エンタメ

リア恋が加速しちゃう若手ジャニーズランキング! 2位は神宮寺勇太、3位は橋本良亮。1位は、舞台での完璧王子様と天然発言のギャップで想像が広がるあのアイドル!

[2021/9/24 10:57]

 リアルに恋をしてしまうという意味で使われる「リア恋」。漫画やアニメ、ドラマなどの登場人物など作中の人物をはじめ、実在してはいても簡単には手の届かないアイドルも「リア恋」の対象となります。

 何気ない言葉にキュンとしたり、彼との甘い日常を想像したり…そんな経験をしたことがある人もいるのではないでしょうか。

 NTTレゾナントが運営するランキングサイト「gooランキング」では、リア恋が加速しちゃうと思う若手ジャニーズタレントが誰なのかについて調査を実施。8,969票が寄せられたアンケート結果をもとに、ランキングを発表しました。



1位は、「平野紫耀(King & Prince)」!

Amazonより

 King & Princeの平野紫耀さんが、圧倒的得票数で1位にランクインしました。

 グループではセンターを務め、ダンスに歌にとかっこいいパフォーマンスで多くのファンを魅了しています。

 一方で、天然キャラとしても知られ、バラエティーでは天然発言を連発して笑いを振りまく存在。そのギャップに心を奪われた人も多いのではないでしょうか。

 これまで数々の雑誌で表紙を飾ってきましたが、その都度違った表情をみせ、最近では大人の魅力も感じられます。まだ24歳の平野さん、これから年齢を重ねるごとにどんな表情を見せてくれるのか、ファンならずとも目が離せませんね。

2位は、「神宮寺勇太(King & Prince)」!

Amazonより

 “国民的彼氏”の異名を持つKing & Princeの神宮寺勇太さん。

 雑誌のファン投票では、ジャニーズJr.時代から「恋人にしたいJr.」部門で常に上位にランクイン。小学2年生の頃から空手を習っていた神宮寺勇太さんは、フィジカルはもちろん、メンタルも硬派なタイプのようで、女性からアプローチを受けるより自分から追いかけるタイプなのだとか。車、バイク、ヴィンテージジーンズなどの古着、時計、ギター、植物など多趣味なところも“妄想デート”がはかどりそうです。

 何気ないエピソードの端々に包容力がにじみ、そんなところにキュンとしてしまう人が多いが神宮寺勇太さんが2位となりました。

3位は、「橋本良亮(A.B.C-Z)」!

Amazonより

 今年7月期放送の連続ドラマ「痴情の接吻」(ABCテレビ・テレビ朝日系)で単独初主演を務めるA.B.C-Zの橋本良亮さん。ドラマは今週末、いよいよ最終回を迎えます。

 ドラマで橋本良亮さんは、かっちりとしたハイスペック男子・上条忍を演じています。刺激的なラブシーンも多く、胸キュンどころかリアルに恋をしてしまう人も少なくないのではないでしょうか。

 これまでラブストーリーに出演するイメージが少なかったところに、眼鏡男子好きな女子の理想を凝縮したような上条忍役になりきった橋本良亮さんにドはまりしてしまう人が多数。オトナ男子の橋本良亮さんが堪能できるドラマは必見です。

TOP10はこちら!

 TOP10には、夢で逢えたらそれだけでその日はいいことありそう!と思うような素敵ジャニーズが並びました。

 イケメンなのはもちろんですが、お茶目で親しみやすいと思わせるところがあるのも、リア恋が加速する重要な要素のひとつ。

 4位のジェシーさんは今年、秋元康氏が企画・原作・脚本を手掛けた舞台「スタンディングオベーション」に出演。「ジョージ二世」という舞台に殺人犯が紛れ込んだことで起こるドタバタを描くという内容で、75歳のジョージ二世を演じる俳優という難しい役どころに挑戦し、劇中で華麗なダンスも披露。ふだんのお茶目で親しみやすい雰囲気のジェシーさんと、舞台のジェシーさんのギャップでファンを魅了しました。

 gooランキングでは、33位までの全ランキングを公開しています。


<リア恋が加速しちゃう若手ジャニーズランキング TOP10>

1位:平野紫耀(King & Prince)
   1997年1月29日

2位:神宮寺勇太(King & Prince)
   1997年10月30日

3位:橋本良亮(A.B.C-Z)
   1993年7月15日

4位:ジェシー(SixTONES)
   1996年6月11日

5位:岡本圭人
   1993年4月1日

6位:中島健人(Sexy Zone)
   1994年3月13日

7位:中山優馬
   1994年1月13日

8位:松村北斗(SixTONES)
   1995年6月18日

9位:岸優太(King & Prince)
   1995年9月29日

10位:菊池風磨(Sexy Zone)
   1995年3月7日

[工藤ひろえ]