フード

結局一番うまい、定番カップ麺ランキング! 2位は「シーフードヌードル」3位は「日清焼そばU.F.O.」。1位は定番中の定番、元祖カップ麺のあの商品!

[2022/1/18 12:25]

 お湯を注ぐだけで、手軽に食べられるカップ麺。スーパーやコンビニには、多種多様なカップ麺が並んでいます。

 季節感を取り入れた期間限定商品や行列のできる名店が監修した商品まで種類が多すぎて迷ったあげく、結局いつもの定番商品を手に取ってしまう人も多いのではないでしょうか。

 NTTレゾナントが運営するランキングサイト「gooランキング」では、「結局一番うまい!」と思う定番カップ麺について調査を実施。1,124票が寄せられたアンケート結果をもとに、ランキングを発表しました。



1位は、「カップヌードル」!

 1971年に発売され、50年以上の歴史を持つ世界初のカップ麺「カップヌードル」。しょうゆベースのオリジナルスープに、「謎肉」の愛称で知られる「味付豚ミンチ」、エビなどの具材が入った、元祖にして定番のカップ麺です。

 カップヌードルブランドでトップの売り上げを誇る本商品。具材の一部変更や増量は行われてきましたが、発売から現在まで基本的な味わいは変えていないのだとか。定番の味が、いかに長く愛されているのかがわかります。
 定番中の定番として元祖の貫禄を見せつけた「カップヌードル」が、多くの人から支持を得て1位に輝きました。


2位は、「カップヌードル シーフードヌードル」!

 1984年に発売された「カップヌードル シーフードヌードル」。カップヌードルブランドの中でも特に高い売り上げを誇る商品で、ポークとシーフードのうま味が溶け込んだ、コクのある白濁スープを特徴としています。

 35年以上にわたって幅広い世代から支持されている本商品。2020年にはこれまで具材として使用されてきたイカに加えて、イカのような味わいと食感のかまぼこ具材「ほぼイカ」が追加され、海鮮のうま味がアップしているとのこと。

 新具材の追加でますますおいしさに磨きがかかった「カップヌードル シーフードヌードル」が、2位となりました。


3位は、「日清焼そばU.F.O.」!

 2021年に発売から45周年を迎えた「日清焼そばU.F.O.」。うまいソース(うまい=U)、太い麺(ふとい=F)、大きいキャベツ(おおきい=O)に由来する商品名の通り、やみつきになるソースに食べ応えのある麺、具材が特徴のカップ焼そばです。

 最大のポイントでもある「濃い濃い濃厚ソース」は、ガーリック・オニオンベースのオイルと18種類のスパイス、7種類のフルーツからなる複数のソースを煮詰めたもので、多くのファンが選ぶ理由はこのソースの味にあるようです。

 ソース好きなカップ麺ファンの心をがっちりとつかんだ「日清焼そばU.F.O.」が、3位となりました。

TOP10はこちら!

 TOP10のうち、日清食品の商品が6つまでを占め、「カップヌードル」「どん兵衛」「焼そばU.F.O.」などいくつもの有名ブランド商品を展開する元祖カップ麺メーカーの強さを確認する結果となりました。

 そんな中、「ペヤング」「ペヨング」のまるか食品、「一平ちゃん夜店の焼そば」の明星食品など、カップ焼そばに限ってはいくつか人気のブランドが競い合う戦国時代となっているよう。

 東洋水産の「やきそば弁当」は北海道限定販売となっていますが、ネット販売などでも人気。中華スープが付いているのも特長で、11位にランクインしています。

 gooランキングでは、65位までの全ランキングを公開しています。


<結局一番うまい!定番カップ麺ランキング TOP10>

1位:カップヌードル
   日清食品株式会社

2位:カップヌードル シーフードヌードル
   日清食品株式会社

3位:日清焼そばU.F.O.
   日清食品株式会社

4位:日清のどん兵衛 きつねうどん
   日清食品株式会社

5位:カップヌードル カレー
   日清食品株式会社

6位:ペヤング ソースやきそば
   まるか食品株式会社

7位:赤いきつねうどん
   東洋水産株式会社

8位:カップヌードル チリトマトヌードル
   日清食品株式会社

9位:ペヨング ソースやきそば
   まるか食品株式会社

10位:明星 一平ちゃん夜店の焼そば
   明星食品株式会社

[工藤ひろえ]