フード

スイーツコンシェルジュの99%が美味しいと評価! 台湾を感じるアイス「スーパーカップSweet's マンゴー杏仁」が本日10日(月)発売~アイスマン福留も「神フレーバーキターー!」

[2019/6/10 12:43]

 明治が、カップアイス「明治 エッセルスーパーカップ Sweet's」シリーズに、台湾を感じるフレーバー「明治 エッセル スーパーカップSweet's マンゴー杏仁」を、2019年6月10日(月)に発売します。内容量は172mlで、メーカー希望小売価格は220円(税込238円)。

 昨今の日本では台湾スイーツが流行し、タピオカミルクティーなどの様々なスイーツやアイスが日本へ上陸しています。そんな中、「Sweet’sシリーズ」では台湾では定番のマンゴー味と杏仁豆腐味をアイスでスイーツを表現した「マンゴー杏仁」をこの夏ぴったりな爽快感のある味わいで、シリーズ初となる夏期発売商品として販売されます。同社では「コンビニやスーパーなどで気軽に台湾を感じられる商品として楽しんでいただける」としています。

 マンゴー味と杏仁豆腐風味のアイスでパッションフルーツソースを挟み込み、天面にマンゴー果肉入りソースが敷き詰められています。上層のアイスは、杏仁豆腐の味わいをつけたアイス、下層のアイスは、マンゴー果汁を10%配合した適度な酸味のマンゴー味のアイスに仕上げられています。天面のマンゴーソースは、マンゴー果肉とマンゴーピューレを使用し、完熟マンゴーのような濃厚な味わいと適度な酸味の爽快感を出したとのこと。

 さらに、夏らしさを体感できるように食感もこだわり、今までのSweet'sブランドにはなかった新しい食感を採用。中間層のパッションフルーツソースには、かき氷のようなシャリシャリとした食感が追加されています。

 無脂乳固形分5.0%、植物性脂肪分6.5%、卵黄脂肪分0.1%。エネルギーは243kcal。原材料はマンゴーソース、乳製品、パッションフルーツソース、砂糖、植物油脂、マンゴー果汁、水あめ、卵黄/安定剤(増粘多糖類、加工デンプン、セルロース)、酸味料、乳化剤、乳酸Ca、香料、着色料(クチナシ、カロチノイド、フラボノイド)、(一部に卵・乳成分を含む)。

 今回、日本スイーツ協会が認定するスイーツのスペシャリスト「スイーツコンシェルジュ」100名を対象に、新商品を試食して、その場で商品の評価などするアンケートが実施され、その100名の内「美味しいと思った」と回答した方は99%。また、「本格的な台湾スイーツだと思う」と回答した方は86%、「この夏にぴったりなアイスだと思う」と回答した方は98%という結果になったとのこと。

 また、発売に先立ち、6月3日(月)に実施された新商品試食会には、台湾スイーツや食文化に精通する台湾旅ライター田中伶さんと、年間1,000個のアイスを食べるコンビニアイス評論家アイスマン福留さんが登場しました。

 日本における台湾スイーツブームについて、田中さんは「台湾のスイーツは、原料が今回のようなマンゴーなどのフルーツだったり大豆、ナッツなど体の良いものが多いので毎日でもあまり罪悪感なく食べられるのが、女性受けするポイントなのかなと思います」と解説。

 今回の新フレーバー「マンゴー杏仁」については、「厳密にいうと、マンゴー杏仁というものはあまりなく、マンゴーと杏仁はそれぞれ台湾の名物なのですが、それが掛け合わされた時どういう味わいになるのかとても楽しみです」と田中さん。

 福留さんは「明治 エッセル スーパーカップは、カップアイスの常識を覆してきた大容量ながら飽きずに食べられることが特長のブランド。しかも明治の杏仁豆腐フレーバーのアイスは(過去に販売していた明治 エッセル スーパーカップ杏仁豆腐味)はマジでうまい、マニア界隈でもずっと話題だった。それが層状構造が特徴のSweet’sシリーズで発売される今回の商品は絶対うまい、500mlでも食べられちゃうはず」と期待を語りました。

 実際に試食すると田中さんは、蓋を開いた瞬間に「いい香り…カップを開けたときにふわっと香るところが台湾感を感じます」と、ひとくち食べるとすぐに表情が美味しいで溢れ、司会からコメントを求められるも、「もうちょっと食べたい…」と、かなり気にいった様子。「ご褒美アイスにぴったり。台湾旅行に行けないときにはこのアイスをご褒美に食べる」と語りました。

 福留さんは田中さんがコメントしている間も全く手を止めず、「やばいです!パッションフルーツのシャリシャリ感がすごく楽しめて、酸味もアクセントになっている。アイスの滑らかさ、マンゴーソースのトロトロ感、パッションフルーツソースのシャリシャリ感と食感すらも層になっている…やばいです…」と大絶賛しました。

 また、福留さんオススメのコンビニアイスの美味しい食べ方は「家庭用冷凍庫の温度がマイナス18度前後なので、5~10分置いてから食べるとより美味しく食べられます。特に今回のようなフルーツソースを使った商品の場合、トロッとした触感が楽しめたり、各素材がなじんでより美味しくなるので、ぜひ自分の食べごろの時間を意識して食べていただきたい」と解説しました。

[古川 敦]