エンタメ

実は早稲田出身と知って意外だった有名人ランキング! 2位はひょっこりはん、3位は羽生結弦選手。1位は、ジャニーズのYoutubeチャンネル「ジャにのちゃんねる」でも活躍するあの人!

[2021/9/15 12:59]

 大隈重信が1882年に創設した東京専門学校をルーツに持つ名門私学「早稲田大学」。長い歴史の中で、政治や経済、芸能などの幅広い分野に優秀な人材を輩出しています。

 NTTレゾナントが運営するランキングサイト「gooランキング」では、実は早稲田出身と知って意外だった有名人は誰なのかについて調査を実施。1,236票が寄せられたアンケート結果をもとに、ランキングを発表しました。



1位は、「中丸雄一」!

Amazonより

 中丸雄一さんは、1983年9月4日生まれの現在37歳。

 2001年に結成されたジャニーズのアイドルグループ「KAT-TUN」のメンバーとして、メジャーデビュー前からコンサートや舞台などで活躍。「KAT-TUN」は、2006年3月に同時発売したデビューシングル、アルバム、DVD全てがチャート1位を記録する快挙を成し遂げています。

 また、癒やし系の愛されキャラな中丸雄一さんは、個人でもドラマやバラエティーなど幅広い分野で活躍中です。

 そんな中丸雄一さんは、2002年に都立高校を卒業していましたが、環境問題についてもっと勉強したいと、2008年に24歳で早稲田大学人間科学部eスクール(通信教育課程)に入学。2013年3月に卒業しています。

 早稲田大学のeスクールは通学するとなく卒業できるインターネット大学ですが、卒業率は6割ほど。通信制は本人の意志が強くないとモチベーションを保つのが難しいと言われます。

 穏やかで優しいイメージの中丸雄一さんですが、多忙な芸能活動を続けながらきっちり5年間で卒業する点に、強い意志と学びへの情熱を秘めていることが伺われますね。

2位は、「ひょっこりはん」!

Amazonより

 ひょっこりはんは、1987年4月28日滋賀県生まれの、現在34歳。

 滋賀県立草津東高等学校ではスポーツ科に在学していて、ソフトテニスはインターハイに出場するほどの腕前。卒業後、2年間の浪人生活を経て早稲田大学人間科学部へ入学。

 早稲田大学入学後に、現在も200人以上が在籍する名門お笑いサークル「早稲田大学お笑い工房LUDO」でお笑い活動をスタートします。

 大学を卒業後、2012年に吉本総合芸能学院(NSC)東京校へ入学。2013年から2016年までお笑いコンビとして活動し、2017年の大みそかに放送された「ぐるぐるナインティナイン」(日本テレビ系)内の“おもしろ荘”への出演をきっかけに大ブレイクしました。

 テーブルの下、柱の陰、ときには新聞紙の間から…いろいろなところからひょっこり登場する芸風で、子どもに大人気。「ひょっこりはんをさがせ!」という絵本も好評でシリーズ化され、3冊発売されています。

 ひょっこりはんのひょうきんな芸風と、早稲田という高学歴のギャップに驚いた人が多く、2位となりました。

3位は、「羽生結弦」!

Amazonより

 羽生結弦選手は、1994年12月7日宮城県生まれの現在26歳。

 姉の影響で4歳からスケートを始め、2008年に「全日本フィギュアスケートジュニア選手権大会」で優勝。2010年には「フィギュアスケート世界ジュニア選手権」でも優勝しています。

 シニア転向後も世界を舞台に活躍し、2014年のソチ、2018年の平昌で金メダルに輝き、冬季五輪で2連覇を果たしました。

 そんな羽生結弦選手は、東北高校を卒業後、2013年に早稲田大学人間科学部に入学。ソチ、平昌と2度のオリンピック優勝を果たしながら勉学を続け、2020年に卒業しています。

 3Dモーションキャプチャによるジャンプを研究テーマにした卒業論文は、学術誌に掲載されました。2020年に、早稲田大学学内で最も名誉ある賞とされる「小野梓記念賞」を受賞しています。

 柔軟性を生かした華麗で優美なスピンや難易度の高いステップ、力強く完璧な軌跡を描くジャンプで世界を魅了する羽生結弦選手が、オリンピック2連覇という偉業を成し遂げながら早稲田大学も卒業していたことに驚く人が多く、3位となりました。

TOP10はこちら!

 早稲田出身と聞いて意外なランキングということもあり、TOP10には、高学歴イメージをあまり表に出すことがないお笑い芸人が多くランクインしました。

 ハナコの岡部大さんは、早稲田大学でサークル「早稲田大学お笑い工房LUDO」に所属。サークルの宴会幹事を担当していて、1期上の幹事はひょっこりはんだったそう。

 ハリセンボンの箕輪はるかさんは、早稲田大学第二文学部を卒業しています。第二文学部は夜間で、箕輪はるかさんは大学生時代、奨学金と自分で稼いだアルバイト代のみで学費などを賄ったとのこと。そのため友達を作って遊ぶ時間もあまりなかったようで、「孤独に過ごした大学の4年間があまりに苦しくて、そこから脱したいという気持ちでNSCに入った」と語っています。

 gooランキングでは、56位までの全ランキングを公開しています。


<実は早稲田出身と知って意外だった有名人ランキング TOP10>

1位:中丸雄一(KAT-TUN)

2位:ひょっこりはん

3位:羽生結弦(フィギュアスケート選手)

4位:デーモン閣下(聖飢魔II)

5位:岡部大(ハナコ)

6位:箕輪はるか(ハリセンボン)

7位:若本規夫(声優)

8位:アンゴラ村長(にゃんこスター)

9位:吉永小百合

10位:小島よしお

10位:竹内まなぶ(カミナリ)※中途退学

[工藤ひろえ]