ライフ

わずか8カ月で閉店! 世界有数の古書店街の「ドン・キホーテ神保町靖国通り店」が10月13日に完全閉店~「店舗より間接部門拠点やリースとして活用した方が最適と判断」

[2017/9/13 16:59]

 ドン・キホーテが、古書店とスポーツ用品店が立ち並ぶ千代田区神田小川町に2017年2月17日(金)午前10時にオープンした「ドン・キホーテ神保町靖国通り店」(東京都千代田区神田小川町3-3)を、10月13日(金)20時に完全閉店すると発表しました。

ドン・キホーテ神保町靖国通り店

 「神保町駅」A7出口から徒歩7分、元「Victoria Golf 神田店」だった場所にオープンし。“学生街”としての一面や、交通の利便性の高さから“ビジネス街”としての一面もあることから、店内は世界有数の古書店街である地域色に合わせ、本をモチーフとした内装となっています。

 鉄骨造 地上8階建て(営業施設は1階~6階部分)、売場面積は999平方メートルで、24時間営業。駐車場、駐輪場はありません。近くにドン・キホーテが複数店舗あり、ワンフロアが狭く使いづらい面もあり厳しい面があったのかもしれませんが、24時間営業で取扱品目も多いので、閉店してしまうと近くに通学や通勤、居住されている方は不便になります。

 今回の閉店理由について問い合わせたところ、「当社グループの所有物件ですので、ロケーションなどを勘案し、店舗としてよりも間接部門の拠点としてや、テナントへのリースとして活用した方が、当社グループ全体としては最適と判断したため」(ドンキホーテホールディングス コーポレートコミュニケーション本部広報室)との回答でした。

[古川 敦]