エンタメ

実は「きょうだいが多い」と知って驚く有名人ランキング! 2位の小野伸二選手は10人、3位のボビー・オロゴンは34人! 1位は両親の再婚できょうだいが11人いる女優!

[2022/1/21 12:47]

 少子化が問題となって久しい日本。現在では1人っ子が増え、きょうだいが居ても2人きょうだいが多くなっています。3世代同居や、おじ・おばが同居するような大家族も減り、日常で大家族に接することは非常に珍しくなりました。

 とはいえ、調べてみると実は大家族で育った有名人が意外に多く存在します。

 NTTレゾナントが運営するランキングサイト「gooランキング」では、実はきょうだいが多いと知って驚いた有名人は誰なのかについて調査を実施。1,015票が寄せられたアンケート結果をもとに、ランキングを発表しました。



1位は、「北乃きい」!

 北乃きいさんは、1991年3月15日生まれの現在30歳。

 2005年に「ミスマガジン2005」のグランプリを史上最年少(当時)の14歳で受賞。同年に単発ドラマ「恋する日曜日セカンドシリーズ 第16話『夏の記憶』」(BS-i)で初主演を果たします。

 以後女優として活躍を続けていますが、2014年から2016年は日本テレビ朝の帯番組「ZIP!」にレギュラー出演。「ZIP!」出演時は、3時に局入りし、新聞全紙に目を通していたという努力家。今年は、2月から主演ドラマ「おじさんが私の恋を応援しています(脳内)」(TOKYO MX)の放送が予定されています。

 そんな北乃きいさんは、両親が再婚同士で双方に連れ子がいたことで大家族に。2021年1月に29歳10カ月年下の妹が誕生し、11人きょうだいとなったことを同年3月の「行列のできる法律相談所」(日本テレビ系)で語り、世間を驚かせました。

 北乃きいさんは11人きょうだいの長女。現在はInstagramで情報発信している北乃きいさんですが、2018年まで更新されていたブログでは、17歳年下の弟をおんぶした画像など、幼い弟妹の画像もたまに公開されていました。年が離れた弟妹は可愛くて仕方ないようで、ディズニーランドなどに連れて行ったり、おもちゃを買って一緒に遊んであげたりと、きょうだい仲が良い様子がブログから伝わってきます。

2位は、「小野伸二」!

 小野伸二選手は1979年9月27日生まれの42歳。現在は北海道コンサドーレ札幌に所属、ポジションはMFで両足使いです。

 小学生時代から天才少年として地元で有名だった小野伸二選手は、高校卒業時にJリーグの13クラブからオファーを受け、浦和レッズに入団。18歳と272日でワールドカップに日本代表史上最年少で出場しています。

 プロ入り後は持ち味である正確なパスを生かし、Jリーグをはじめ、オランダやドイツ、オーストラリアなど海外のサッカーリーグで活躍。1998年、2002年、2006年のワールドカップに出場、2002年はベスト16に選ばれています。

 そんな小野伸二選手は、上に兄が4人・姉が1人、下に弟が2人、妹が2人の10人きょうだい。母子家庭であまり裕福ではない家庭で育った小野伸二選手は、小学生時代からサッカーの天才と言われながら、当時は日本にサッカーのプロリーグもなく、小さい頃はトラック運転手に憧れていたと語っています。中学時代に母が大きな手術をしたことで、母や家族を幸せにしたいと強く思った小野選手。同じ頃、日本にサッカーのプロリーグであるJリーグができたことで、プロサッカー選手になって稼いで絶対に家族を幸せにしようと決意したそうです。

3位は、「ボビー・オロゴン」!

 ナイジェリア出身のボビー・オロゴンさんは、1973年4月8日生まれの48歳。2007年に日本国籍を取得し、日本名は近田(こんだ)ボビー。埼玉県さいたま市に在住しています。

 ナイジェリアの国立大学を卒業後、貿易会社を経営する父に同行して1995年に初来日。その際、リムジンバスの中に置き忘れた買い付け資金500万円とパスポートが交番に届いていて手元に戻ってきたことで、もともと父から日本の良さを聞かされていたオロゴンさんは、日本は素晴らしい国だと感激したとのこと。

 その後も貿易の仕事で来日、2001年にバラエティ番組「さんまのSUPERからくりTV」(TBS系)で街頭インタビューを受けた際のデタラメ日本語がプロデューサーの目にとまり、その後始まった企画「セインのファニエスト外語学院」に生徒役としてレギュラー出演。コミカルなキャラクターで人気となったオロゴンさんですが、タレント業以外にも、格闘家、映画監督など幅広く活躍しています。

 そんなオロゴンさんは、34人きょうだい。ナイジェリアでは一夫多妻制は法的には認められていないものの、オロゴンさんの父には6人の妻がいて、オロゴンさんは34人きょうだいの3番目だそうです。


TOP10はこちら!

 TOP10には、俳優、スポーツ選手、バラエティタレント、アイドルなど幅広いジャンルの有名人がランクインしました。

 5位の仲間由紀恵さんは、兄3人・姉1人の5人きょうだいの末っ子。仲間由紀恵さんの3つ上の兄は自衛官で、給食・給水の支援および記録を残す広報担当として東日本大震災の際に宮城県に急行。さすが仲間由紀恵さんと同じDNAと誰もが納得の際立ったイケメンだったため、仲間由紀恵さんときょうだいであることがどこからか漏れるとあっという間に噂が広がり、テレビや週刊誌でも報道されました。

 6位のオスマン・サンコンさんが生まれたギニア共和国は一夫多妻制で、母が3人、22人のきょうだいがいます。大家族ですがサンコンさんの父は22人の子どもたち全員にきちんと学校教育を受けさせており、裕福な家庭環境だったことが伺えます。サンコンさんは6カ国語を話すエリートに成長し、1972年にギニア外務省に入省し、同年開設されたギニア共和国の日本大使館館員として来日しました。

 gooランキングでは、62位までの全ランキングを公開しています。


<実は「きょうだいが多い」と知って驚く有名人ランキング TOP10>

1位:北乃きい
   11人

2位:小野伸二(サッカー選手)
   10人

3位:ボビー・オロゴン
   34人

4位:吉沢亮
   4人

5位:仲間由紀恵
   5人

6位:オスマン・サンコン
   22人

7位:高橋一生
   5人

8位:中森明菜
   6人

9位:梅沢富美男
   8人

10位:八乙女光(Hey! Say! JUMP)
   4人

[工藤ひろえ]