エンタメ

演技力が高すぎるお笑いタレントランキング! 2位はドランクドラゴン・塚地、3位は東京03・角田。1位は、人気お笑いトリオのメンバーで、主演連ドラも複数ある芸人!

[2021/10/20 12:27]

 テレビ番組やライブで私たちを楽しませてくれるお笑いタレント。漫才もコントも演技力が必要ですが、とくに台本中の人物になりきって演じるコントでは、演技力のあるなしがコントの出来を左右します。

 このため、コントをメインとする芸人はもともと演技達者が多く、ドラマや映画に起用されると、役者顔負けの演技を見せてくれることが少なくありません。中には役者として評価された結果、役者のほうが本業のようになる芸人も。

 NTTレゾナントが運営するランキングサイト「gooランキング」では、演技力が高すぎると思うお笑いタレントは誰なのかについて調査を実施。1,195票が寄せられたアンケート結果をもとに、ランキングを発表しました。



1位は、「原田泰造」!

 俳優として活躍する多くの芸人がいる中で、1位に輝いたのはお笑いトリオ「ネプチューン」の原田泰造さんでした。
 原田泰造さんは、1970年3月24日生まれ。1993年に名倉潤さん、堀内健さんとお笑いトリオ「ネプチューン」を結成し、1995年に「タモリのSuperボキャブラ天国」(フジテレビ系)に出演してブレイクを果たします。

 人気芸人となった1995年、TBS愛の劇場「ママに宿題」に出演。1998年にはネプチューン初主演映画「どつきどつかれ」で主人公リイチ役を演じました。

 2000年に「編集王」(フジテレビ系列)でテレビドラマで単独初主演を務め、その後は数々のドラマ・映画に出演。

 2021年は、NHK総合の群像ドラマ「六畳間のピアノマン」で第3話の主演を務めたほか、映画「夏への扉 -キミのいる未来へ-」「キネマの神様」に出演。ネプチューンの冠番組で活躍するかたわら、俳優としても活躍を続けています。


2位は、「塚地武雅」!

 お笑いコンビ「ドランクドラゴン」の塚地武雅さんは、1971年11月25日生まれ。あまり大阪弁のイメージがないのですが、大阪府出身です。

 1996年に鈴木拓さんとお笑いコンビ「ドランクドラゴン」を結成し、お笑い番組「はねるのトびら」(フジテレビ系)のレギュラーに抜てきされたことでブレイク。

 2003年に「いつもふたりで」(フジテレビ系)で俳優として連続ドラマデビューを飾りました。「間宮兄弟」「ハンサム★スーツ」など主演映画も少なくありません。

 俳優として毎年連ドラや映画に出演し、現在では俳優業がメインという印象ですが、NHK総合の「LIFE!」などのバラエティ番組や、NHK Eテレの「NHK俳句」でMCを務めるなど、幅広く活躍しています。

 2021年は、NHK総合の朝ドラ「おちょやん」、テレビ朝日の連ドラ「緊急取調室」、テレビ東京の連ドラ「スナック キズツキ」に出演。映画も「樹海村」「梅切らぬバカ」の2本に出演するなど俳優として引っ張りだこの活躍を続けています。


3位は、「角田晃広」!

 単独ライブチケットは秒で売り切れるほど人気の芸人トリオ「東京03」メンバーである角田晃広さんは、1973年12月13日東京都生まれ。

 2003年に、飯塚悟志さん・豊本明長さんのお笑いコンビ「アルファルファ」に加入する形で、お笑いトリオ「東京03」を結成。

 2005年から「爆笑オンエアバトル」(NHK)や「エンタの神様」(日本テレビ系)などのお笑い番組で活躍。2009年にはコント日本一を決める「キングオブコント」で優勝を果たします。この年の準優勝は「サンドウィッチマン」で、レベルの高い戦いだったことが伺えます。

 2011年からドラマの客演などで俳優としても活躍。大ヒットドラマ「半沢直樹(2020年版)」(TBS系)に出演したことで俳優としてもブレイク。

 2021年は松たか子さん主演「大豆田とわ子と三人の元夫」(フジテレビ系)で元夫のひとりを演じたほか、映画「FUNNY BUNNY」にも出演。CMも複数出演しているほか、バラエティ番組へも多数出演するなど大活躍しています。


TOP10はこちら!

 TOP10には、ドラマなどでおなじみの俳優となった芸人さんが並びました。

 6位の片桐仁さんは、1996年に多摩美術大学の同級生だった小林賢太郎さんとお笑いコントユニット「ラーメンズ」を結成。1999年、NHKの「爆笑オンエアバトル」でブレイク後、俳優としても活躍。朝ドラ「ゲゲゲの女房」「エール」をはじめ、「99.9-刑事専門弁護士-」(TBS系)など人気ドラマに多数出演しています。ラーメンズとしては、2020年に相方の小林賢太郎さんが劇作家・演出家の裏方に専念し表に出る芸人としては引退を表明したことから現在は解散状態となっています。

 8位にランクインした今野浩喜さんは、相方の高橋健一さんとお笑いコンビ「キングオブコメディ」を結成。2010年に「キングオブコント」優勝を果たしたのですが、2015年に高橋さんが窃盗および建造物侵入の容疑で逮捕されたことで事務所から契約解除され、コンビは解散。すでに多くのドラマや映画に出演して俳優として活躍していた、今野浩喜さんは以後俳優としての活動に専念。ドラマや映画、舞台で活躍を続けています。

 gooランキングでは、57位までの全ランキングを公開しています。


<演技力が高すぎるお笑いタレントランキング TOP10>

1位:原田泰造(ネプチューン)

2位:塚地武雅(ドランクドラゴン)

3位:角田晃広(東京03)

4位:児嶋一哉(アンジャッシュ)

5位:板尾創路(130R)

6位:片桐仁

7位:じろう(シソンヌ)

8位:今野浩喜

9位:飯尾和樹(ずん)

10位:友近

[工藤ひろえ]