エンタメ

演技力が高いと思う30代女優ランキング! 2位は新垣結衣、3位は長澤まさみ。1位はドラマ「金田一少年の事件簿」でデビュー、アクションも得意な国民的女優!

[2022/4/15 12:42]

 ドラマや映画、舞台などで中心となって活躍する30代の女優。若手女優のフレッシュな演技も良いですが、経験を重ね、円熟味を増した30代ならではの存在感ある演技は、物語にどんどん引き込んでいくような魅力があります。

 NTTレゾナントが運営するランキングサイト「gooランキング」では、演技力が高いと思う30代女優は誰なのかについて調査を実施。20~40代男女500名の複数回答をもとに、ランキングを発表しました。



1位は、「綾瀬はるか」!

Wikipediaより

 綾瀬はるかさんは、1985年3月24日生まれの現在37歳。

 2000年に開催された「第25回 ホリプロタレントスカウトキャラバン」で審査員特別賞を受賞して芸能界入りし、2002年より女優としての活動を本格的に開始。

 2013年の大河ドラマ「八重の桜」(NHK)に主演したのをはじめ、連続ドラマ「ホタルノヒカリ」(日本テレビ系)、「JIN-仁-」シリーズ(TBS系)、「きょうは会社休みます。」(日本テレビ系)、「義母と娘のブルース」(TBS系)など、ブームを巻き起こしたヒット作に多数出演。

 NHKの大河ファンタジー「精霊の守り人」や連続ドラマ「奥様は、取り扱い注意」(日本テレビ系)では本格アクションも披露するなど運動神経が抜群なのも、綾瀬はるかさんが一般の女優と違うところ。

 コメディーからアクションまで幅広い作品で活躍し、主演作の多くが高視聴率を獲得。主演級女優でも1、2を争うトップ女優である綾瀬はるかさんが1位となりました。2022年4月現在は主演ドラマ「元彼の遺言状」(フジテレビ系)が放送中です。


2位は、「新垣結衣」!

 新垣結衣さんは、1988年6月11日生まれの現在33歳。

 2001年にモデルとして芸能界入りし、2005年から女優活動を開始。2005年の「ドラゴン桜」(TBS)をはじめ、「コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-」(フジテレビ系)、「リーガル・ハイ」(フジテレビ系)などシリーズ化されたヒットドラマでヒロイン役を多く演じてきました。

 2016年には主演ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」(TBS系)が社会的なブームとなる大ヒット。“ともかくガッキーが可愛いドラマ”と言われ、国民的ヒロインとなりました。

 2022年4月現在は大河ドラマ「鎌倉殿の13人」(NHK)に出演中。源頼朝が伊豆国へと流された時に預けられた伊東祐親の娘・八重姫を演じています。源頼朝は北条政子に乗り換えたことで捨てられた過去の女という難しい役どころですが、新垣結衣さんは悲運ながらも気丈な姫を好演。可愛いというイメージを打破する、逆境でも理性的な女性を演じています。

 第14回では初めて八重姫の愛くるしい笑顔が見られ、ネットでは「やっぱりガッキーの笑顔最高」との声が上がりました。

3位は、「長澤まさみ」!

 長澤まさみさんは、1987年6月3日生まれの34歳。

 12歳だった2000年1月に「第5回 東宝シンデレラオーディション」のグランプリを受賞して芸能界入り。同年に映画「クロスファイア」で女優デビューを果たしました。日本人離れした長い脚で12歳とは思えないプロポーションにかわいい童顔という完璧美少女で、デビューから大きな注目を集めました。

 その後も、2003年の「ロボコン」で映画初主演したのをはじめ、数え切れないほど多くの映画・ドラマに主役やヒロイン役で出演。映画「モテキ」ではそれまでの清純派の殻を破る演技で注目されました。

 NHK大河ドラマでは「功名が辻」「天地人」「真田丸」(NHK)で主要な役を務め、2018年の主演ドラマ「コンフィデンスマンJP」(フジテレビ系)は大ヒット作となりシリーズ化されるなど、時代劇からコメディまで幅広く演じられる演技派女優として高く評価されています。

 2020年には映画「MOTHER マザー」で日本アカデミー賞の最優秀主演女優賞を受賞。人気・実力ともにトップ女優となっています。

TOP10はこちら!

 gooランキングでは、61位までの全ランキングを公開しています。


<演技力が高いと思う30代女優ランキング TOP10>

1位:綾瀬はるか
   1985年3月24日

2位:新垣結衣
   1988年6月11日

3位:長澤まさみ
   1987年6月3日

4位:戸田恵梨香
   1988年8月17日

5位:石原さとみ
   1986年12月24日

6位:吉高由里子
   1988年7月22日

7位:北川景子
   1986年8月22日

8位:高畑充希
   1991年12月14日

9位:多部未華子
   1989年1月25日

10位:宮崎あおい
   1985年11月30日

[工藤ひろえ]