エンタメ

実はピアノがうまいと知って驚く男性有名人ランキング! 2位はビートたけし、3位は王貞治。1位は「四ヶ国語麻雀」など独自のネタで大ブレイクした“お笑いBIG3”のひとり!

[2021/10/7 12:56]

 有名人の中には、メディアで見かける際の印象からは想像も付かないような特技を持っている人がいますが、実はピアノを得意とする人が意外なほど多いのをご存じでしょうか。

 そこで今回は、実はピアノがうまいと知って驚く男性有名人が誰なのかについて調査を実施。20~40代男女500名の複数回答をもとに、ランキングを発表しました。



1位は、「タモリ」!

 タモリさんは、1945年8月22日福岡県生まれの現在76歳。

 ボウリング場支配人などの職業を経て、1975年に上京。漫画家の赤塚不二夫さんたちがタモリさんの芸を面白がり、東京に連れてきて居候させたエピソードは有名です。

 上京後にタモリさんがテレビで「四ヶ国語麻雀」「中洲産業大学教授」「イグアナのモノマネ」などのネタを披露すると、それまでにまったく見たことのないタイプの斬新なネタはテレビ視聴者にもバカ受け。

 あっという間にテレビでひっぱりだこになったタモリさんは、1982年~2014年まで放送された冠番組「森田一義アワー 笑っていいとも!」(フジテレビ系)でお昼の顔に。

 「笑っていいとも!」終了後も、「ブラタモリ」(NHK総合)や「タモリ倶楽部」(テレビ朝日系)などで活躍、ビートたけしさん・明石家さんまさんと並んで「お笑いBIG3」と言われています。

 そんなタモリさんは、過去に「努力なしでチック・コリア風ピアノ演奏の技法」などのネタも披露しています。ネタでありながら、たしかにチック・コリア風と感じさせる演奏で、タモリさんの耳の良さと音楽センスが感じられます。

 チック・コリア風以外にも、「黒鍵だけをひいて誰でもバロック風」という持ちネタも。また、テレビで披露してほしいところです。


2位は、「ビートたけし」!

Amazonより

 ビートたけしさんは、1947年1月18日東京都生まれの現在74歳。

 東京・浅草でコメディアンとして修行中に、同じく修行中の身だったビートきよしさんとお笑いコンビ「ツービート」を結成。「赤信号、みんなで渡ればこわくない」など風刺を込めた斬新なお笑いを生み出し、漫才ブームを巻き起こしました。

 その後も「オレたちひょうきん族」など大ヒットしたお笑い番組をはじめとしたバラエティで長年にわたって活躍。1989年には「その男、凶暴につき」で映画監督デビュー。人気芸人の道楽というふうに見る人も少なくなかったのですが、1997年の「HANA-BI」でベネチア国際映画祭の最高賞である金獅子賞を受賞。現在では、日本を代表する映画監督としても知られています。

 そんなビートたけしさんは、2018年に週刊誌の連載で、70歳を過ぎて真剣にピアノを習い始めたことを明かしています。当時は「まだバイエルくらい」と語っていますが、「5年後にショパンを弾けるようになるか、それともオイラが先に死んじまうか(笑)」とのこと。どの曲かわかりませんが、ショパンをひとつの目標としていたようです。

 年齢など気にせずやりたいと思ったことをやるのがたけしさんらしいところ。数年後には、テレビなどでショパンを披露してくれるかもしれませんね。

3位は、「王貞治」!

Amazonより

 プロ野球界のレジェンドであり、人格者として知られる王貞治さん。1959年に読売ジャイアンツへ入団し、一本足打法を完成させた1962年からホームランを量産。長嶋茂雄と共に「ON砲」としてチームの9連覇に貢献しました。

 1980年に選手を引退した後は、読売ジャイアンツと福岡ダイエーホークス(現・福岡ソフトバンクホークス)の監督を務め、リーグ優勝や日本一に導きました。現在は福岡ソフトバンクホークス取締役会長を務めています。

 そんな王貞治さんは、現役時代に独学でピアノを習得。バッターボックスに立つ前の精神統一にはピアノを
弾くのが一番いいと著書などで語っています。曲は「エリーゼのために」や「乙女の祈り」など、美しい旋律の曲がお好みのようです。


TOP10はこちら!

 ピアノを弾けると聞いて驚いた人という切り口のため、TOP10にはお笑い芸人が多くランクインしました。

 5位の今田耕司さんは、自らの公式YouTubeチャンネル「今ちゃんねる。」でピアノを演奏しています。

 今田さんは2020年に「おうちで深イイ話 緊急企画・超有名人のお宝密着映像クイズSP」(日本テレビ系)にリモート出演し、ビートたけしさんにもらったグランドピアノを披露。今田さんがピアノを始めたことを知ったたけしさんが、ピアノを新調するのでこれまで使っていたピアノを「要る?」と声をかけられたそう。

 たけしさんからもらったピアノの鑑定価格は1,000万円超だったそうで、きっぷのいいたけしさんならではの大物エピソードで視聴者を驚かせていました。

 gooランキングでは、49位までの全ランキングを公開しています。


<実はピアノがうまいと知って驚く男性有名人ランキング TOP10>

1位:タモリ

2位:ビートたけし

3位:王貞治

4位:えなりかずき

5位:今田耕司

6位:内村光良(ウッチャンナンチャン)

7位:佐藤健

8位:月亭方正(落語家)

9位:高橋一生

10位:内海崇(ミルクボーイ)

[工藤ひろえ]