エンタメ

出版社って、どこが一番売上大きいの?~オリコンが2015年の書籍市場 出版社別売上を発表。講談社が3年連続1位

[2016/1/25 16:48]

 オリコンは、「オリコン 2015年 書籍 年間マーケットレポート」を発表。書籍市場の出版社別シェアでは、講談社が売上額3年連続首位に輝きました。

 2015年の書籍市場では、売上を伸ばす出版社が多かった2014年から一転して各社とも売上を落とす傾向に。出版社別1位は講談社で、売上額954.6億円。前年比では93.7%と売上額は落ちたものの、首位を守りました。

 発表したオリコンでは、講談社はコミックの『七つの大罪』や『進撃の巨人』、重松清氏の文庫『流星ワゴン』、第153回直木賞を受賞した東山彰良氏の単行本『流』など、まんべんない展開によって総合的な強さを見せたと分析しています。

 2位は集英社で、売上額902.9億円。2014年から売上を落とした出版社が多い中で、主力のコミックやBOOK(総合)部門の売上を伸ばし、前年比102%のプラス成長。2013年以来の2位に返り咲きました。

 集英社と入れ替わる形で、今回2位から3位となったKADOKAWAは、売上額807.3億円。前年比93.0%となっていますが、BOOK(総合)・文庫の両部門ではいずれも売上げトップとなっています。

 2015年で話題になった書籍といえば又吉直樹氏の『火花』ですが、文藝春秋は『火花』効果で売上額177.8億円、前年比142.1%でランキング8位に躍進しました。

 ちょっと意外なところでは、ゲーム会社のイメージが強いスクウェア・エニックスが162.9億円で9位にランクインしています。

[工藤ひろえ]