボリュームでその名の通り“スーパー”な株式会社明治の「明治 エッセル スーパーカップ」シリーズ。滑らかな舌触りとキレのあるおいしさのアイスが、希望小売価格140円(税別)というお値打ち感がうれしいアイスです。

 シリーズ初の商品として1994年に発売された王道の「超バニラ」以外にも、定番の「抹茶」「チョコクッキー」と、季節感やトレンドを意識したシーズンフレーバーがラインアップされており、四半世紀以上にわたって多くの人に愛されています。

 満足感のある味と食べごたえで低価格カップアイスの常識を打ち破った「明治 エッセル スーパーカップ」シリーズが3位となりました。

TOP10はこちら!

 TOP10には、どのコンビニやスーパーでも見かける、定番人気のアイスが並びました。

 グリコ、明治、森永などの大企業が並ぶ中で、目を引くのが「白くま」シリーズで知られる丸永製菓。福岡県のローカル企業から、口コミで「白くま」アイスの人気が広がり、人気に後押しされる形で販路を広げ、現在では東京のセブン-イレブンでも定番商品として販売されています。製造販売しているのはアイスだけですが、2017年には年間売上高が100億円を突破しています。

 gooランキングでは、50位までの全ランキングを公開しています。


<安くてうまい、定番アイスランキング TOP10>

1位:ガリガリ君シリーズ
   赤城乳業

2位:ジャイアントコーンシリーズ
   江崎グリコ

3位:明治 エッセル スーパーカップシリーズ
   明治

4位:チョコモナカジャンボシリーズ
   森永製菓

5位:爽シリーズ
   ロッテ

6位:ピノシリーズ
   森永乳業

7位:MOW(モウ)シリーズ
   森永乳業

8位:白くまシリーズ
   丸永製菓

8位:板チョコアイス
   森永製菓

8位:ガツン、とシリーズ
   赤城乳業

[工藤ひろえ]